スラックラインワールドカップ2011結果

2 分で読めます。 投稿から 7年。最終更新から 8か月経過。
この記事の作成に約 27 分かかりました。

ギボンのサイトにワールドカップの総括が書かれていました。色々と書いてあるんですが、なにせドイツ語はよくわかりません。ポイント的にはアンディルイスがトップですが、僅差でファイナルの直接対決ではマイクが勝っているので・・・?総合はアンディルイスが優勝でマイクもタイトルを取ったってことみたい。ポイント二位はMOMO。ファイナルの日本開催が中止になったことは書かれてはいませんけど、それが影響してなんだかよくわからいない表記になってしまってるのかな?

※追記
ギボン日本のサイトではマイクが総合優勝と書かれていました。

以下ワールドカップ2011のポイントを貼り付けます。

1 Andy LewisUSA 144
2 Maurice WieseGER 136
3 Michael PaytonUSA 128
4 Luis Meier GER 60
5 David SchmidtGER 30
Lukas Huber IT 30
Nick ten HoopenNL 30
8 Felix HachfeldGER 25
9 Elisabeth SchulteGER 15
Benjamin SchmidGER 15
11 Florian EbnerAT 10
Kassian AricochiIT 10
13 KatsuJP 5
Ranking:Total Points:
Brenden Gebhart GER 5
Gappai JP 5
Carlos Zuniga CL 5
Jose Pablo Munoz CL 5
Jaan Roose EE 5
Simon Fuhrer AT 5
Marvin Wierer AT 5
Stefan Durst DE 5
Samuel Bucher AT 5
Immanuel Bumb DE 5
Jonas Dieterle DE 5
Lorenz Klapfer IT 5

※画像はギボンサイトから転載

ワールドクラスな大会
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
Amazonプライムビデオで「スラックラインのはじめかた」の無料視聴ができます。GAORA Bros.は14日間なら自由視聴できますので、プライムの30日お試し期間と組み合わせることでスラックライン番組4本 無料で見れます。
スラックラインの歩き方

コメント