ウクライナのスラックラインスポットを紹介

6 分で読めます。 投稿から 6か月。最終更新から 6か月経過。
この記事の作成に約 76 分かかりました。

ウクライナのスラックラインスポットや画像を紹介。SLACKMAPで調べてみました。

キエフは人口が多くスラックライナーも多いようです。クリミア半島は岩山が多く世界でも有数のハイラインスポットかもしれません。

SlackMap
open slackline database
スポンサーリンク

キエフ市内

Wild beach (дикий пляж)

スポット名:Fur sea line
86mハイライン

ドニエブル川の西岸にあるワイルドビーチ裏の崖の上に張れるハイライン。両側のアンカーは木を利用する。ドローンがあれば設置しやすく、キエフのシンボルドニエブル川の眺めも最高。

ドニエプル川はウクライナを東西に分ける川で黒海にそそいでおり、上流にはチェルノブイリ発電所もある。古くからダムが作られ水力発電がおこなわれている。

マイダンチェックスポーツ広場のロングライン

スターリントンネルという歴史遺産がある地域にあるスポーツ公園の一角にラックラインが張れる。
Sportyvnyy Maydanchyk · 02000, Kyiv, ウクライナ
★★★★★ · 競技場

Муромець ムーロメツ、ウォーターライン

自然が多く森の都と呼ばれるキエフでもアウトドア派が集まるムーロメツ広域公園である。ムーロメツとは11世紀ごろのキエフの英雄の名である。彼はモンゴル帝国を追い払う時に活躍したそうだ。

中心部にはムーロツの銅像もあるので是非訪れてほしい。ドニエブル川とディセンカ川の中州でサイクリングや散策、カヌー、釣りなどが楽しめる。その一角にある池にウォーターラインが張れ、何本かのパークラインも張れる。

近くにはカフェもあり、一日中スラックラインが楽しめるスペースとなっている。ちなみに駐車料金は1時間10UAH(フリヴニャ)で、日本円で40円ほどである。

Муромець · Kyiv, ウクライナ 02000
★★★★★ · 公園
これは場所は違うが、キエフでウォーターラインを楽しんでいる様子の動画。後ろには歴史ある街並みが見える。高く丸いモスクのような構造物はウクライナ キエフの正教会だ。ウクライナは10世紀のキエフ・ルーシ公国時代にキリスト教化を国教としたことで、多くの国と交流を持つようになり発展のきっかけとなった。

バビヤール虐殺記念碑、キエフテレビ塔横のサグライン

キエフテレビ塔横のサグライン

キエフのテレビ塔からわずか300mしか離れていない場所に窪地のあるバビヤール公園があり、スラックライナーにとってはご機嫌なサグラインスポットとなっている。ご機嫌なスラックスポットだが、ドイツ軍の侵攻時1941年にユダヤ人が虐殺された第二次世界大戦で屈指の悲劇と言えるバビヤール虐殺の追悼施設で現場の一角である。渓谷自体はこの北東側にそれらしき地形がある。累々と裸の死体がつまれたその光景それはもうショッキング。裸にして女性も子供も次々と銃殺して埋めたという。その数が二日で3万3771人というから、信じられない。勉強して知っておくべき。

ナチスがソ連で行った最も恐ろしい戦争犯罪
 ナチス・ドイツとその同盟軍は、おびただしい数のソ連国民を虐殺した。侵略者によってソ連の数千の居住地が住民もろとも殲滅された。

すぐ横にあるキエフのテレビ塔は高さ385m。自立型の鉄塔としては東京スカイツリーに次ぐ世界二位の高さを誇る(塔の高さは世界で11番目)。その建築方法は独特で先端部分から作り、下部部分を次々とつぎ足す工法で徐々に高さを伸ばしていった。

しかしこの塔はミサイル攻撃を2022年に受けている。

右側にはキエフTV等が見える
キエフテレビ塔 - Wikipedia

廃マンションのハイライン

建設途中で放棄されたマンションにハイラインが張れる

階段を使ってアプローチできる。アンカーは柱にスパンセットを使って設置。

Kievスラックラインファミリーの人が設置。インスタのストーリーでこの場所の様子が見れる。

コスティシェフ

コスティシェフはキエフの西側にある渓谷の一部である。冬は凍ってしまう。

以下、ウクライナで行われたハイライン画像

以下、画像だけだが紹介。勝手ながらすべてスラックマップより転載。

ウクライナを身近に感じてほしくて

ウクライナにもロシアにもスラックラインを楽しんでいる人がいます。少しでも身近に感じてほしく書きました。

戦争というのは人間の能力の範疇を超えています。悲劇しか生まない。
ウクライナはその地理的要因から何度も戦争に巻き込まれています。ある時代に生きたウクライナ人の回顧によると生きているうちに14回キエフが違う勢力に占領されたそうです。

そのたびに苦しんだ人々は戦争が終わればどんな幸せな日が訪れるんだろうかと想像していました。

つらい思いをした人々は、お互いをいたわりあう、それはもう違う人々になるんだね。という希望。そのことを疑わなかった。

まさか21世紀にこんなことがおこるなんて想像もしていないでしょう。

数年前に発売されたある本には、ロシアとウクライナはお互い殺し足りていないとも書かれていました。仮に殺し足りたとして、今度こそ何か進歩が訪れるのでしょうか。

参考

Facebook
トピック
スポンサーリンク
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年からスラックライン乗ってます。国内旅程管理主任者、日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ登山Ⅲ山岳Ⅰ)、NACS-J自然観察指導員。アウトドア好きでキャンプ、星、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方