ディテンションシステムを使ってトリック用ラインをリリース

3 分で読めます。 投稿から 6年。最終更新から 2年経過。
この記事の作成に約 33 分かかりました。
スポンサーリンク

ラチェットの一発解放をしなくていいやり方

ディテンション(ラインルーズ)システム 。道具のミスあり。

スラックラインのディテンションシステム – YouTube


追記

間違った道具を使っていると、スラックプロのアンディに指摘されました。前のシャックルのねじ込み式のピンが回ってしまうと、非常に危ないそうです。確かに、言われてみたらそのとおりなので、回る部品を使わないで下さい。動画には注意文を追加しました。本来の使い方である直接ラインロッカーなどを使う際はネジじゃないので問題ありません。つまり、回ったら外れてしまうネジ込みはダメでボルトとナットの組み合わせはokということです。
※自分は今までこれでシャックルのピンが回ったことがありません。通常の用途ではテンションがかかっていると硬いので回らないようです。でも、ピンの取っ手の穴にドライバーを差し込んで無理やり回そうとすると、かなり硬いですが回りました。なので、やっぱりこのやり方は危ないですね。

ロングのセットについてきた道具ですが、最近はトリックで使ってます。この方法だと、ゆっくりリリースできるのでラインに優しいです。

使ったもの

デカシャックル×2個 →  1つは違う部品がいい!
ラインロッカー10mm(無い場合は結んでもOK)
ピン
ラインバックル 60kN
デルタクィックリンク2枚 45kN
アンカースリング 50kN

やり方

説明が難しいですが、理屈は簡単です。
問題はラインバックルの入手。
それから自分はデルタクィックリンクは大きいものを使っています。小さいの2つだとズレそうなので。

もちろん、すべての強度のあるアイテムじゃないと使えません。これ専用のバックアップも欲しい。

ウェビング(Webbing)の長さは?

slackline longline De-Tensioning System -スラックライン-ロングラインのリリース-

slackline longline De-Tensioning System -スラックライン-ロングラインのリリース- – YouTube


これは自分がロングでやった様子の動画。最近はプーリーを使っているのでこの方法はやっていません。ライングリップを使う時はこの方法をやります。

10mもあればトリック用は足ります。ロングラインだと30mあれば距離80m程度まで対応出来るはず(巻く回数にもよります。5回巻くと足りないです)。

コメント