スラックエフアールのテクニックガイド

2 分で読めます。 投稿から 9年。最終更新から 4年経過。
この記事の作成に約 20 分かかりました。

Le Guide Technique

Le Guide Technique
how to tight a long slackline!

細いラインをラチェットを使わず締め付けるテクニックが図解されています。
カラビナとプリーをつかいテンションをかける方法が主体です。
ロングラインやハイラインをする人には有意義な情報と思うので、チェックしてください。
ところでそのプーリーはどこで買えるんだろうか。。?

追記:プーリーについて
スラックエフアールのプーリーがありました。日本じゃ売ってないです。
http://www.theslackshop.com/products/pulleys
2つセットで約8500円です。

ちなみにロングラインは50mが1万円、100mは二万円。

スラックラインの小ネタ少し凝った設置ロングライン
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
Amazonプライムビデオで「スラックラインのはじめかた」の無料視聴ができます。GAORA Bros.は14日間なら自由視聴できますので、プライムの30日お試し期間と組み合わせることでスラックライン番組4本 無料で見れます。
スラックラインの歩き方

コメント