スリングとカラビナでスラックラインを設置する方法

2 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 5年経過。
この記事の作成に約 20 分かかりました。


How to Set up a Slackline

スラックラインキットではなく、長いスリング用のテープ(ウェビング(Webbing))とカラビナ(安全環付きの太いタイプ)を使ってスラックラインを設置する方法が紹介されている動画です。原理的には両方の支柱にカラビナを結びつけて、片方の支柱に近くのライン自体にカラビナをつける。そして、そのラインのカラビナと支柱のカラビナの間をいっぱいに締めて解かないように結び付ける方法のようです。原始的な方法です。

このやり方だとテンションをギチギチに張るのは難しいんじゃないかな?あとで、締め増ししたくても結びを解いてやり直すことになるし・・・。でも、この緩さ加減が本家スラックラインという気がしないでもない。
初心者がいきなり一人で設置できるギボンのラチェット式はやはり偉大です。

以下トランゴとスラックエフアールの資料にも解説があります。
http://www.scribd.com/doc/68463773/Guide-Installation-2012

http://webshop.montbell.jp/common/system/download.php?did=instruction&file=1826322.pdf

下の動画もだいたい同じやり方です。

この記事はいかがでしたか?

FB:スラックラインの歩き方
Facebookでは更新情報・話題の動画等を配信中
ぜひいいねをしてチェックお願いします。

Facebook:スラックラインの歩き方

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

ペツル(PETZL) フィックス P05SO

  • カテゴリ:スポーツ用品
  • 定価:¥ 3,240
  • 販売価格:¥ 2,916
スポンサーリンク
レクタングル大