スラックライン用にファイブテンのフリーライダー

3 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 1年経過。
この記事の作成に約 31 分かかりました。


FiveTen – Sticky: Slacklining! [HD] on Vimeo


愛用していたTevaのサンダルがもう寿命だったので、新しいサンダルを今年は買うぞって思ってました。んで、chacoのサンダルにするとずいぶん前から決めていたのですが、なぜかスラックライン用の靴を買ってしまいました。

最近はラインにはほとんど靴で乗っていたのですが、そのくつがあまりにもボロで、かといってお気に入りの靴を使うのもなんだか気が引けるので専用に買った訳です。サンダルは安物で済ませようと思います。

買ったのはにクライミングシューズメーカーのファイブテンのフリーライダーというモデルです。スラックラインをしている人には有名な靴のようで、プロの人も良く使っているようです。特徴はステルスラバーという靴底です。かなりグリップ力があり、アスファルト上ではあり得ない位に表面に食いつきます。さすがクライミングシューズの特徴を受け継いだ靴です。ステルスラバーの製品はいくつかありますが、フリーライダーは幅広のごっついスニーカーのような雰囲気で履き心地自体はまあ普通です。アプローチシューズのガイドテニーというモデルも同じ靴底でスラックラインに使っている人もいるようです。

実際、ラインに乗ってみましたが、かなり良いです。ほとんど違和感なく歩けて、普通に5往復くらいできました。特に良いのは、体勢が崩れた際にリカバリーしやすくなった事です。力がかかるとちょうどいい感じにグリップが効きます。靴底の形状も文句なし。扁平で幅広なのですが、想像以上にスラックラインに向いています。

小ジャンプもしてみましたが、嘘のように着地が決まります。いやーすごい。。。いままでの靴がダメすぎたってのもあるでしょうが・・・(立体的な靴底っだったので)。ジャンプしたくなってしまう靴です。ジャンプラインがますます欲しくなりましたけど、これ買ったことでますます遠のくことに・・・いつになるやら。

ファイブテン 5.10 アクセスカーボン 1400478 8/26.0cm

  • カテゴリ:Shoes
  • 定価:¥ 19,440
  • 販売価格:¥ 17,280
スポンサーリンク
レクタングル大