2月14日(火)と2月15日(水)に横浜でギボンカップ開催-スラックライン大会

4 分で読めます。投稿から 6年。最終更新から 6年経過。
この記事の作成に約 55 分かかりました。

スノボ&スキーエキスポでスラックラインの大会が開催されます

20110514-025.jpg
Creative Commons License photo credit: ayoyyy
2012年2月14日(火)と2月15日(水)にパシフィコ横浜というところでSBJ18&2012 SKI EXPO Japanが開催されます。SBJ18&2012 SKI EXPO Japanとはスノボとスキーの業界が共同で開く展示イベントだそうです。

その展示イベントの中でスラックラインフリースタイルのコンペがギボン主催で開かれます。日程は2日あり、それぞれの日でトーナメント戦が開かれるみたいです。つまり、2日ともそれぞれチャンプが決まるんだと思います。2日両方の参加も可能だそうです。参加費は3000円。2日両方出場する人はエントリー費が安くなって5000円。

ライン環境は長さ8m・高さ80cmの特性スラックラックが使われるとのこと。ちょっとラインが短めですけど、バウンス系だけがトリックでもありませんし短いラインは短いラインのトリック構成が見られるでしょうから、楽しみな点はそこでしょうか。中級者レベルでも楽しめそうな気がするので、腕試しに参加してみてはいかがでしょうか?

詳しくは、以下ご参照ください。
コピペ元やエントリーサイトはさらにその下にあります。

GIBBON CUP第1戦第2戦 at2012SBJ 参加者募集

主催

 Gibbon Slacklines

公認

 JSFED

特別協賛

 ギボンスラックライン

場所

 パシフィコ横浜内 SBJ 展示会場 

日時

第1戦 平成24年2月14日(火)本選2時スタート 練習は11時から
第2戦 平成24年2月15日(水)本選2時スタート 練習は11時から

参加資格

 12歳以上の健康な青年男女でスラックライン愛好者。大会シード選手。

参加定員

 30名。 ファイナル8フォーマットで行うためこれをオーバーした場合予選を行う。 予選はジャムセッション形式でとり行う。

競技種目

フリー 

競技方法

競技者2人づつの勝ち上がり方式。1試合の制限時間4分間。3人のジャッジによる勝ち負け判定方式。 

使用ライン

 JibLine 15m ツールはSlackrack (8m×80cm) 

エントリー費

各戦 3,000円 受付開始:デジエントリーで1月10日開始予定 キャンセル料については返金いたしません。デジエントリー:ギボンスラックラインカップ第1戦 第2戦 at 2012  SBJ18&SKIEXPO – その他

エントリー締切

平成24年2月10日(金)

章典

1位~6位 男女別ではないが女子の最高位にも特別賞を授与。

参加選手予定

Gappai: 2011年第2回日本オープン男子優勝2011年7月ミュンヘンワールドカップ出場
Azcan:2010年第1回日本オープン男子優勝 2010年度ワールドカップベスト8
Yukimi:2011年第2回日本オープン女子優勝
Yucacci: 2010年第1回日本オープン女子優勝
海外からの選手の出場も予定

注意事項 及び 競技ルール

規定時間4分内に演技を行うものとする。
演技中ラインが緩んでも競技者自身が占めることはできない。但し演技前に競技委員に申請し修復して貰う事は可能とする。
競技中床に対し手や足等体の一部を使い転倒防止行為を行った場合は減点対象とする
ジャッジに不服がある場合は大会終了後3日以内に供託金5,000円とともに書面で競技委員長あてに提出の事。競技委員会で審査のうえ返答する。
予選ラウンドは大会参加者に数により各ジャムセッション参加人数を決定する。通常は3~5人である。 準々決勝からは制限時間4分間のOne to One 形式。
エントリー後のキャンセルに関しては返金いたしません。

※下記サイトより一部変更して転載しました。

情報ソース:GIBBON CUP第1戦第2戦 at2012 SBJ 参加者募集

http://snow.gnavi.co.jp/snolog/gibbon/info/1172/
参加申し込み:デジエントリー:ギボンスラックラインカップ第1戦 第2戦 at 2012  SBJ18&SKIEXPO – その他
イベントの主催サイト:<SBJ18×2012 SKI EXPO Japan>開催概要

スポンサーリンク
レクタングル大