主にロングラインでのラインにかかるテンションslackline tensionの強さ予測計算+早見表

スポンサーリンク
もっと分かりやすい計算ページを作りました。
スマホでもPCでも簡単に入力できます。2017-04追記

スマートフォンで直感的に数値入力できる計算フォームです。 以前に作っていたものを新しく簡単に入力できるように新しく作りました。 ...

スラックラインのテンション計算Estimate the strength of the slackline tension


↑、実際はラインの長さの中間地点(一番沈む場所で測ってください)
支点間距離—-Length m Tabキーで先に進みます。半角オンリー。
体重—-weight kg
最大沈み込み距離m—-sag m 70cmなら0.7と入力。中央で最大時。
計算ボタン—-calculate button
クリアボタン—-reset
力の強さ—-force

kN(キロニュートン)
daN (デカニュートン)
lbs (重量ポンド)
重量に換算すると—-Kg

Kgキログラム 解りやすく重さに換算
参考:アンカー地点での沈み込み角度–°

°(角度)
参考:中間地点での沈み込み角度–°

°(角度)
参考:順調に歩けた場合の歩行時間—
80m以上を推定。短い距離ならもっと早く歩ける。

精密な計算式じゃないです。あくまで簡易的な数字です。

テンション計算フォームについて

体重kgとラインの長さm、ライン中央に立った場合の沈み込み量mからテンションの大きさkN(キロニュートン)を割り出す計算ページです。

沈み込み量sagはラインの中央に静かに立った場合の数値(単位m)なので、バットバウンスやハイラインでの落下などの体重よりも力がかかる場合はそれ以上の力がかかります。なので、トリックでのテンションはこの数字よりも大きくなります。場合(長さ)によっては数倍になる可能性もあります。

長さと体重とテンション量から沈み込み量を計算したい場合、つまりアンカーの高さの予測をしたい場合はラインの長さとテンション(kNキロニュートン)から沈み込み量を計算のページの計算フォームで行えます。利用してみてください。

(ラインの長さ×体重)÷(沈む込み距離)×4=簡易的に割り出すテンションの力force

という式に基づいて計算しています。
この計算方法は簡易的な計算方法ですので、あくまで参考にとして計算してください。
また、使用ラインにより、当然ながら伸び率が変わってきますので数値もラインにより変化します。

参考:1kN=102kgの力。10kN=1020kg=約1トンの力。ギボンクラシック4トン(約40kN)、フロウライン・プロライン・ジブライン3トン、ギボン通常ラチェット25kN(破断強度、巻取り限界は5kNくらい??)、20mmナイロンスリング22kN、アルミカラビナ縦24kN、アルミの大きめ環付カラビナ24~30kN、鉄製カラビナ30kN~70kN、アルミ製リギングプレート約35kN、クライミング用のダイナミックロープ8kN、ケブラーロープ18kN、スタティックロープ11mm30kNなど

テンション早見表—-体重70kgの場合

沈み込み量m→
↓長さm
0.25m0.5m0.75m1m1.5m2m
10m7kN3.52.31.751.160.87
15m10.5kN5.253.52.6251.751.31
20m14kN74.663.52.331.75
30m21kN10.575.253.52.62
50m35kN17.511.668.755.834.37
75m52.5kN26.2517.513.128.756.56
100m70kN3523.317.511.68.75
125m87.5kN43.7523.321.8714.5810.93
150m105kN52.53517.517.513.12

*この表は体重70kgの人が、ラインの中央地点で静かに立った場合の数値です。実際には、ライン上で動いたりするのでそれ以上の荷重がかかります。なので、ラインの限界を見定めるには適していません。バウンス系のトリックを行う場合や、ロングラインの場合はいろんな意味でのテンションのかけすぎに注意してください。

参考はスラックfrのBlogなど。

Blog de Slack.fr pour le slack, slackline, longline, highline, trickline, jumpline. Slackline for everyone, All about balance. Set up primitiv.
このページの下の計算式と同じです。少し違うのは沈み込みの距離の単位の違い。

追記

もっと分かりやすい計算ページを作りました。
スマホでもPCでも簡単に入力できます。2017-04

スマートフォンで直感的に数値入力できる計算フォームです。 以前に作っていたものを新しく簡単に入力できるように新しく作りました。 ...

この記事はいかがでしたか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
Facebookでは更新情報・話題の動画等を配信中
ぜひいいねをしてチェックお願いします。

Facebook:スラックラインの歩き方