ワールドカップinミュンヘン、日本人ライナーの動画

2 分で読めます。投稿から 6年。最終更新から 11か月経過。
この記事の作成に約 16 分かかりました。

ベスト16以上のトーナメントの一回戦です。

  1. 一対一の「one on one」
  2. 制限時間は一人2分ずつの計4分。
  3. 試合直後の審査員の投票で勝者が決まる
  4. 対戦は抽選で決められた


Munich Gibbon Slackline Worldcup @ Königsplatz 03/0711
後攻、Gappai選手。相手は予選から勝ち上がったイタリア人ライナーのLUKAS。

手に汗握る勝負でした。もうひと押しで勝てたと思うと本当に惜しい。バックフリップが一回でも決まれば、間違い無く勝ってたんだろうけども。落下回数はへらして、メイク率を優先してコンボの持続時間で魅せたほうが審査員の印象がいいのかも。あと、手足の長い外国人相手だとダイナミックさで負けてしまう。うーん。本当に悔しい勝負でした。コンペの難しさと面白さが垣間見れる試合。


Munich Gibbon Slackline Worldcup @ Königsplatz 03/0711
先行、下選手。相手は今大会優勝したmomo。
内容としてはかなり切迫したいい勝負。momoのトリック構成は大技は控えた安全策をとった感じなんだけど、後半尻すぼみしてたから。まぁ、相手はドイツのスターてのも多少有利に判断されたのかも。

スポンサーリンク
レクタングル大