後継機DJIアクション2はどんなのになるだろうか、予想してみた

4 分で読めます。 投稿から 4か月。最終更新から 3か月経過。
この記事の作成に約 57 分かかりました。
スポンサーリンク

オズモアクション2開発中

DJIの公式リーク元とも思えてしまう。アカウントからアクション2の情報が出てきました。ここの情報はすべて正確です。2月に最初情報があり、DJIair2sが発表された後に再びツイートがありました。

後継機でスペックアップかもしれない項目

5k動画、静止画20メガピクセルなど

センサーサイズアップ

ゴープロマウント内臓(アダプタが不必要になる)

アートフィルター

マクロ機能とかピント

アプリ関係の進化

360度化

水平維持機能(電子補正)

バッテリーの強化

初代でも十分強力

DCIM\101MEDIA\DJI_0005.JPG

レンズスペックはベストバランス、手振れ補正 、防水機能、大きさ、周辺アクセサリー等、基本性能は初代でも完成度は高い。

良くできたカメラで今でもよく使う。静止画用途だと広角過ぎるのが欠点だが、特に不満点はない。Goproとくらべると絵が地味なのかもと思うが、ぶっちゃけどうでもいい。操作性と防水性さえあれば。
特に水中画像撮るのに便利。定点用と自撮り棒用に二台欲しいといつも思う。欲を言えば4k画像をもう少し綺麗にしてほしい。あとマクロモードというかピント合わせ出来れば神カメラ。画角28mmモードとかあれば静止画でも使いやすいんだけどな。

DJI アクション2の予想

おそらく本体サイズそのままでセンサーサイズアップってのが目玉となるのではなかろうか。air2、ポケット2、エアー2sと新製品はどれもセンサーサイズがアップしている。マビックミニはミニ2になってセンサーサイズは同じだけど2.7kから4kと性能がアップした。どの後継機も撮影の根本的なスペックが向上しているのが共通している。

初代アクションは1/2.3インチセンサーで4kが撮れるのだが、これが5kになるだけでの可能性がないわけでもない。ゴープロやinsta360の進化はセンサーサイズは基本的には1/2.3のままであるが、その差別化のために一回り大きくなるか可能性は高く、最低でもエアー2と同じ1/2インチ以上が載るはず。

その他の進化としては、ゴープロマウント内臓。くらいしか思いつかない。あとは360度とか水平維持とか。しかし360は捨てるだろう。インスタ360はラインナップ豊富だし、260度カメラって需要があるようでないような。

個人的にはセンサーサイズが大きくなってくれれば十分買いなのだが、それだと一つ問題が出てくる。それはサイズが大きくなってのパンフォーカスの範囲が狭くなることとである。アクションカメラがずっと1/2.3を維持するその理由の一つ小さなサイズと広角レンズの組み合わせでピントの合う範囲が広く、ピントを気にせず撮れることだ。どのアクションかけらも画角はほぼ同じ。おそらくとてもバランスが良く、goproがヒットしたのもこのバランスが良かったからともいえる。
センサーが大きくなるなら画角はもしかしたらわずかにさらに広角になるのかも。もしくは暗くなるか。ピント機能か絞り内蔵になるのかも。

アクション2の予想スペック

  • センサーサイズアップ 5kー8K
  • 8k
  • bluetooth 接続 外部マイクやスマホとの接続
  • 水平維持機能

発売日は?

初代が2019年5月17日だから2021年5月だと思う。5月でなければ7月までには出るはず。続報があれば追記します。

10日ほど前に公式サイトでアナウンスされるはず。

自分は二台目を欲しいとずっと思っていたので発売日に買います。

追加情報

↓翻訳↓
強化された暗視機能、内蔵GPS、RockSteady 2.0、水平キャリブレーションを備えたDJI Action 2は興味深いかもしれませんが、それよりも優れていると思います。

ドローンおすすめ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、星、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方