チェーンサーファーという鎖を揺らしてトリックを決めるゲームアプリが面白い

4 分で読めます。投稿から 5年。最終更新から 2年経過。
この記事の作成に約 55 分かかりました。

アップルでもアンドロイド端末でもできるゲームChain Surfer、スラックラインでトリックに近い感じ

アンドロイドのグーグルプレイ、アップルのAPPストアで売られている有料ゲーム。100円くらい。スマホとタブレットに対応しています。
ゆるめラインのサーフィンにトリックを絡める感じで、絵的にはフリースタイルスラックラインに一番近いゲームかも。ジャンプとか決まったら気持ち良いです。ダウン系トリックもカッコイイです。落ちたときは血が飛び散る軽いグロもはいってます。最初は難しいと思いますが、ゲームが好きな人なら、そこそこ楽しめると思います。簡単に言えば、タイミングに合わせて波動拳とかコマンド入力する感じのゲーム。

チャレンジモードだと難しいけど体も動かせます。

チェーンを左右に大きく揺らし、画面をタッチしてアクションを決めると得点になる。そのときに横とか縦に素早くタッチする。タッチの仕方で、円を描いたりするとフリップなど大技ジャンプもできる。画面下のゲージも参考に。技の名前が出るのも面白い。ハンドプラントとかカッコイイ。効果音がなくて音楽がただ鳴りっぱなしという臨場感に欠ける点が惜しい。

この手のゲームやりながらスクリーンショットとるのはムズかった・・・。

以下、ちょっとだけ詳しく紹介。他のゲームも。

まずはトリック練習モードで手の動きをチェック

練習モードがあります。ゲージの動きとタッチの動きを確認してみて下さい。最初はタッチせずに見ていると、タップの速さやタイミングが表示されます。右下のTRYボタンを押すと実際にタッチして自分でトリックをやることもできます。タイミングは揺れが最大になる前にタッチし始め、最大の時に離す感じです。ゲージが光るとトリック入力成功で、次のタイミングでトリックが実行されます。この実行タイミングはトリックにより違い、すぐ実行されるものと揺れを一回挟むタイプがあります。

ま、最初は左右や上下だけでもなんとなく楽しめると思います。タッチは右手だけでOKです。

フリースタイルモード

チェーンが勝手に揺れるので、トリックがやりやすいから最初はこれで練習したらいい。端末はおいたままで大丈夫です。横とか上とか下とか、いろいろタッチするとトリックが出る。トリックのタッチを合わせないと揺れた時にやらないと落ちます。ゲージが赤の時は落ちやすいです。やり過ごしたらコンボを決めると得点はどんどん増えます。その際は常にゲージが光る感じになります。

チェンジモード

得点を稼いでステージレベルを上げてどこまで行けるかチャレンジするモード。鎖の揺れまで完全にコントロールする必要があるので、忙しいし難しい。勝手に体がオーバーアクションになってしまうので、体も温まってしまう。

画面を傾けながらトリックやるのは難しいけど、慣れれば面白いのかもしれない。寒い冬はこういうゲームも悪くないかもです。

APPストアChain Surferへのリンク。スマホとタブレット版があり自動的に選別されます。PCだとitunesが起動します。
アンドロイドはこちらのリンクです。

綱渡りゲームなら他にもあります


TIGHT WIREタイトワイヤーってゲーム知ってます?傾けてバランスとって進むゲーム。落ちた時がグロいです。あんまり面白くないけど、気になる人はやってみて下さい。操作が単純なんでだれでも出来ます。

「TightWire」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。TightWireをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

フラッシュゲームならギボンにも

http://www.gibbon-slacklines.com/cms/front_content.php?idcatart=249Gibbon Slacklines (en) – Community – Slackattack – SlacklineGame
キーボードを使うし、フラッシュなのでpc専用ですが、ギボンのサイトでプレイできます。英字入力でやってみてください。ジャンプでバナナ取ったり、魚避けたりしながら記録を伸ばす感じです。

左右ボタンとスペースボタンを使います。

スポンサーリンク
レクタングル大