フルコンボジャパンカップ2018開催決定&スラックライン推進機構活動本格化

3 分で読めます。投稿から 3週間。最終更新から 6日経過。
この記事の作成に約 39 分かかりました。

フルコンボジャパンカップ2018開催決定

昨年ワールドカップが開かれた小布施ですが、今年はジャパンカップが開催されることがアナウンスされました。

2018年9月16日(日)小布施ハイウェイオアシス(小布施総合公園)

詳細はいずれ発表されるはず。

スラックライン推進機構

去年のワールドカップをキッカケとしてスラックライン推進機構が立ち上げられましたが、いよいよ本格始動のようです。

簡単に説明すれば、小布施スラックラインが全国規模になったような感じかもしれません。

ワールドカップを開催した実行力のあるネットワークなどが全国を舞台に展開していくとなるとスラックラインが今以上に発展していくことは間違いない。

地域活性化と合致すれば浄光寺スラックラインパークのような無料施設が増えていく未来も見えてくる。
もちろん東京に出来れば凄そう。

イベントなどの料金目安が示されている点は有用な情報です。

体験会 3.5万から
パフォーマンス 15万から
講習会 8万から
  • スラックラインの振興発展のための調査研究及び情報の提供
  • スラックラインに関する各種大会、競技会の主催・共催・後援・公認及び支援
  • スラックラインに関する国際級大会・競技会等の実施・誘致及び支援
  • スラックラインに関する国際交流事業の実施及び支援
  • スラックラインに関するプロプレーヤーの発掘と育成及びその社会的地位の向上
  • スラックラインに関するスポーツ指導者の養成
  • スラックラインに関する各地のスポーツクラブの普及発展の支援
  • スラックラインに関するスポーツ医学・科学に基づく健康と体力づくりの推進
  • スラックライン関係の他団体等とのネットワークの形成及び連携・提携
  • スラックラインの練習・競技施設の管理運営その他施設維持に関する事業
  • スラックラインに関する書籍・機関誌・DVD等の刊行物の発行
  • その他、当法人の目的を達成するために前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

スラックラインアカデミー

年会費15000円で木下晴稀選手から直接指導してもらえるスラックラインアカデミー。
場所は小布施の浄光寺スラックラインパーク。

単純に習い事として考えると、週4回で年会費15000円というのは破格の安さ。
もしこれが東京などで開催されようものなら押しも押されぬ人気教室になりそうなのは間違いないのではなかろーか。

設備・メンバーはもちろん文句無しの国内外トップクラス。
これらの点を考慮すればスラックライン教室というレベルではなく確かにスラックラインアカデミーと称するのがぴったりかも。

浄光寺が近所にあったら絶対に息子を通わせたいと思った。

関連エントリー

2018のスラックライン大会、イベント2017は1on1形式のギボンカップなどの大会、ISIのポイントで順位が決まるワールドカッ...
スポンサーリンク
レクタングル大