ロングラインをプーリーで張る。近所のいつもの公園で。道具リストも。

この記事は約 2 分で読めます。 投稿から 2か月。最終更新から 17時間経過。
作成に約 28 分かかりました。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年からスラックライン乗ってます。国内旅程管理主任者、日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ登山Ⅲ山岳Ⅰ)、NACS-J自然観察指導員。アウトドア好きでキャンプ、星、植物、お魚好き。
このブログはAmazon他のサービスを通じて収入を得ています。

歩き方をフォローする

近所の河川公園へ

午後から近所の公園へ。

最初は山の方へヒキガエルを探しに行こうと思ったけど、次男君の全力拒否で一人でスラックラインへ。

これが道具。プーリーシステムは25倍力だけど、56mは15倍で張れる。ブレーキがプーリーなのでとても早い。リリースはレバーやソフトリリースじゃないから多少は手間だけど、この長さならさほど問題はない。

ラインはこんな感じ

56mライン

クスノキ林は常緑。

それでも他に葉が落ちるので2月は公園がすっきり。

ドーローンで撮る。

ドローンは空飛ぶ三脚。勝手に撮ってくれる。

何度歩いてもロングラインは難しい。でも気持ちよく歩ける瞬間が来る。問題なのはその瞬間が来る頃に結構つかれていること。

ラインが高いとそれだけでつかれる。乗るのが大変だからね。

だいぶ前に買ったけど、使っていなかったベアフットシューズ。耐久性無いから安いので十分。欠点はサイズがいろいろってこと。

道具リスト

ロングラインの道具リスト

  • ライン slackfr ムーンウォーク
  • ラウンドスリング 2m  *2
  • ラインロッカー スラックイノブ *2
  • スタティック側マスターポイント デルタクィックリンク 
  • ダイナミック側バスケット+1コネクター(スクウェアクイックリンク)
  • ロックエキゾチカ オムニブロック *2
  • ブレーキ ペツル マイクロトラクション+ツイストシャックル
  • ストレートシャックル 
  • ペツルベーシック SMCプーリー カラビナ ハンドアッセンダー