PR

2023年のスラックライン

この記事は約 1 分で読めます。 投稿から 1か月。最終更新から 1か月経過。
作成に約 15 分かかりました。

2023年に張ったラインの画像をあげておきます。どれもインスタに投稿した奴です。

空き時間に公園でサクッと張るスタイル。いつも一人か、家族と一緒です。公園ですれ違うメンバーは10年変わんない感じ。

やっぱこの公園イイね。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have...
春にクスノキの葉が落ちる。クスノキって常緑樹とされるけど、落葉樹から常緑樹へ長い時間をかけて進化しているんだと思う。
慣れないノーハンド。大抵は午後から夕方まで。最近は高いラインに乗るのがつらくなってきた。
101mロングライン。たまには広場で三桁ライン。次男にドローン撮影してもらう。彼はドローン操縦がとてもうまい。
上から見たら影が美しい。
アンカー近くはマントルマウントでしか乗れないから、ここで横着して乗る。この体勢になれるならチョンゴマで行ける。
三桁ラインを張る道具

やはり道具を扱うのは楽しい。スラックライン万歳。

2024年もスラックライン楽しみますよ。

ライン乗った・乗るよ
スポンサーリンク
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年からスラックライン乗ってます。国内旅程管理主任者、日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ登山Ⅲ山岳Ⅰ)、NACS-J自然観察指導員。アウトドア好きでキャンプ、星、植物、お魚好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方