スラックラインに適した靴(シューズ)・靴下一覧

スポンサーリンク

どんな靴が適す?

スラックラインはただ歩くだけなら、ごく普通のスニーカー的な靴でOkです。サンダルでも歩けます。
でもトリックに挑戦するようになって、少しでも成功率が上がるならなるべく適した靴を履きたいですよね。特にスラックライン専用というわけではありませんが、適したと言われる靴が何種類かあります。一応、チェックポイントとしては平面で適度に柔らかい靴底、靴紐採用、軽いほうがイイって事くらいでしょうかね。ローカットやミドルなら軽くて履いたり脱ぐのが楽。ハイカットの場合は、ダブルニーなどのトリックの際に足首付近が痛くないけど、重くなって履き脱ぎが面倒。

スラックラインシューズとして定番中の定番はファイブテンのフリーライダーとラインキングです。動画でもよく履いている人を見かけます。

FIVETEN ファイブテン

ファイブテンの靴はクライミングシューズにルーツを持ち、ソールがステルスラバーという特殊なものです。平面なのにフリクションが高いという、優れた特性を持っています。その平面靴底をタウン用やアプローチ用、MTB用などのに採用したモデルがあるのですが、それらがスラックラインにも適しています。あと、たまにステルスラバーは足跡がつかないと思っている人がいますが、足跡付きます。埃っぽいコンクリートなんかには特徴的な足跡がバッチリ付きます。
山道では、平面で圧力をかけるのでローインパクトな靴底ではありますね。
ちなみにステルスラバーの欠点は、濡れた路面や泥道がかなり苦手。滑ります。山靴に普及しないのはこの致命的な欠点のためです。

定番:ラインキング・フリーライダー
アプローチシューズとして使える:ガイドテニー、軽い山がメインでたまにはスラックラインに使いたいなら有りかも。

FiveTen – Sticky: Slacklining! [HD] from Bernd Hassmann on Vimeo.

ただいま、日本にはファイブテンのスラックライン用シューズがほとんど入ってきていません。欲しい方は、アメリカアマゾンなどで買って下さい。

Vibram ビブラム

ビブラムといえば、靴底の供給元で有名だけど、ファイブフィンガーズという特殊な靴を販売しています。素足の感覚を大切にした特殊な靴いうか足袋というか。以前はスラックライン用として流行りかけましたが、、ステルスラバーの靴にその座を奪われた感があります。今でも、活躍しそうなシュチエーションは超ロングラインとかかな?あと、ダウン系のライントリックでは足元が省スペースになり有利なのかも?大きな違いとして足の親指が使えるという利点があります。でも、足の指を痛める可能性もあるという欠点もあります。
裸足に近い感覚なのですが、この靴で走ると自分自身でクッションを利かせながら走る癖がついて、自然と下半身にやさしい走りになるらしい。なのでジョギング用にも使えるので、それっちにも使ってみたいならアリな選択なのかも。耐久性が低いので、一部に極端にストレスを掛けてしまうことが多いトレランやクライミングに使うのはやめたほうがイイ。

一番の特徴はあまりにも目立つ靴ってこと。この靴で人気者になれたり新しい出会いがあるかもしれない。

楽天でファイブフィンガーズを探す

VANS バンズ

平面靴底のスニーカーといえばバンズ。ラインナップも多く、タウンにも馴染みやすいので好みの靴が見つけやすい。値段的も安いのでこっちから軽めに手を出すのもいい案だと思う。
ハイカットもローカットも選べる。探せばもっともっと沢山のデザインがある。

★楽天-バンズのスニーカー★

モンベル サワタビ

モンベルが出している、沢登用の足袋っぽい靴。ギボンの中の人が、サーフィンとスラックラインの両方に使える靴として紹介されていました。靴としては、スニーカーとファイブフィンガーの中間に位置するかんじでしょうかね。
海でサーフィンして、そのままスラックラインするって人がもしいたらオススメいたします。また、沢登用ということですからソールが濡れてもグリップを発揮するはずですから、ウォーターラインなんかで活躍するかも。
★楽天-モンベルサワタビ★

その他、コンバースやナイキなどいろいろ

要は靴底が平なスニーカータイプならなんでもいいんです。もちろん、なるべく靴底はフリクションが効きやすいのがいいんですけど、そ~なるとファイブテンから選べって話になっちゃいますが、慣れればどんな靴でもOKだとおもいますよ。

★楽天-ナイキのスニーカー★

靴下

靴下なんて何でもよさそうですが、自分的にはスマートウールの靴下を一押しします。スマートウールの靴下はメリノウールという普通のウールより使い勝手のイイ素材です。普通に洗えます。縮んだりしません。天然の消臭効果があり、毎回洗わなくてもOKです。スラックラインにはもちろん、普通の登山にもおすすめです。
スラックライン用には厚さはウルトラライトかライトタイプ。登山には厚めのミディアムやヘビータイプがいいでしょう。自分は、ライトタイプを愛用しています。ほんといい靴下で耐久性も高くて、断然おすすめです。靴下がいまいちなんだよなーって人は試してください。少し靴が大きめならミディアム、ぴったりならライトと靴と靴下をコーディネートしてスラックラインに最高のフィッティング手に入れてください。

※追記2011-12-17
スマートウールの靴下はサイズ編成が二種類あり、少し小さめのモデルと普通モデルがあります。今はラインナップが増えていてどれがどのタイプかわからなくなってしました。自分は靴が25.5cmですが小さめタイプならMサイズ、普通タイプならSサイズがちょうどいいみたい。普通サイズのMだと大きすぎてダメです。

楽天でメンズのスニーカーを探す
楽天でレディースのスニーカーを探す

靴に関してはシューズのカテゴリーもあります。

スラックラインキットはスラックライン一覧にて
マットに関してはマットのカテゴリーをみてください。

楽天ウェブサービスセンター

この記事はいかがでしたか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
Facebookでは更新情報・話題の動画等を配信中
ぜひいいねをしてチェックお願いします。

Facebook:スラックラインの歩き方