ラチェットが外れて危ない動画Highline Fail

3 分で読めます。投稿から 5年。最終更新から 2年経過。
この記事の作成に約 41 分かかりました。

ハイラインでラチェットが外れて危ない動画


Highline Fail

場面は、森の中の谷のような箇所。ハイラインというより、ミドルラインかもしれません。木の間にギボンのジブラインを張って命綱、ラインのバックアップありで挑戦してたら、ラチェットが外れてあわやグランドフォールになりかけている場面の動画です。

一番の間違いはラチェットがロックされていないこと

まず、一番間違った点が、ラチェットが折り返されてロックされていないとうことです。動画をよく見ればハンドルがぶらぶらしているのが解ります。初歩の初歩的な、間違った使い方です。この状態で強い力がかかると、巻取りが外れちゃいます。

また、ハイラインだとラチェットが邪魔だということがよく解ります。ラチェットがあると支点近くで命綱の邪魔になります。アンカー箇所から歩くことが出来ず、途中から歩いています。この動画で歩き始めですぐ落ちちゃってるのは、安定したスタートができないからだと思います。あと、ラチェットがあるともし落ちた時に体に当たる可能性もあるので、危ないですね。

それからバックアップは大事。この動画の場合は、ジブラインとは別にロープを張ってあるので落下事故には幸いにもなっていません。バックアップのラインは大事ですね。でも、バックアップロープを並行して張るといろんな意味で邪魔だと思います。本ラインの下にテープ(スライダーテープ)で留めるのが理想的。

動画にはギボンのUSAからもコメントがついています。

GibbonSlacklinesUSA
This is Gibbon. Please don’t use? 2″ Slackline Kits regardless of the brand for Highlining ever. If you want to learn to highline. You must seek out people who actually know how to do it so you can learn from them. You can’t learn it in a video or online tutorial no matter how good it may be. You need an experienced person there to teach you and review your techniques.

ハイラインでラチェットは使えないのか?

使う事自体がメーカーの想定外になります。ラチェットはロックしていても外れる場合が稀にあり、これだけに命をあずけることは絶対にしてはいけません。外れることを想定して理屈を理解出来れば、そのためのバックアップの方法が想像できます。ラチェットでも、最悪の自体を想定して準備ができるのなら、使えないことも無いって感じでしょうかね。
でも、ハイラインに使うことを推奨しているアイテムなんてほとんど無い気がします。もう完全に自己責任の世界。でもこの自己責任って難しいですよね・・・。

まぁ何を使うにしろ、命や怪我に関わることだからできるだけ万全にすべきですね。

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. 自然相手のスポーツ。どんな状況でも自己責任。確かに難しいですがしっかりやっていかないと、いつか、とんでもない目に遭ってしまいますよね。

  2. スラックラインの歩き方 より:

    コメントありがとうございます。

    おっしゃるとおり、やれることはやっておかないと自己責任では済まない事態になってしまいます。