SLACK-INOVでちょっと珍しいラインロッカー購入。簡単に買えますよ。

7 分で読めます。投稿から 1か月。最終更新から 4週間経過。
この記事の作成に約 94 分かかりました。

Slackiblock4

slack-inovのラインロッカー

今回購入したラインロッカー。
slack-inovのスラックアイブロック4というモデル名。

slack-inovはフランスのスラックライン用品メーカーですが、ちょっと変わった独自製品をリリースしています。フランス語だからイノブ?イノビ?イノベ?、フランスは行ったことあるけどフランス語はさっぱりです。

100m以下のロングライン用として購入。何といっても熱処理済みアルミで軽いのが良い。これで4ペア目で計8個のラインロッカーを所持していることになるけど、今まではスチール製品しか持ってなかった。安全性考えたらスチールかなと思ってたのもあるんだけど、最近は短いのや緩いのも張るから軽いのも欲しいってなったわけ。

価格は50ユーロ。二つで送料21ユーロ。
合計121ユーロだから現在のレートで15000くらい。
日本での関税は200円でした。

アイブロックの名前の由来の穴(アイ)も工夫次第で便利かもという理由。色んなメーカーのラインロッカーをごちゃ混ぜにした様な製品なんだけど、形状そのものはslack-inov独特で他には見当たらない。

特徴としては金属ラインロッカーとしては最軽量の165gを誇り、大きくて穴の開いたダイバータ。ダイバータ部分にスリングかけてプリテンショニングしたり、プリーシステムの余ったロープを結んでバックアップとできる。ロックは素早く解除できるリムーバルピン。

リムーバルピンは素早く外せて便利だけど落として紛失のリスクがある。セッティング環境がシビアな時は全部抜くのではなく半分だけ抜くと落としません。
完全な紛失防止方法としてはでゴムコードで結束する方法がる。ウォーターやハイラインならぜひ結んでおきたい。
とたるみとる時にうまく回らないが、回らなくてもあんまり問題ないでしょう。

また、この製品のピンはランクルなどと比べて径が細い。薄いラインを15kNに迫るような強いテンションで行く場合はラインが傷つくかも。ピンが小さいとラインの外側だけが強く引き伸ばされてうっすら表面が切れる場合があります。ダイバータ部分が最もラインに負荷がかかるからこの製品のように太くなっているわけですが、ピンの方も多少は影響受ける。大抵は問題ないとは思いますけど。

ラインロッカー

サイズは大きい。ロックピンとダイバータの間も広め。強度的に弱点となるサイドプレート部分の曲げ角度も最小限で個人的には好印象。
コネクターとのマッチングは10㎜シャックルとは少し遊びが大きいかなという程度。産業シャックルはWLL3.25は通らない。WLL2は通るし、ベストマッチ。メイドインおフランスなんだけど、製品の仕上がりとしては雑な印象もある。まぁどうせすぐ傷だらけなるから気にしない。

多分アルミのため?だと思うが、トリック用には推奨されていない。

ダイレクト接続の欠点としては当然だけど、スローリリースは取り付けられない。センタリングチューブを使ってプーリーと直接接続も不可能。

The Slackibloc is the ideal weblock for longline setup. It accept every webbing around 25mm wide and up to 10mm thickness. High end release made from aluminium ...

↑細かいスペック確認はこちらでどうぞ。

サグラインに使用

緩いサグライン

緩いサグライン2

テンションが無いラインをサグラインといいます(最近知った)。サグラインの場合はテンショニング器具を使わずに直接結束、もしくは両側ラインロッカーとアンカー直結するのが最もスマートと感じています(こういう場合、リムーバルピン凄く便利)。
ロデオラインと同じでやり方は沢山あります。強度的には体重程度しか負荷がかからないからやり用は無限なのです。

しかし今日は折角ですからスラックジャックと組み合わせて使いました。
33mでサグ4mのラインなんですが、やっと歩行に成功しました。ラストの方の上り坂がなんとも新鮮。
まだ完全制覇した気分は無いので、あと何回か歩いて次のラインに進もうと思っています。

テンション自体ありませんのでラインをロッカーから抜くときはリムーバルピンの抜くだけ。今回もすぐ抜けました。

テンションが無いラインをサグライン(sagline)といいます。もしくはサギーライン。
ロデオとの境が気になる所ですが。。。33mのサグ4mはロデオには見えないのは確か。

現在お勧めのラインロッカーいくつか

買うなら様々な接続に対応できる商品が良い。

正直なところ軽さや価格にこだわらないならランクルのリンクスがいい気がする(本当はそちらが欲しい)。接続方法が違う二種類あります。

本格的にハングオーバーリギングしたいならシーホースがお勧め。これ以上の対応力のあるラインロッカーは無い。グリップリギングにも万全だし、通常使用にもこれ以上ないラインロッカー。とりあえず良いのが欲しい人は買って損しないはず。

でもアルミ削り出しの高級品なので値段が高い。あと、最近珍しいソウンスリング仕様。ソウスリングって劣化が怖い、もしくはスペック表記でのボトルネックとなるから世界的には使用しない流れになってるのと思っている。だがしかし、ソウスリングはマッチング性能は高いし、抜いてダイレクトに接続も可能だし便利で個人的にはスゲー好き。

他にはスラックプロのやつ。デザインが古いのを持っていますが、スタンダードながらも完成された形状。買うなら一つはオプションのリムーバルなボルトにしましょう。ソフトリリースも繋げれます。

テンショニングギア

本当はキットミニが買いたかったんです。
軽いじゃないですか。カッコいいし。
何mまで張れるかは試さないとわからないし、ロープも6mmしかなくてクライミングギアとはマッチングしにくいけど割り切れば活躍すること間違いなし。セットとは言っても安いわけじゃないです。自由に組み合わせられます。画像のラインロッカーは古いタイプですがセットでは自分が買ったのと同じSlackiblock4が選べます。

何で買わなかったかというとスラックラインブラザーズプーリーがあるから。
お金あったら買いたいなって思いつつも、小型ダブルとマイクロトラクション、ソフトリリースの方が良いかなと思ったり。煩悩は尽きません。

Make your own customized longline pack with our Mini Double pulley system.

ラインは4種類

自分が買うならコズミックかな。
だって軽いじゃん。見た目も特徴的。

Cosmic is the new generation of Slack Inov' webbings. Tubular design, hight end weaving with high breaking strength and lighter weight.

買い方・到着

特に難しいことはありません。カード支払いのみ可能です。
住所など英語で入力してアカウントを取りましょう。
決済会社のロゴをクリックすると決済画面に移ります。

購入して発送されるとトラッキングコードがメールで送られてきます。
それから10日ほどで手元に届きます。
コリッシモ→関税→郵便という流れです。受け取り時に関税払ってください。

個人輸入とか言うのもアホ臭い位に簡単です。
ロングラインの楽しみは個人輸入。安いし。
ワクワクして待ちましょう。
トラブル等もあるのかもしれませんが、それも含めて楽しみましょうよ。

Welcome on Slack Inov' website, Everything you need to practise slackline in all ways can be found there.
スポンサーリンク
レクタングル大