久々に夜のロングライン

2 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 2年経過。
この記事の作成に約 23 分かかりました。

久々に夜のロングラインに行きました。

田舎で夜の明るい公園は限られていますが、たまに行くこの公園は橋の下にあるので橋の明かりである程度明るいです。規模が大きい公園なので街灯もたくさんありますが、その街灯の半数以上が消灯しています。消灯している街灯はくもの巣も皆無なので、よっぽど特別なことが無い限り全部はつかないようです。

今日はロングラインということで、高めにと思っていたら結構高くしてしまい首くらいの高さ。
1.5mくらいです。
ロングラインはある程度高いと相場は決まっていますが、ちょっと高くしすぎました。
真中付近はラインが沈むので問題ないですが、支柱付近は要注意。
無理な体勢で落ちないよう気をつけます。
だめだと思ったら早めに諦めて、片手でラインを落ちる間際に弾くように持って少しでもショックを軽減します。基本ですが接地の瞬間に膝をすとんと落とせば案外大丈夫でした。

最初は落ちましたが、慣れてくると調子が上がり落ちずに25mが支点タッチで5往復、つまり積算で250mは渡れました。ロングラインは慣れって要素も大きいですね。ただ、橋の上から下校中の女子高生の声などが聞こえてくると高確率で撃墜されました。修行が足りないです。
今日気づいたのは、片足で耐える際はだめだと思ったときに、ひざを内側に入れ込むとリカバリーしやすくなり体力の温存につながりました。新しい発見でした。

ロングラインもだいぶなれて中心部が核心だと思って無用に緊張して落ちることもなくなりました。ホークスの試合経過にも影響されませんでした。

やっぱりロングラインは面白い。
もっと、面白いのは手すり歩きだけどね。。。この遊びに関しては上達して経験地が増えたら紹介するかも!!?

この記事はいかがでしたか?

FB:スラックラインの歩き方
NO IMAGE
Facebookでは更新情報・話題の動画等を配信中
ぜひいいねをしてチェックお願いします。

Facebook:スラックラインの歩き方

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

ペツル(PETZL) フィックス P05SO

  • カテゴリ:スポーツ用品
  • 定価:¥ 3,240
  • 販売価格:¥ 2,916
スポンサーリンク
レクタングル大