2022スラックライン日本オープンは10月16日開催、結果も紹介。

3 分で読めます。 投稿から 2か月。最終更新から 1か月経過。
この記事の作成に約 37 分かかりました。

今年のギボンカップはコロナで南アルプス大会が中止となり、花巻だけの開催となりました。

毎年秋には最も大きな大会である日本オープンが開催されていますがす。しかし、去年はコロナによりオンラインで開催されました。今年は日程が出ず開催がどうなるのかわから不明のままでしたが、10月16日に開催されるそうです。

スポンサーリンク

第14回スラックライン日本オープンの日程など

ギボン日本オープンスラックライン選手権大会

形式:招待制のトリックライントーナメント

日時:2022年10月16日(日) 10:00~18:00

場所:東京都 二子玉川ライズ中央広場

部門:男子・女子

体験会アリ:500円、時間制

コロナ対策として入場制限があるそうですが、観覧は無料でできます。

参加選手は招待制

以前は誰でも出れましたが日程が一日になり、上位選手だけの招待制となっています。

参加する選手は主に特に発表はされていません。各人のSNSなどをチェックしたら判明するでしょう。

ライブ配信

ライブ配信も行われます。
https://www.facebook.com/JsFed/posts/pfbid0k7izLozQGEHeATsPyfxZ7kM4BhPQFBA3A9RPpmhqFP7S7eq8mHTCwpfrjH6EqK8dl

同日の日程ですが、午前中がジュニア部門で、午後にマスター・女子・男子が行われます。女子男子の決勝は16:00以降となる予定です。

男子は中村陸人くん、女子は岡澤恋ちゃんが本格的に大人の大会に参戦ですが、実力は大人以上なのは間違いないので優勝が順当なところですね。まだ中学生なのに。話題性もアリメディアへの露出などもあるかも。

追記:結果 

GIBBON NIPPON OPEN SLACKLINE CHAMPIONSHIP 2022
結果
オープン 男子
優勝 中村 陸人
準優勝 菊川 信
3位 林 映心
4位 木下 晴稀
オープン 女子
優勝 岡澤 恋
準優勝 竹部 茉桜
3位 佐々木 燈
4位 須藤 美青
マスタークラス
優勝 太田 朋史
準優勝 楠本 忍
3位 佐々木 康之
3位 舛岡 広一
ジュニア男子
優勝 中村 拓志
準優勝 宮下 楓
3位 清田 凛空
ジュニア女子
優勝 桑原 未来
準優勝 田口 三華
3位 大嶋 暁子
3位 安藤 雫
大会特別賞 

関連サイト

大会告知➡『第12回ギボン日本オープンスラックライン選手権大会』10月16日 二子玉川ライズで開催! | GIBBON SLACKLINES JAPAN 公式サイト