乗り降りトリック一覧 List of Mount tricks

5 分で読めます。 投稿から 8年。最終更新から 6か月経過。
この記事の作成に約 67 分かかりました。
スポンサーリンク

乗り降りトリック一覧

ラインの乗り方もたくさんあり、それは「ほにゃららマウント」というマウントトリックになります。降りる場合は「ほにゃららディスマウント」というラインを降りるディスマウントトリックになります。ラインから降りるだけですから、そのときなにか動きすればトリックとなるわけです。でも、実際になにか一般的なトリックをしながら降りたとしても、トリックとしての価値は見出せない場合がほとんど。たとえば、360°ディスマウントはジャンプして一回転して降りる動きですが、実際にはほとんど難易度が0にちかいトリックなので価値のないものと考えられえています。トリックとしての評価は微々たるものなのです。
このディスマウントトリックで価値が見出せるのはバックフリップディスマウントやフロントフリップディスマウントなどの難易度の高いエアートリックで降りる場合に限られいます。

マウントトリックは、ジャンプマウントという最も簡単なエアートリックぽい技があります。おそらく誰もがチャレンジしたことのあるトリックだと思います。

初級

  1. スタンディングマウント Standing Mount—–ごく普通の乗り方。片足を乗せ体を起こすと同時にもう一本の足を乗せる。
  2. チョンゴマウント Chongo Mount—–スタンディングマウントの下に残した足が地面についていないパターン。もう一方をラインに乗せたと後に体を立ち上がらせる。ロングラインを張って高さが高かったりする場合は、自然とこの立ち方で立つことになる。
  3. ジャンプマウント Jump Mount—–ジャンプしてラインに乗ること。

中級

  1. シィーティッドマウント Seated Mount—–支点を向いてラインに腰掛けて足はどちらも前のライン上におく状態から立ち上がる。簡単そうだが、意外に難しい。
  2. ワンレッグドプレスマウント 1 Legged Press Mount—–片足を乗せた状態で腰掛け、片方の足は使わずに最初から乗せてる足だけで立ち上がる。ラインに乗せない空いた足のほうをラインと水平にまっすぐ伸ばしたまま片足で立ち上がるとピストルマウントという名になる。
  3. ニーリングマウント Kneeling Mount—–クロスラインの状態で両膝をラインに乗せて体全体を安定させる。それから向きを変えて立ち上がる。クロスラインでのバランス取りが上手くならないと、まったく歯がたたない難しいトリック。マウント技としてではなく、ライントリックとして同じ体勢にすることはターントゥメッカというトリック。
  4. バウンスマウント Bounce Mount—–ラインにバットバウンスの状態で座り、足でけって体を跳ね上げる動作を繰り返して最終的にその勢いで立ち上がる。
  5. クロスラインバウンスマウントCross-line Bounce Mount——-クロスラインの状態でラインに腰掛て、足でけってラインを複数回バウンスさせて勢いでジャンプして立ち上がる。
  6. ドロップニーマウント Drop Knee Mount—–ジャンプして飛び乗るが、そのときの体勢がドロップニーの体勢。
  7. チェエストマウント Chest Mount—–ジャンプしてチェストバウンスして立つ。勢い良く飛び込むのがコツ。
  8. マントリング—–ラインにしがみついた状態から体勢を立てなおして立つ。

上級

  1. ドラゴンマウント DragonMount—–走りこんで背中で跳ねるバックバウンスでライン復帰。ラインが高い場合は、片手でラインを下げて手を放す。
  2. バットバウンスマウント Butt Bounce Mount—–お尻で跳ねて立ち上がる。
  3. バックフリップディスマウント Back-flip Dismount—–バックフリップでラインから降りる。さらにひねりを加えたりできる。
  4. フロントフリップディスマウント Front-flipDismount——フロントフリップして降りる。ひねりを加えたりももちろんできる。
  5. バックバウンスマウント Back Baunce Mount——-ラインの上に背中をつけて仰向けに寝てから、足を上に上げ勢いをつけて振り下ろしつつ、背中もラインの反動を利用して立ち上がる。ラインの横に立ってから直接バックバウンスして立ち上がることもできる。
  6. ハウリングアットザムーン Howling at the Moon—レイダウンの状態から片足をラインに立てて、一気に体を起こして立ち上がる。ブッダの姿勢のまま寝て足もそのままで一気に体勢を起こす技もある。
  7. ラッシュマウントRUSH Mount—チェストバウンスでラインに乗り、そのままバックバウンスをしてラインに立つ。
  8. モジョマウントからのモジョ Mojo Mount to Mojo!—モジョマウントからのモジョと名付けられているが、一回転、一回転やってる。
トリック紹介動画トリック
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
Amazonプライムビデオで「スラックラインのはじめかた」の無料視聴ができます。GAORA Bros.は14日間なら自由視聴できますので、プライムの30日お試し期間と組み合わせることでスラックライン番組4本 無料で見れます。
スラックラインの歩き方

コメント