9月3日(土)・4日(日)は日本オープンスラックライン選手権大会 2016が開催されますよ

4 分で読めます。投稿から 11か月。最終更新から 11か月経過。
この記事の作成に約 49 分かかりました。

9月3日(土)・4日(日)は東京で日本で一番大きなスラックラインの大会

open20161slackline
もう今週末なので急いで記事書きます。
2016年で第七回となる日本オープンスラックライン選手権大会は、じつは世界で最も開催年数が多い大会なのだ。

世界中見渡しても7年も続いている大会は存在しない(たぶん)。

世界的にも珍しくて貴重な歴史ある大会といえるでしょう。そんな大会が東京で開催されます。二日間です。

海外の招待選手を含めて日本一を決める凄い大会です。
夏のだるい暑さを吹き飛ばしてくれるような、興奮する試合が見れるはずです。期待しましょう。

体験やミニゲームもあるそうです。

スラックライってクールでカッコいいの?と気になる方は、ぜひ生で見れるこの機会に見に行ってみてください。
詳しくはギボンのHPで確認していただくとして、海外から来る選手を二人紹介します。

※画像はギボンのHPより

海外からの注目選手

アレックス19歳アメリカ


Slackladder: Alex Mason Takes on 8 Slacklines in the Hawaiian Jungle – YouTube


正確なトリックでマシーンとの別名を持つ彼。まだ小柄だった数年前のギボンゲームスやワールドカップ戦で大ブレイク。年上選手をバッタバッタとなぎ倒した。
バットフリップのバリエーションが世界中で増えたのは彼のおかげかもしれない。
ギボンUSA主催コンペの動画を見ても神がかっていたパフォーマンスだったのだが、それらの素晴らしすぎるコンペ動画は現在非公開(ギボンUSA→SIと別会社になったため)にされて見れないのが惜しい。同じようにGappai選手の動画も見えない。本当に残念。

ジョバンナ19歳ブラジル


Slackline’s World Champion | Rio Olympics 2016 | The New York Times – YouTube


ダイナミックなトリックを繰り出すブラジルの女性アスリート。
数年前、エンドレスなフリーフォールの動画で注目を浴びてギボンライダーに。
上の動画はオリンピックの際にニューヨークタイムスで紹介された動画で、60万回再生。


Giovanna Petrucci – Copa Nacional Gibbon Slacklines – YouTube


エンドレスフリーフォールはこの動画の1:40すぎ。

詳細はギボンのHPにてご確認ください

大会名称:ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会 2016
開催日時:2016年9月3日(土)・4日(日)
開催場所:二子玉川ライズ ガレリア(東京都世田谷区玉川2-21-1)
入場料:無料 
同時開催:第2回 スタティックミニゲーム(9/3のみ)
     スラックラインフィットネス体験会 / デモ 
     スラックライン体験会

場所

二子玉川ライズ ガレリア・東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」下車

「水と緑と光」の豊かな自然環境と調和した街、二子玉川ライズの公式サイト。オフィスやショッピングセンターなどの施設、最新イベント情報、ショップ&レストラン情報などご覧いただけます。

グーグルマップで見る

テレビ放映も予定

10月にガオラスポーツにて放映がされるみたいです。

1960年代にアメリカで生まれたとされるスラックライン。老若男女誰でも楽しくバランス感覚やインナーマッスルを鍛えることができる道具として競技人口が急増している。さらに、幅5cmの綱の上で行われる技の難しさ、美しさ、高さ、コンビネーションなどにより持ち時間ひとり2分で争われるスポーツ競技としても人気を集めている。日本でも...

日本オープンの次はギボンカップ福岡

お品書き1 大会概要2 試合形式3 出場クラス・参加費・参加資格・大会運営ボランティア3.1 エントリー方法3.1.1 大会運営4 日時5 場所5.1 駐車場・最寄り駅6 当日のタイムスケジュール7 決定版タイムスケジュ &
スポンサーリンク
レクタングル大