ひさびさの100mジャストライン

4 分で読めます。 投稿から 1か月。最終更新から 1か月経過。
この記事の作成に約 53 分かかりました。
スポンサーリンク

100mジャストのロングライン

お盆に洪水被害から復旧して使えるようになった公園。でも草ぼうぼうだたので、うーむ。と、唸っていたところ広場だけ草刈りが行われていました。

さっそく短い時間ですがラインを張ってみる。いつもの101mに張ろうとしたけども、枝が下がってきて使えなくなっていたので久々に100m区間をチョイス。
以前張っていた108と110m区間も杉の枝がだいぶ下がって使えなくなってしまっていた。

こんな感じでいろいろ張れる広場

どうぐはこちら

  • スラックエフアールムーンウォーク150m
  • エーデルワイス ユニコア10.5mm 30m
  • スラックプロラインロッカー*2 スペーサー
  • ランドクルージング ラウンドスリング2m 3m
  • スラックプロスローリリースシステム ラインバックル+ロッカー+デルタクィックリンク*2
  • ラウンドスリング用クィックリンクオーバル12mm
  • シャックル+LACDダブルプーリー*2+ツイストクィックリンク8mm+コング小プーリー
  • 10mmストレートシャックル+ペツルプロトラクション
  • ペツルベーシック、ペツルレスキューセンダー、スカイロテックシングルプーリー*2、ハンドアッセンダー

リギングプレートを使わないメイン6:1のサブ5:1の30倍力システムになります。リギングプレートを使わなので部品点数も少なくシンプルで軽量。ロープも30mしか使いません。だた、短いロープで張るには少し工夫が要ります。引き始めはブレーキやプーリーからロープを抜いて4:1相当のスペースで引き始めます。これによりテンショニング区間を普通にやれば5mなのに7.5mほど確保できるのです。

プーリーの効率計算を行うと、メイン部分で4.45 :1の74%、サブで4.13 :1の82.60%となり、全体では18.38 :1の61.27%となる。このシステムで10kNのラインを張るには0.54kNで引けばいい。

Slackline Pulley System Calculater
You can calculate the mechanical advantage of the pulley system by considering friction.

歩けたー

久々だったので歩けるかな?と若干不安でしたが、一度歩行成功した後は、少しは足取りも軽くなりました。でも余裕がなく、きつーって感じはあった。
ドローンで自撮りしたりと忙しい。帰りの時間も気になってしまい、バタバタ。のーんびりロングラインに乗りたいけど、なかなか実現しない。せめて丸一日時間があればなぁ。

そして上の道路が工事がもうすぐ始まる。んで、あほなことに竹藪が撤去されるらしい。竹藪が堤防を強化してるし、越水しても水流を弱めてくれるのに本気か????やめてほしい。

この左側がきれいさっぱりになるそうで・・・

クスノキと藪で暗いけどとても良い感じを出していた道路なのに。片側がきれいさっぱりになるらしい。明らかに治水上は逆効果じゃないのか。それとも特殊な処理で堤防を強化してくれるの?江戸時代に苦労して作られた堤防だよ。。。

ドローンの収納

DJIマビックミニはいいですね。やっぱり。

野鳥の会の防水ショルダーバックに入れて持ち歩いてます。



おわり

釣りも行きたいし、ツリークライミングもしたいし、ドローンも飛ばしたいし。忙しい。キャンプも温泉も行きたい。山にも登りたい。

最近は日本淡水魚にハマり、釣りも楽しんでる。

参考エントリー

ロングラインでのプーリーシステム定番レイアウトの紹介
30m以上のラインを張る場合は、プーリーシステムが大活躍します。 お金はある。やる気もある。でも、なんか難しいそうという人も多いかもしれませんが、定番の決まりきったレイア...
リギングマスターへの道、マルチプライヤー(倍力)レイアウト一覧。
どうでもいい無駄知識かもしれませんが、バールベックの巨石さえ動かせるはずの技術です。 プーリーを使ってラインを張るときにはこれらのレイアウトが必要不可欠。 物量を駆...
セルフジャミングプーリーをブレーキとして使い、ソフトリリース、ロープはなるべく節約
セルフジャミングプーリーとは?セルフジャミングとは自分で邪魔をするという意味。詰まらせて一方にしかロープが動かないようにしてしまうプーリーがセルフジャミングプーリーです。トラ...
ロング・ハイ用品 ロングライン ライン乗った・乗るよ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方