ギボン・サーファーラインSURFER LINEの紹介

2 分で読めます。 投稿から 9年。最終更新から 1年経過。
この記事の作成に約 24 分かかりました。

サーファーライン
ギボンの公式サイトには新しいラインが3本あります。発売は7月となっていたのですが、サーファーラインというのが日本でも発売されるようです。

要は30mのロングラインです。ラインはジブラインよりも更に薄く、トラベルよりも若干厚いです。このラインを長く張って楽しむというより、15mから20m程度でダブルラチェットで張るスタイルが、上級者の間ではよく行われています。自分もそうやって張りますが、気持よく跳ねて別次元の楽しさです。その場合は、ラインもテンション料も高くなるので、バックアップやマットの準備はせひやって下さい。

幅は5cm、長さは30m、ラチェットが大型なのでより巻き取り量が増えています。また、ギアを一段だけ緩めたりすることも可能。。ニューセーフティリリースシステムというそうです。この機能はラインが斜めに巻き取られていると上手くいかないので、注意して下さい。今現在のサーファーラインは二代目でのデカラチェットは緩める機構はついていません。そのかわり、ラインが綺麗に巻けるようになっています。

非常に興味があるのですが、価格が29400円と3万円近いのがネック。入荷数が少ないそうなので購入したい人はお早めにショップをチェックしてください。

詳しくはカモシカスポイーツのブログの記事

■追記 ラチェットでラインの通し方を間違えるとリリースできなくなります。まず、軽めに貼って予行演習して下さい。詳しくは下記エントリー。

サーファーラインがリリースできなくなる事態に注意、ギボンのサイトの画像は間違い
「×」間違った通し方の画像↓↓ 「○」正しい通し方の画像↓↓ ※ギボンのドイツサイトから画像は拝借して加工しました。

■追記
買いました SURFER LINE購入

ギボン-GIBBON
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
Amazonプライムビデオで「スラックラインのはじめかた」の無料視聴ができます。GAORA Bros.は14日間なら自由視聴できますので、プライムの30日お試し期間と組み合わせることでスラックライン番組4本 無料で見れます。
スラックラインの歩き方

コメント