中級ライントリック一覧 List of line tricks

5 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 1年経過。
この記事の作成に約 75 分かかりました。

中級ライントリック

  1. ダブルドロップニーDouble Drop Knee—-ドロップニーを両足やる。足首付近でラインに乗る。→ダブルドロップニーサーフ、ドロップニーコンボ
  2. Drop Knee Combo—-ドロップニー、フットプラント、ダブルドロップニーと繋げる連続技。
  3. ニーサイド KneeSlide——斜め前向き(正座みたいに)にダブルニーですわるポーズトリック。手でラインを持ってもいいし、この状態でターンするのもアリ。
  4. ガンビット系トリックGambit—ガンビットスタンスで足を入れ替えたりして動きを行うトリックのこと。
  5. ティップトゥ—–つま先で立つ。→さらにかかとの上に逆の足を乗せるたり、そのままターンしたり。
  6. ブッダBuddha—ライン上であぐらを組んで座る。ダブルドロップニーができる人なら簡単な技。
  7. 仏陀ドロップBuddha Drop—足首付近を体の下に入れる深いブッダの姿勢
  8. クロスレッグCross Legs—ブッダから更に足を交差させ。前方下に足を伸ばす。
  9. サイド仏陀SideBuddha—ラインに対して横を向いたクロスラインの状態であぐらで座り、手は拝んだり、頭の上で両手を合わせたりする。
  10. サイドプランクSide Plank—-体を伸ばして片手をラインにつき、体で傾いた十字を作る。体幹が試されるトリック。
  11. フラミンゴFlamingo—–ニードロップの下ろす足を横に伸ばし手で足を持つ。
  12. プレーンPlane(飛行機)—–ライン上にニーサイドで座り、一方の足を後ろに伸ばして、上半身は手を横に広げたまま体を曲げラインに頭を付ける。
  13. サーフィンSurfing—-ライン上に立ち、ラインを横に激しく振りながら体勢を保つ。→ニーリングサーフィン、ドロップニーサーフ、ダブルドロップニーサーフ、ワンレッグサーフ
  14. サーフィンサークルズSurfingCircles—–ラインを円を描くように廻しながら振る。
  15. マトリックスサーフMatrix Surf/Riding the Rail/Side Surf—–サーフィンをするのだけど、顔と体は横を向きます。つまり、クロスラインの状態でサーフィンをする訳。映画マトリックスのようなダイナミックな動きになる。ライディングザレイルとか、サイドサーフともいう。
  16. グレープバインGrapevine(葡萄のつる)—-葡萄のつるをイメージして横歩き。後に出す足をクロスさせるときに前からと後ろからを交互にさせることでツルのイメージを出す。
  17. ターントゥサイドシットTurn to Side Sit/折り紙origami—–twist into sidebuddatともいう。右前歩行スタンスから90°横を向いて足をクロスさせながらラインに対し横向きにあぐらで座り、さらに合掌する一年の動作。別名、折り紙オリガミorigamiと称する。オガミとは手の合掌動作のことでオリガミのことではない。サイドブッタとはクロスラインのあぐら状態のこと。
  18. フィートトゥギャザークロスラインFeet Together Cross-line (足は一緒にライン横)—体・足共に横を向き、靴のサイドをくっつけて徐々に座る。
  19. ヘリコプター—-手を横に伸ばし、体を回転しながら進む。要するにターンの連続。Spinning Walkとも称す。
  20. コークススクリューCorkscrew—-ライン上に立ち、そこで一本足軸のターンを繰り返す。コークスクリューとはワインのコルク抜きのことなので、それをイメージして素早く連続ターンを続ける。
  21. シッティングダウンSitting Down—ライン上にお尻をつけ前向きに座る。色んなトリックに発展する基本動作の1つ。
  22. レイダウンLaydown(寝っころがり)—-シッティングダウンからライン上に体を伸ばし、仰向けに寝る。足はラインに絡めても絡めなくてもOK。
  23. ポルノスターPornstar—-シッティングダウンからM字開脚。
  24. ノーハンドウォークNo Hands Walk(手無し歩き)—-手を使わないで歩く。組んだり、拝んだりしながら。
  25. ニーリングウォークKneeling Walk(膝歩き)—膝で歩く。
  26. フリップフロップflipflop(サンダル)——ライン上でサンダルを脱いで履く。
  27. ボトルトリック—-飲み物を投げてもらいキャッチして飲む。その後投げ返す。
  28. フラフープトリックhula hopping tricks——フラフープをまわしながら立つ、さらに歩く、さらにフラフープを二枚に増やして歩く・・・・・。奥が深いトリックだが日本人でやっている人はごく少数だろう。
  29. インディアンシット Indian sit—-歩行スタンスからそのまま両膝を横に開いて腰を落とす。後ろ足を立ててそれにすわる
  30. ターン トゥ メッカ Turn to mecca—-クロスラインの状態で膝を着いて横を向き、頭を下げる。イスラム教の巡礼の姿勢。この状態でラインに乗ればニーリングマウントというトリックになる。
  31. ドロップニーコンボターンDropKneeComboTurn—-インワードドロップニーターンからドロップニーターン、さらにドロップニーウォークに繋げる。
  32. シーティッドコンボSeated Combo—-オリガミ、ソウルフード、ワンフットレバーを連続させる。
スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. ナカ より:

    クロスレッグのイメージがどうしてもできません。
    海外の人の動画を検索すると普通にブッタドロップをしているような気がします。
    某所に載ってた写真ではブッタドロップから両膝をラインの下に下げていたのですがどういう状態が正しいのでしょうか?

  2. スラックラインの歩き方 より:

    >>ナカさん
    コメントありがとうございます。
    このトリックはModern Slacklining という本に載っていますが、超マイナートリックです。ほとんどブッダドロップと同じです。

    ブッダドロップはライン上にまさにあぐらをする感じで足首付近がラインの上に乗りますが、クロスレッグとなると足を前方に伸ばして脛付近がラインに乗ります。
    http://slackline.jp/wp-content/uploads/images/2016/02/image1-15-1.jpg

    最近の傾向としてトリックの細かい所は厳密にはあまりこだわらないようです。人によって違うし、数があまりにも多くなりましたから。

  3. ナカ より:

    回答ありがとうございます!厳密にこだわらなくて良いとは(汗
    実はこちらのブログのトリックを参考にさせていただきつつ、トリック集とかマニュアルっぽいのを作ってみたのですが、言葉だけでは中々イメージできないのもあったりしてModern Slackliningという本の購入も考えてみます。
    Gappai選手の最近発売されたDVDは届くのを待っている状態ですが、ちゃんとしたトリックと難易度等をスラックライン連盟の方で出してくれないかな~とか良く思います

  4. スラックラインの歩き方 より:

    ワールドスタンダードだったギボンusaの動画が消されたってのが痛い。世界的な規模の見やすくてわかりやすいサイトがあったら本当に便利だと思います。

    モダンスラックラインの本は、そのページくらいしかトリック名でてません。他の本も似たような状況です。