熊本市近郊で無料キャンプ場ができる津志田河川自然公園(乙女河原)に泊まってきた

4 分で読めます。 投稿から 6か月。最終更新から 4か月経過。
この記事の作成に約 52 分かかりました。
スポンサーリンク

無料の河川敷

熊本市近郊を流れる緑川の中流域に津志田河川自然公園(乙女河原)という場所があります。

ここはなんと無料でキャンプできます。広い敷地の好きなところでキャンプが可能です。

しかし、キャンプ場と思っていくとがっかりするかも知れません。炊事場もありませんし、水場もなし、トイレが一つあるだけで、そのトイレも遠い。ここはキャンプ場というより、キャンプができる河原。

トイレと自販機があるだけの最小限の場所ですので、いくつか事前に準備しておく必要があります。

泊まる際の注意点、必要なものなど

  • 飲料水を十分準備しておく、手を洗うくらいならトイレで可能
  • あらゆるごみは持ち帰り、ゴミ袋を持ってくる
  • 灰も持ち帰り
  • 事前にネットで申告が必要
  • 場所によってはトイレがすごく遠い
  • トイレが汚い
  • ゴミもチラホラ

こんな感じでただオートキャンプができる公園(河川敷)なのです。キャンプ場とは呼べない。なので、キャンプデートやファミリーがゆっくり楽しもうとするとストレスもあるかもしれません。
熊本県には高規格でロケーションの良いキャンプ場が阿蘇方面にいくつもあるので、快適なキャンプをしたいならば別のところがイイかも。。。わざわざ他県から来るほどでもない。少し上流にはリニューアルして新しいコンセプトで再出発したCOMMON IDOEというキャンプ場もあります。
しかしながら、この乙女河原は熊本市には近いのでそういうローケーション重視なら選ぶ価値はあります。無料という点もデカいです。というのも、大人数だと結構な金額になったりしますからね。

COMMON IDOE - 熊本県甲佐町のキャンプ場 - グランピング

サイトの風景

マップと注意点
唯一のトイレ。水を得たい場合はトイレから。マナー良く綺麗に使いたい。
上流側の橋近くの林地帯。橋が近いが、雰囲気が良くハンモックテントなども張れる。スラックラインも可能(人の迷惑にならない場所なら)。
草地部分。とても広い。車は好きに入れられる。
テーブルも少しある。広大なのでたくさん泊まれる。
奥は石ゴロゴロの河原。そこはキャンプは不可。

この日の使用キャンプ道具リスト

  • モンベルクロノスドーム4 グランドシート テントマット ペグ
  • スノーピーク ペンタシールド 180㎝ポール ソリッドステーク ペグハンマー
  • シュラフ*3 
  • サーマレスト*3
  • モンベル マルチフォールディングテーブル
  • コールマン ヒーリングチェア
  • ヘリノックス チェアワン*2
  • ロゴス ネットテーブル
  • ロゴス メッシュファイヤーピット
  • ユニフレーム ツールハンガー
  • 焚火缶セット DUG
  • ペトロマックス ホットサンドメーカー
  • 食器類 
  • 水ポリ ソフトウォータージャグ

場所

津志田河川自然公園 乙女河原

〒861-4617 熊本県上益城郡甲佐町津志田

キャンプ宿泊申し込み

「津志田河川自然公園」のご利用案内|甲佐町
甲佐町の「津志田河川自然公園」のご利用案内に関するページ

ネットで簡単に申込できます。申し込みは簡単で住所氏名と人数を入れるくらいです。

近郊の他のキャンプ場

甲佐町COMMON IDOE(旧井戸江峡キャンプ場)

COMMON IDOE - 熊本県甲佐町のキャンプ場 - グランピング

御船町 吉無田高原

吉無田高原 緑の村 | 恐竜の郷熊本県みふね町
"四季折々の自然に彩られる「吉無田高原」は、 広大な敷地と大自然を活かしたアクティビティが満載! 子どもから大人まで存分に楽しめます。"

熊本市西区 アウトドアフィールドのんねむ

絶景&夕焼! アウトドアフィールドのんねむ | 宿泊キャンプ | 熊本市西区
​熊本市街地(熊本城)から車で25分。アウトドアフィールドのんねむでは有明海と雲仙・普賢岳を見渡せる絶景ロケーションで宿泊キャンプができます。 ​その他、モノづくりや建築ワークショップを開催、秘密基地のような空間でデイキャンプ(日帰りBBQ)も楽しめます。

西原村 風の里

西原村青少年の森「風の里」キャンプ場
熊本市内から約50分の好アクセス。晴れた日には雲仙・普賢岳まで一望でき、夜は夜景や天体観測が最高!ファミリーからソロキャンプまで幅広い層が楽しめるキャンプ場です。
キャンプおすすめ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、星、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方