公園の木に張る場合は直径30㎝以上が目安!

キングオブスラックライン第5ラウンドはドロップニーターン

1 分で読めます。 投稿から 8年。最終更新から 4か月経過。
この記事の作成に約 13 分かかりました。

第五ラウンドの課題トリックが発表されました。
動画タイトルではInvert kneedrop spinとなっていますが、動画の中ではInverted kneedrop swicthとなっています。どっちが正しいにかな?と気になりますが、つまりインワードドロップニーターンのことです。

ドロップニーの変形技であるインワードドロップニーから後ろ足を軸にターンします。
インワードドロップニーは座るとき、両膝をクロスさせればOK。
この座り方が、これがまた難しいです。
そしてターンになりますが、クロスライン系がこなせる人はいけると思います。

自分的にはこれから先が未体験ゾーンです。
練習が楽しみ。

→やってましたが、ムズイ。まず座るのが無理です。ストック2本でとりあえず座ってみましたが、まったく馴染まない。バランス以前の問題・・・。フロアでイメージトレーニングから始めないと無理みたい。

トリック紹介動画
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方

コメント