ハンモックに素早く寝れるハンモックストラップの紹介

4 分で読めます。 投稿から 3か月。最終更新から 2週間経過。
この記事の作成に約 46 分かかりました。
スポンサーリンク

ハンモック好きなら持ってて損しない

1年位前に買って放置していた道具のレビューです。それはハンモックストラップというアイテムです。マックスブートというメーカーのです。

ハンモックストラップの構造

ピンぼけ

長さ3.4mで片側がアンカー用のエンドループ、ハンモック側はデイジーチェーン状のアタッチメントループが付いています。2本セット。

要するに木にはガースヒッチで回し、ハンモックの接続の長さをアタッチメントループで調整できる商品です。1インチのポリエステル製で厚みは薄いです。強度は340㎏ということですが、ガースヒッチを使うと170㎏程度となります。
カラビナが別途必要です。小型のクライミング用を使いましょう。

ハンモックを張るに必要なもの

  • ハンモックストラップ
  • カラビナ2枚
  • ツリーウェア
  • ハンモック

手順

ツリーウェアをまく
ガースヒッチで通す。今は懐かしき携帯ストラップを通すやり方。もしくはスラックラインキットと同じ方法。
ちょうどいいループにカラビナでハンモックを接続
長さを調整して乗る

ま、使い方は簡単です。

注意点

太い木を使うと長さが足りなくなる。4mから6mくらいの間隔で使う。7mになると足りない。調整は楽な商品だが、ロープやウェビングと比べると汎用性は劣る。

まとめ

いわゆる便利グッズ。

ハンモック好きには便利。ただ、長さが足りない場面もあるかもしれない。今回はここ良さそうと張ろうとした場所に長さが足りずにガックリ。なんかこう、高さは高く、長さはちょい長くで揺らして遊びたいというスラックライン脳には物足りないかな!もちろん、普通のハンモックにはちょうどいい長さです。

ぶっちゃけ必要かどうかと聞かれたら要らない。これが1000円くらいならお勧めできるけど。見た目もなんかすっきりしない。スマートにハンモックを楽しみたい人は適当なロープとロープワークの方がクール。

スラックライン関連に使えるか?という観点では使えないかな。

お買い物はこちらから!

その他アウトドア・グッズ おすすめ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方