公園の木に張る場合は直径30㎝以上が目安!

新しい公園で夜のロングライン

3 分で読めます。 投稿から 5年
この記事の作成に約 33 分かかりました。
スポンサーリンク

夜の53m

夜のロングライン
夕暮れ時にいつもの48mロングの公園に行ったら、工事中の看板とフェンス。
トイレが改装されるらしくて、トイレ周辺の木が何本も切られていてビックリ。一体どんだけでかいトイレ作るつもりなんだ。切るのは簡単かもしれないけど、また育つのに何年もかかるでしょうに。。。

幸い、ロングに使っている木は無事だったけど、工事のフェンスがすぐ隣だから張る気がしないので別の公園へ移動。

以前、明るいうちに下見に行った時は木は良いけど、スペースを塞ぐ感じだからいまいちだなぁと思ってた公園に到着。
夜に来てみると、街灯が明るい。遠くからも工場の光がこちらを照らしてくれる。

もともとあまり知られていない公園なので、夜はほとんど人がいない。道のそばにある広場と、その奥にまた別の広場があるんだけど、その奥の広場は自分も近くに住んでいたのに、知らなかったくらい。昼間だとそれなりに邪魔になるから張れなかった場所も夜なら遠慮無く張れる。

ということで、奥のグラウンドを贅沢使いロングラインを張る。53m程度かな。
街灯がちょうどいい場所。隣の木に55mも張れる。

最初は慣れなかった夜のロングだけど、少しは明かりがあるなら普通に歩けるようになった。落ちる気はあまりしない。でも明らかに歩行ペースは遅い。
歩行ペースが上がってきた頃に小雨が降りだした。道具が濡れると厄介だから撤収して帰る。

準備から撤収まで1時間半。
今度はシンプルなSBのセットで行ってみようっと。

今回の道具

ランドクルージング、ホワイトマジック
エレファントのラウンドスリング
シャックル2個
スラックプロのラインロッカー2個
SRのスタティックロープ10.5mm
SMCの3インチダブルプーリー2つ、SMC2インチ
CMCMPD
ペツルのレスキューセンダー
コングのシングルプーリー
ハンドル付きアッセンダー

※ツイストさせるとロープがネジレない。通常の右から左だとネジネジにねじれるから、個人的にはツイスト万歳。
※ハンドル付きアッセンダーのゴムがヘタってきた。普通はここまで勢いをつけて保持しないからだろう。使ってるのが安物ってのも理由。




九州のスラックラインスポットライン乗った・乗るよ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方

コメント