宇都宮でスラックライン大会が開かれました9/26

1 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 1年経過。
この記事の作成に約 12 分かかりました。

木と木の間に張られた5センチ幅のナイロンベルトを渡る「第1回ろまんちっく村スラックライン大会」(同大会実行委員会主催)が26日、宇都宮市新里町の市農林公園ろまんちっく村で開かれた。

米国発のニュースポーツ。高さ約50センチに張られたベルトの上で片足立ちしたり、歩いたりする綱渡りで、子どもから大人まで楽しむことができる。上級者になると、宙返りなどアクロバティックな動きで観客を沸かせる。

実行委によると県内での大会開催は初。競技人口はまだまだ少ないため参加者は小中学生を中心に16人。スラックライン上の歩行や演技などを採点し、競った。

永盛誠(43)実行委員長は「単純な競技だけど集中力やバランスが大切で、楽しいということを知ってもらいたい」と話していた。

下野新聞「SOON」は栃木県の地方紙・下野新聞のニュースサイトです。栃木県内の社会、事件事故、政治行政、経済、スポーツ、地域の話題などのニュースを配信。事件事故やスポーツ、選挙結果などはいち早く速報します。写真や動画も掲載しています。
スポンサーリンク
レクタングル大