いきなりの2021新製品、DJIの小型ドローンMINI SEのスペック等

2 分で読めます。 投稿から 1週間。最終更新から 6日経過。
この記事の作成に約 22 分かかりました。
スポンサーリンク

DJIのリークアカウントからミニSEの情報

先日発売されたDJIエアー2S,マビック3、アクション2などが控えているDJIの新製品ですが、全く予想外なMINIーSEという情報が出てきました。

今までの高級感のあるパッケージとは違う簡易パッケージで売られるドローン。なんとMINI-SE。ミニ2が出てからおよそ半年です。

MINI-SEの予想スペック

ミニSE廉価版ですが、初代マビックミニに近いスペックです。その理由はカメラの性能、伝送は拡張wifiといところ。。コントローラーはミニ2やエアーと同じ。もちろんジンバルも搭載。

ミニ2に劣る部分は4k撮影ができないことと伝送距離が2㎞ってところくらいしか思い浮かびません。ただだ、初代ではできないbluetooth接続ができます。

不明なのは199gの日本版が出るかどうかですが、海外版の250gモデルでもバッテリーを変えれば199gにできるはずです。スペックり見たい人は、ミニ2を参照居て下さい、それのカメラのダウングレード版がSEになるはずです。

DJI Mini 2 - 仕様 - DJI
DJI Mini 2について知っておくべきことを確認しましょう

現状で初代ミニに満足している人はSEで十分でしょう。ミニ2は初代よりも高価になったことにより、販売数自体は落ちているはずです。そこに初代の同じ価格帯か、もっと安い価格で出すことでミニの衝撃と存在感を市場に与える製品となりそうです。

DJIストア:世界水準のドローンとジンバルを購入する (日本)
DJIは、カメラドローンとスタビライザー分野におけるワールドリーディングカンパニーです。Phantom/Mavic/SparkなどのドローンやRonin/Osmoなどジンバル製品など、さまざまな製品情報を確認できます!
ドローン未分類
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、星、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方