ヘンテコなスラックラインを張ろう~ツインズライン編

3 分で読めます。投稿から 4年。最終更新から 4年経過。
この記事の作成に約 31 分かかりました。

ツインズライン

ツインズライン

ツインズラインとは並行して二本のラインを張ることです。双子の意味でツインズラインと言います。双子ラインとかツインラインでも通用するでしょうね。

これで超凄いトリックしている動画も見たことありますが、家族・グループ向けの張り方です。手をつないだりしてワイワイ楽しむ張り方でもあるので、まだ歩けない人でも楽しめます。初心者と初心者が隣同士手をつないでサポートしながら歩くことも可能です。子供がいるといろいろアイデアがわいて楽しめます。


もちろん、うまい人も他の人とすれ違いを楽しんだり。二本のラインを使ったトリック開発したり。ジャンプでラインを乗り換えたりして楽しめますよ。

この二本のラインをどう使うかはアイデア次第!
ぜひ一度お試しを。

※ラインはエレファントスラックラインズの25mタイプを使用。トリックからなんでも対応できる素晴らしいラインです。丈夫だからガンガンいろんな場面で使えます。

http://www.exaler.com/shop/slacklineset/SlacklineSet – EXALER –

こんな感じ

お手軽な張り方



手軽な張り方は少し長い25mや30mを準備してラチェットひとつで張る方法です。丈夫なシャックル一つがあれば張れます。ラインは木のところではV時に折り曲げた方が水平になります。一人でやるのは大変なので、二人以上で。ラチェットがない方のラインは張りが少し緩くなります。

※画像だとラチェットが邪魔な位置になってしまいました。通常のようにアンカーの方に回してラチェットをアンカー近くにした方がいいですね。

他の張り方

スラックラインキットを二つ準備してアンカーのラインの出どころをずらす事で張れます。ただしこれだと、強く張れません。強く張ると、どちらも中心部にラインが寄ってしまいます。

強く張る場合は、スラックラインキットを二つ準備して両方をそれぞれスリングとシャックルで繋ぐことで行えます。スラックラインキット二つ、スリング二本、シャックル4個必要になります。

極めればこんなふうにも

子供がたくさんいたら面白そうです

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. たこさんウィンナー より:

    綱渡りのはじまりって2本だったんだよね。これが発展して1本の綱になったらしい。

  2. スラックラインの歩き方 より:

    なるほど、二本なら切れにくそうだし、古い時代はそうだったのかもしれないですね。