命綱なしのハイライン(リーシュレスハイライン)のドキドキハラハラのハイラインキャッチの動画3本

2 分で読めます。投稿から 6年。最終更新から 10か月経過。
この記事の作成に約 29 分かかりました。

リーシュレスハイランのハイラインキャッチとは?

リーシュレスハイラインとは命綱なしのハイラインのことです。ハイラインキャッチとは落ちた時にラインをつかんだりして命拾いすることです。ハイラインキャッチはたぶんリーシュレスでライニングするひとには必須の技術。これが出来る自信がないなら絶対リーシュレスはやらないでしょう。逆に言えば、危ないと思った時に早めに判断してハイラインキャッチが100%出来る人だからこそ、リーシュレスに挑戦できる権利があるといえます。もしくはパラシュート開くとか。

ハイラインキャッチの動画3本


Dean Potter: Highline Catch
何度見てもヒヤヒヤもんの恐ろしい動画。体勢が崩れた所でのハイラインキャッチ。ライン持ったままグルグル回るとは恐ろしい。背中にはパラシュート背負ってはいますけどね。ライナーはディーン・ポッターというスピードクライミングやフリーソロクライミングの有名人。平山ユージとほぼ同世代。この人はヨセミテのロストアロースパーイヤーにリーシュレスで挑戦して成功させてスラックラインの名をクライマーの間に広めるきっかけとなった人物。


Moab 2 TRAILER
アンディルイスなどの出演の動画。3人の人物がリーシュレスで挑戦している。高さはハイラインといえるほど高くはないように一見見えるが、ところがどっこい実際は他のシーンでは明らかに即死だろというレベルの高さ。動画の最後にはリーシュレスで懸垂するパフォーマンスも。いわゆる命がけの懸垂ってやつ。


Offical _I Believe I can Fly- Flight of the frenchieS -Trailer-HD
最近公開のスカイライナーのダイジェスト動画のyoutube版。股でラインを挟んでさらに手で持って命拾いしています。ディーン・ポッターみたいに、グルグル回ってませんからわざとやっています。
その後の、女性のビックリしてホッとした表情が何とも言えない。生で見たら絶対ああいう感じになっちゃうはず。

このエントリは他にもハイラインキャッチの動画が見つかったら随時追加していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大