スラックラインにも多目的に使える、玉掛け専用!多点吊り計算アプリ 「D.C.吊る~ん」

2 分で読めます。投稿から 5年。最終更新から 2年経過。
この記事の作成に約 30 分かかりました。

スラックラインの計算が色々こなせるアプリ


本来は、クレーンで吊ったりするときの荷重などを計算するアプリなんですが、スラックラインでも使えます。
ロデオラインの荷重計算、スラックラインでのテンション計算、三角関数の角度・長さの計算ができます。いくつかのシチュエーションで試した所、正しい数字が出ました。単位で間違えなければスラックラインでも十分使えます。

スラックラインではこのアプリの2点吊りの計算しか使いません。長さがミリメートルでの入力なんで、ゼロの数を間違えないように使ってみてください。スマホにインストールしておけば現場で使えます。

ロデオラインの場合

長さと高さ、乗っている人の体重を入力するとアンカーにかかる荷重が出ます。理屈的には角度から重さを割り出します。

ロングの場合

ライン長さと、中心に立った人の体重、その時ラインが沈んだ距離を入力すると片方のアンカーにかかる荷重が出ます。ラインの数値もその数値と同じです。
原理的にはこれも角度から荷重を割り出しています。kNではなく静荷重の重さなので、テンションとは厳密には違いますが、だいたい同じです。トリックなどのダイナミックなテンションには適応出来ません。

自分がこつくったこのページでも計算出来ます。画面メモしているどこでも使えます。https://slackline.jp/tension/

Aフレームの角度など

そのままは適用できませんが、まぁ考えればわかると思います。

ダウンロードはこちらで

アンドロイド版

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.taiyoseiki.android.DCTurun玉掛け専用!多点吊り計算アプリ 「D.C.吊る~ん」 – Google Play の Android アプリ

iPhone版

https://itunes.apple.com/jp/app/yu-guake-zhuan-yong!-duo-dian/id578846487?mt=8iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 玉掛け専用!多点吊り計算アプリ 「D.C.吊る~ん」

スポンサーリンク
レクタングル大