ISAハイライン資料

14 分で読めます。 投稿から 8か月。最終更新から 5か月経過。
この記事の作成に約 204 分かかりました。

スポンサーリンク

ハイライン ‐ 重要な注意点

バージョン4.0 2017年3月

The following points have been formulated to help prevent accidents caused by the most common
mistakes when rigging and walking a highline.
ハイラインのセッティングや歩行で起こり得る一般的な事故を防ぐために、以下の項目を策定する。

    1. Highlines should be planned and rigged with experienced highliners​. Nevertheless everyone
      ought to check the rigging and question it critically. Knowledge concerning highline rigging, the
      handling of gear, as well as highline rescue techniques are learned from more knowledgeable
      highliners.


      ハイラインは経験豊富なハイライナーとともに計画及び設置されるべきである。なお且つ、関わる誰もが設置状況を把握し批判的にチェックしなければならない。ハイラインリギングと道具の取扱いに関する知識はハイラインレスキュー技術とともに、より精通したハイライナーから学ぶべきことである。

    2. Solid slackline skills​ are recommended. Standard techniques like a solid sit-start, climbing up
      the leash and swinging back upon the line have to be mastered. In terms of walking ability, we
      recommend sending a 50m (150 ft) line on the ground as a minimal preparation.
      しっかりとしたスラックラインの基礎習得を推奨する。標準的な技術としてシットスタートやリーシュフォールからラインへと復帰する方法などは習得しておく必要がある。歩行能力の面では最低限としてグランドレベルで50m(150ft)が目安である。
    3. The proper use of climbing and personal protective equipment in steep terrain is particularly
      important as is the ability to respond appropriately in case first aid is required. Always be clipped
      in at the edge to two points.応急処置が必要な場合に適切に対応するために急峻な岩場においてクライミングギアの適切な使用や自己確保の技術は特に重要となる。岩場では常に二点から自己確保を取らねばならない。
    4. We advise every highliner to invest in gear suitable for highlining, since most slackline sets are
      not designed for highlining​.ハイラインには専用のギアを準備することを推奨する。なぜなら、ほとんどのスラックラインキットはハイライン用に設計されていない。
    5. All safety relevant components of the highline have to be doubly secured (redundant)​. The
      slackline itself is backed up with a rope or a second webbing, taped under the primary webbing.
      This secondary system must be anchored in such a way that it would still hold if the primary
      anchors failed.ハイラインのすべての部分は二重に構築する(冗長性)。スラックライン本体は歩行用ウェビングの裏にロープもしくは別ウェビングをバックアップ用としてテープ留めしたものを使用する。メインシステムが破断した場合に備えて、バックアップは独立したアンカーから取らなければならない。
    6. The highline system needs to be protected against abrasion and sharp edges, ​even in the event
      of a primary system failure. We recommend extending the anchors over edges. Webbing can
      wear through quickly when exposed to friction.ハイラインシステムはメインシステムに問題が発生した場合も、摩耗や鋭利な岩肌から保護する必要がある。ウェビングは摩擦で急激に摩耗することがあり、岩場上ではアンカー部分を延長して展開することを推奨する。
    7. For low highlines​, where the height is less than the length of the highline, the secondary system
      should be checked for sufficient tension to ensure a mainline failure would not result in a ground
      fall.ハイラインの高さがその長さよりも短く低いハイラインの場合、バックアップシステムが作動してもグランドフォールとならないよう十分なテンションがあるかどうかを考慮しておかねばならない。
    8. A beginner highline should be a minimum of 10m (30ft) long and all highlines under 25m
      (75ft) should be rigged on polyamide (nylon)​ to prevent abrupt forces on material and body
      when taking a leash fall.リーシュフォールの際に急激な力が身体や道具にかからないようハイライン入門設置の長さは最短で10m(30ft)までとし、長さ25m(75ft)以下の全てのハイラインはポリアミド(ナイロン)素材のラインで張るべきである。
    9. (Aluminium) Carabiners should not be used when anchoring a highline​. They are not
      designed for permanent loads which occur in slacklines and use in anchors often results in
      unfavorable loading angles. These two factors increase the possibility for the carabiner to break
      below the minimum breaking strength.カラビナ(アルミニウム)はハイラインのアンカー部分には使用してはならない。スラックラインのように長時間の負荷がかかる場面での使用は想定されていないうえに、しばしば想定外の角度で負荷がかかってしまう。この二つの原因により、最小破断強度以下で破断する可能性がある。
    10. Do not connect the leash to the line with carabiners​. They could inadvertently open or
      damage the slackline webbing. F​orged​ (not welded) steel or aluminum rings are suitable for this
      purpose.リーシュとラインをカラビナで接続してはならない。カラビナがラインを傷つけるおそれや、不意にゲートが開く可能性がある。鍛造(溶接されていない)鋼またはアルミニウムリングが適している。
    11. Buddy Check​ before getting on the line: Is the highliner tied in correctly (through both loops) with
      a double figure eight knot? Is the harness properly adjusted? Check the knot on the rings as well.ラインに乗る前にバディチェックせよ:ハイライナーはダブルフィギュアエイトノットで正しく(両端のループが通されているか)結ばれているか? ハーネスの調整は万全か? リングの結び目も点検せよ。
    12. Double check the rigging before going on the line.​ When was the far end anchor checked the
      last time? Is the anchor still solid? Is the padding against abrasion still working? Are quicklinks
      and shackles fully closed and screwed tight? Is the anchor appropriately backed up? Are the tails
      of webbing backed up?ラインに取りつく前にセッティングをダブルチェックせよ。最後に向こう側のアンカーをチェックしたのはいつか?アンカーはまだ信用できるか? 摩耗に対する保護はまだ機能しているか?クイックリンクやシャックルはしっかり閉められているか? アンカーは適切にバックアップされているか? ラインの末端はバックアップされているか?
    13. Do not start walking from the anchor or edge​. Mount the line a few metres away from edges
      and sit down before reaching the far anchor, in order to avoid falling close to the edge.アンカーやエッジから歩き始めない。落ちた際に岩肌に接触しないように数m離れたところでラインにマウントし、向こう側のアンカーに到達する前に腰をおろす。
    14. The leash length​ needs to be adjusted individually and should be as short as is comfortable.
      Learning to handle the leash and perform safe leash falls and catches​ should be trained
      previous to the first highline attempts, for instance over water or above mats.リーシュの長さは各個人で調整し、捌きやすいようにできるだけ短くするべきである。リーシュの扱い方はもちろん、安全なリーシュフォールとラインキャッチの方法は初めてのハイライン歩行の前に例えば水上やマットの上で訓練しておくべき事である。
    15. Personal highline equipment​ includes a harness, a line transportation device, a lanyard/sling,
      carabiners and a prusik. Besides basic knots, abseiling and ascent techniques should be
      mastered as these might have to be performed during rigging, derigging, or in a rescue scenario.
      Furthermore, at least one rescue kit should be onsite.ハイライン用個人装備はハーネス・ラインスライダー・ランヤードもしくはスリング・カラビナ・プルージックコードである。リギングや解除、レスキューで使用が想定されることから、基礎ロープワークや登降技術も習得しておくべきである。さらに、少なくとも1つのレスキューキットが現場になければならない。
    16. Shoes​, long trousers, gloves and sleeves protect against injuries when highlining. Sharp edged
      objects​ (fly buttons, watches, jewellery, etc) should not be worn on the highline as they can
      damage the webbing or cause injury to the slackliner.ハイライニングでは靴、長袖長ズボン、手袋、が怪我を防ぐ。 鋭利な部分や部品(ボタン、時計、アクセサリー製品など)はラインに損傷を与えたり、スラックライナー自身を傷つける可能性があるため、ハイラインでは着用してはならない。
    17. Highlines can be a threat to airspace safety​, for instance in case of a rescue or transport going
      on nearby. Be aware of restrictions to the airspace as governed by regional/national aviation
      agencies and make your line visible to third parties.ハイラインは、航空機による救助や輸送が近くで行われている場合などで空域の安全を脅かす可能性がある。地域や国の航空機関によって規制されている空域制限を確認し、ラインが第三者にも視認できるようにしなくてはならない。
    18. The installation and drilling of new anchors​ for a highline on rock and infrastructure should
      only be performed by professionals and should happen in accordance with local highline and
      climbing ethics. Never use bolts from climbing routes for tensioned highline anchors.ハイライン用のアンカーを岩場や構造物から新しくボルトで取ることはスペシャリストによってのみ施工されるべきであり、地元のハイラインやクライミングの規則にも従って実行されなければならない。クライミングルート用のボルトはハイラインのアンカーとして絶対に使用してはならない。

上記のトピックに関する詳細は、www.slacklineinternational.orgにリンクしています。

コメント