スラックライン(SlackLine)とは?

21 分で読めます。投稿から 6年。最終更新から 3週経過。
この記事の作成に約 311 分かかりました。

スラックラインとは?

スラックライン slacklineのイラスト

スラックラインの説明

スラックラインslacklineのロング
スラックライン(slackline)とは二点間に張り渡した専用ラインの上で楽しむスポーツの名称、もしくはその器具のことです。わかりやすく言えば、綱渡りを低く短くして、誰でも楽しめるように進化させたスポーツ。

子供から大人まで一緒に最高の時間が過ごせます。

英語でslackとは「ゆるみ・たるんだ・いいかげん」などを意味しており、Slacklineを直訳すれば「たるんだ線」となります。鉄製のワイヤーなどとは違い、その上下左右に揺れて弾むことがスラックラインの特徴です。

日本でも専用ラインが輸入されてクライミング雑誌などで紹介されるようになり、2009年あたりから注目されてスラックラインを楽しむ人が増えてきてました。基本的には長さは10m程度で膝くらいの高さにラインを張って、その上で歩いたり座ったりジャンプしたりといろんな動作をして遊びます。いきなり歩くのは難しいですが、歩けなくても乗っかるだけで笑えます。

上達すれば人間業とは思えないような発展の可能性を引き出してくれるスポーツです。例えば、トリックというアクロバティックな動き、すごーく長いライン、命綱をつけて高い場所に張って歩いたりと様々な楽しみが広がっています。

通常、ラインは低く設置するので、誰でも安全に遊べるスポーツです。短くて低ければ幼児でも挑戦できます。主に公園の木などに巻いて設置しますが、条件が揃えば室内でも設置可能です。
スラックラインは単にアウトドアレジャースポーツとして楽しめるのははもちろん、運動効果が高いので各種トレーニング効果やダイエット効果が見込めます。

スラックラインにつかう綱は「ライン」と称し、専用品を使います。平たいテープ状で幅が5cmタイプが人気です。ラインを巻き取る器具を使い、強いテンションで固く張ります。
        ○ノ     
       ノ\_
            └
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  • スラックライン slackline–厳密には歩行用に張られたラインのことだが、日本ではスポーツの名称として定着しつつある。
  • スラックライニング slacklining–スラックラインをする行為そのもの、もしくはスポーツとしての名称。いまのところ日本ではほとんど使われない言葉。例:I love slacklining.

スラックラインの起源

  • 発祥は1960年代アメリカのヨセミテのチェーン歩き。特にヨセミテのCamp4という場所で長期滞在していたクライマーが、休養日や暇つぶしとして使い古したロープやクライミングギアを使ってスラックラインを楽しんでいた。1980年代にはクライマーがバランストレーニングやパフォーマンスとしてとして行い、「スラックライン」と称された。スラックラインの父と言われるスコット・バルカムがヨセミテのロストアロースパイヤーという岩峰に張り渡たして歩行に成功したことにより、ヨセミテに滞在しているクライマーの間で知られるようになった。
  • 2000年代後半にヨーロッパで盛んになり、ドイツのギボン社の幅広ラインとお手軽設置ラチェットでさらに火がつく。そして日本へ。
    1. 詳しくはスラックラインの歴史

スラックラインって要するに綱渡り?

ざっくり言えば綱渡りです。
ですが、スラックラインはスポーツとして楽しんだり、トレーニングとして行う場合があるという点で綱渡りとは微妙に違います。ラインは綱(ロープ)という違いもある。

楽しみ方

スラックラインと子供
ライン(綱)を渡るといっても高さは膝から股下くらいに張るので落下に伴う危険はほとんどありません。ラインを張る長さの間隔は普通10mくらいですが、長くも短くも場所により自由に設置できます。市販品のスラックラインキットは15mが多いです。ラインはポリエステル製で平べったいベルト状をしており、幅は2.5cm~5cm、柔らかい生地が採用され少し伸縮性があります。伸縮性があるといっても、ゴムのような伸縮性が在るわけではありません。木と木などの支点の間に器具を使って強く張り、更に上を歩くことによって、ラインは縦に揺れたり横に揺れたりします。

その揺れるラインを自然にコントロールして上を歩くのがスラックライン。歩けた!落ちた!と騒ぎながら楽しむ。もしくは、ひとりなぜ歩けない?と頭を抱える。これこそがスラックラインの楽しさの根幹です。

難易度はラインの長さで調整できます。そのうちにラインの揺れに体が対応できるようになり、練習経験を積めばほとんどの人が10mくらいは歩ける程度まで上達します。短いライン(4~8m)なら、いきなり歩いたり、数時間の練習で歩いてしまう人もいます。ですが、そういうすぐに歩けるようになる人は元々バランス感覚が良かったり、普段から運動している人です。「だめだー」思ったより難しいと思った人は片足の練習からはじめて根気よくラインに乗り続けましょう。乗った時間に比例して少しずつ上達して必ず歩けるようになります。

消費カロリーは見た目よりも高く、フィットネス効果も高いです。もともと体重が標準よりも重い人は、特に効果が実感できると思います。もちろんバランストレーニングにもなりますし、休日の遊びにもなります。集中力しながらもリラックスするというメンタルトレーニングにもなります。つまり、他のスポーツのトレーニングとしても非常に優れています。高さを調整すれば小学校低学年くらいから上は中高年の方まで楽しめます。スラックラインは歩けなくてもラインに乗っかるだけで面白くて楽しめて、おまけに汗までかける素晴らしいスポーツです。

スラックラインを歩くコツ

まず、短く張りましょう。4mとか5mだと難易度はかなり低くなります。もしそれでも苦戦するならライン上で片足立にチャレンジしてください。両足30秒ができれば歩けるはずです。
10m近くになると難易度が跳ね上がりますが、一歩一歩バランスをとりながらじっくり挑戦すればクリアに近づきます。諦めずに繰り返し乗ってください。力の抜き加減やスラックラインを歩くということがどういうことか理解できてくるはずです。
経験者のアドバイスや具体的なコツなど意識せずとも、スラックラインに乗る回数を増やせば自然に歩き方が身につくはずです。

スラックラインの歩き方とコツ(なかなか歩けない人向け)
歩きに挑戦しよう※ギボンの説明書の画像です。 ライン環境を初心者向けにする 片足立ちの練習の段階をクリアしたらいよいよ歩きです。...

スラックラインが注目!されたきっかけ

Dean Potter | Documentary (Part 2-5).flv

Dean Potter | Documentary (Part 2-5).flv

Dean Potter | Documentary (Part 2/5) ←このリンクから見ると該当箇所から再生されます
スラックラインにはハイラインというジャンルも存在します。そもそもスラックラインが注目を浴びはじめるきっかけは高いところで行うハイラインの映像でした。有名クライマーがパフォーマンスの一環として岩峰の間にラインを張り、渡ることをやってみたのです。この動画はアメリカ、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園ロストアロースパイヤーという有名な場所でクライミング界のスター、ディーン・ポッターが命綱無しでを渡りきった瞬間です。詳しくはスラックラインの歴史のエントリーを見てみてください。

このチャレンジによりヨセミテ以外の世界中のクライマー間で認知度が高まり、平衡感覚を養うトレーニングとしてスラックラインは行われました。ちなみに、日本では気狂いクライマーのパフォーマンスと一蹴されただけで、国内でスラックラインをまともにやる人は2007年くらいまで皆無でした。

アメリカ国内では愛好者が増えるにつれ、10m程度の短いラインで飛んだり跳ねたりしてトリックをやったり、単純にスポーツやアウトドアレジャーとして遊ばれるようになります。そしてそれは「フリースタイル」と呼ばれていました。
現在のスラックラインの主流はそのフリースタイルであり、スラックラインといえば「フリースタイル」を指すようになっています。そして、トリックを競うコンペが近年開かれるようになり、2010年からはメーカー主催でワールドカップが開催されるほどの人気となっています(日本人も参加して入賞しています)。

スラックラインキットの発売で設置が簡単にできるようになって人気に火がつく

スラックラインのキット。歩行用ラインとラインを巻き取るラチェットがセットになっている。

スラックラインのキット。歩行用ラインとラインを巻き取るラチェットがセットになっている。簡単でお手軽。慣れれば数分でラインを張れる。


60mラインとプーリーシステム一式。以前は、短いラインでも強く張るには複数脳道具が必要だった。今でも長いラインはこのような道具を使う。

60mライン(白いの)とプーリーシステム一式。ロープはラインを張るためだけに使う。

スラックラインの張り方と外し方(設置とリリース方法)
スラックラインの基本的な張り方と外し方。ギボンのクラシックラインを使用。 基本的で初歩的な解説動画です。安全な外し方も紹介しています。 必要な物はスラックラインキット、樹木とラインを保護するツリーウェアです他の公園利用者のじゃまにならない場所に張って下さい。 http://slackline.jp/ http://slackline.jp/ 2012/03/15223316/

スラックラインの張り方と外し方(設置とリリース方法)

スラックラインの張り方と外し方(設置とリリース方法) – YouTube


↑巻き取りにラチェットを使うことで手軽に強力なテンションが掛けられるようになった。

当初のこの遊びの弱点としてラインの設置の煩わしさがありました。強いテンションをかけるにはカラビナやプーリーを使って折り返して締め込みを行う必要があったのです。ラインそのものもナイロンテープの長い物(ウェイビング)が使われていて、あまり一般的ではありませんでした。そのことから、スラックラインはクライミングギアを使うクライマーの遊びやトレーニングという側面が強かったのです。

ですが、ヨーロッパではそのトレーニング効果に注目があつまり、手軽に遊べるスラックラインキットが発売されるようになりました。手軽な入門用として簡単に締め上げができるラチェット(手動ギアで巻き上げるウインチ、正式名:ラチェットバックル)を採用したセットが販売され、だれでも強力なテンションが掛けられるようになり一気に設置の難易度が下がったのです。

そしてドイツのギボンというスラックライン専門メーカーが発売したスラックラインキットは創業者の研究の結果、ライン幅を5cmと幅広にしたことで、さらに難易度を下げることに成功して人気に火がつきます。また、スラックラインは基本的には公園などの木に張って遊びます。ドイツは森林教育が盛んで、そうですが、そんな土地柄も最初に普及したきっかけだと思います。

日本でもギボン製品が販売され始めたことで雑誌にも紹介され少しずつ広まりました。最初はやはりクライミング関連の雑誌などに紹介されましたが、すぐにアウトドアやスポーツ雑誌に紹介されて認知度が少しずつ高まりました。今ではTVでも時々取り上げられれています。ギボンはイベントや大会を多く主催しており、日本でもスラックラインを広める原動力となったメーカーです。

知度が高まるに連れギボン以外にも扱うメーカーが増えました。人気の市販品のキットは15mタイプが主流で、価格はノーブランド品で3500円から上級者向けライン17000円くらいです。設置は簡単です。必要なものはスラックラインキットと木の保護材だけですから、ぜひ気軽に挑戦してみてください。
設置に関してのエントリーはスラックラインの設置方法-張り方になります。あとで確認してみてください。

スラックラインのメーカー

ドイツのギボンが最も有名ですが、2014年にギボンUSAが分裂。新しくできたスラックラインインダストリーズがトリックの分野で製品、大会共に世界をリードしているのが現状です。他にもドイツのエレファントスラックラインズやフランスのslack.frなどがあります。

1インチラインまで範囲を広げると個人輸入することになりますが、欧米にたくさんのスラックラインメーカーがあります。ロングラインやハイラインのオリジナルに道具も近年は数多く開発されて日々進化しています。

チェック ギボンジャパン
チェック EXALER(エレファント・スラックラインインダストリー)

室内用のラックもあります

室内・自宅でスラックライン
3m~4mほどなの短さなので、スラックラインの本来の良さは味わえませんが、工夫すれば十分楽しめます。気軽に長時間乗るにはぴったりです。子供とかイベントでの体験用としても活躍しています。
日本ではフィットネスジムなどに置かれているタイプは、これらのラックタイプが多いです。
ホームセンターで木材を購入して自作している人もいます。自分は作ったことがありませんが、長さと完成度にこだわらなければ簡単に作れるらしい。

GIBBON(ギボン) フィットネス ラック

  • カテゴリ:スポーツ用品
  • 定価:¥ 81,000
  • 販売価格:¥ 71,057

スラックライン設置の注意点

スラックラインはポール状の構造物や木を支点として、その間に張ります。当然ながら、強度のあるものを選んでください。設置状況にもよりますが、人が歩くことでかなりの力が設置箇所にかかります。激しいトリックをする場合は、特に注意してください。

木に設置する場合は、ツリーウェア(スポンジ状のものや厚めの布・ラインの保護にもなる)などで木の養生をきちんとすることがマナーです。木の場合は直径25cm以上のある程度太い木を選び、若木や老木、蔦や地衣類の付着の多い木も避けます。また、人工物に支点をとる際は、十分に強度があるか検討して設置してください(見た目ほどの強度がない場合も多い)。
スラックラインで柱が抜けて屋根が落ちる動画

設置場所はなるべく他の人が使わないような公園のデッドスペース的なところを選びます。何本も必要以上にラインを張るのも避けましょう。偶然に他のスラックライナーが後から来た場合はなるべく一緒、もしくは近くで遊ぶようにします。これはスラックライナーだけで公園の多くの面積を占有しないための処置です。他の人に迷惑になるような場所では張らないでくだい。場所選びは慎重にお願いします。

トリックの動画

GIBBON Slacklines Allstars Tour "City Slackers"
youtube.com/user/Worldoftomorrow youtube.com/subscription_center?add_user=Worldoftomorrow Enjoy slacklining on the highest level: Andy Lewis, Carlos Zuniga, Mike "Alpha" Payton, Hayley Ashburn, Jose Pablo Munoz, Hayley Ashburn and Brenden Gebhart rocking the city! Music by Nrktk (Narkotiki) and DKTC

GIBBON Slacklines Allstars Tour  "City Slackers"

GIBBON Slacklines Allstars Tour “City Slackers”
スラックラインは歩くだけでなく、飛んだり座ったりする動き(トリック)に挑戦して楽しむこともできます。この動画はギボンのライダーがアメリカの街中でスラックライン(シティラインとかアーバンラインという)をしている動画です。すごいのでぜひ見てみてください。そして、スラックラインの楽しさがわかるはず。

ですが、公園以外の、例えば路上や電柱・人工物などにゲリラ的にスラックラインの設置を行うことはそれなりの理由がない限り避けるべきです。なるべく公園やもしくは所有者の許可が取れるところで遊んでください。

ワールドカップも開かれてる?

Slackline WorldCup 2011 Munich – Official video
Thanks to Gibbon Slacklines and Suzzlic Stereo for making events like this possible! Also thanks to our worldwide community, friends and family for supporting us and staying with us since 2007! You guys rock!

Slackline WorldCup 2011 Munich - Official video

Slackline WorldCup 2011 Munich – Official video
この動画は2011年7月、ドイツのミュンヘンにて行われたワールドカップ第一戦の公式動画です。とてもスリリングで楽しげで素晴らしい動画ですので、どうぞじっくり見てください。日本人からはGappai選手と下選手の二人がベスト16からのトーナメントに出場しており、動画にも登場します。
※岡山のGappai選手は世界でも最も有名なスラックライナーのひとりです。

このようにスラックラインはコンペ形式で優劣を競う大会が開かれています。勝負の方式は一対一の対決形式で行われます。お互いの持ち時間(普通は2分)が設定され落ちたら交代して交互にトリックを繰り出し複数の審判による判定で勝敗を決めます。
※最近は他の形式もあります。

スラックラインの愛好者が増えるにつれトリックの種類は爆発的に増えています。特に派手さがあってメイク率の高いバウンス系トリック(お尻で跳ねるバットバウンスなどの、ラインの弾性を利用して跳ねる技)はトリック構成の中心となっており、ほとんどの選手が高レベルなバウンストリックを習得しています。さらにフリップ系などの難易度の高いトリックを成功させることができるか?という事がコンペで勝ち上がるポイントになっています。

大規模な大会としては2010年からメーカーなどが主催してワールドカップが開催されるようになりました。夏から秋にかけて世界各地で数試合がおこなわれ、各大会の順位によりポイントが与えられて総合優勝を決めます。もちろん日本人も参加しており、2010年はAzcan選手が総合七位に入っています。Azcan選手は2010年10月に行われた、第一回日本オープンスラックライン選手権大会でも優勝しています。日本オープンはメーカー主催でスラックライン日本一を決める大会です。

■追記
2013年にはGappai(大杉徹)選手がワールドカップで優勝しました。
2016年Xゲームにて木下晴稀が優勝。スラックライン初代王者。

日本のスラックラインの大会

主な大会としてはギボンが主催しているギボンカップとスラックライン日本オープンがあります。トリックを競う大会です。スラックラインは一年間に4戦ほどあり、日本オープンは年に一回です。日本オープンは日本一を決める大会といえます。年間ランキングもあり、スラックライン連盟がポイントを管理しています。
日本オープンは過去に名勝負が何度もあり、レベルの高い大会です。エントリーさえすれば誰でも予選から参加可能です。地方開催のギボンカップなどはある程度のトリックが可能なら予選参加レベルに達しており、気軽に挑戦できる大会です。まだまだ新しいスポーツなので2・3年で世界レベルに達する若い選手などもいます。
ジュニアクラスやシニアクラスもあります。

日本オープンで繰り広げられたとてもスリリングな一戦がこちら

第5回日本オープンスラックライン選手権大会男子決勝 Jaan Roose vs Cota(2014 slackline japan open final)
2014年9月6,7日に二子玉川ガレリアにて開催された、第5回日本オープンスラックライン選手権大会の男子決勝の模様です。 エストニアから参戦のヤーン・ローズ選手、そして早坂航太選手の戦いは正にワールドカップ相当! スラックラインを知っている人はもちろん、知らない人も必見です!! ※この動画は2014年9月11日放送、日本テレビ「PON!」にて紹介されました。 ※撮影機材:α7s,NEX-FS100,HDR-AS100 This video is the final match of 5th Gibbon Nippon Open on 6-7 Sep, 2014 in Japan. In this tournament, Jaan Roose was invited to Japan from Estonia. And he advanced to the final as expected. On the other hand, the man who challenge to him is Kota Hayasaka. He also has fantastic tricks. You would find the amazing game as same as World Cup in this video. Even if you don't know Slackline, would surely be impressed. Please check it out!

第5回日本オープンスラックライン選手権大会男子決勝 Jaan Roose vs Cota(2014 slackline japan open final)

第5回日本オープンスラックライン選手権大会男子決勝 Jaan Roose vs Cota(2014 slackline japan open final) – YouTube


ワールドカップ優勝経験もあるエストニJaan Roose とコータ選手の戦い。2014年の決勝戦です。白熱する試合ですからぜひ見てください。

以下、代表的なトリックをいくつか簡単に紹介

スラックラインのトリック

  • ドロップニー—-片膝をついて座る感じ
  • ダブルドロップニー—-横を向いてくるぶし付近でラインに引っ掛け座る感じ。
  • レイダウン—-ラインに寝る。
  • ガンビット系—-片足と片腕で体を支え様々な動きをする。体幹が必要。
  • フロントレバー—-体をラインに対して横に向き、ラインを両手でって体を持ち上げる。腕力や背筋が必要。
  • リマーリープ—前方にジャンプ
  • 360—ライン上で一回転スピンジャンプ。
  • バットバウンス—-お尻からラインに落ちて反発で飛んで立つ。
  • チェストバウンス—お腹付近でラインに落ちて反発で飛んで立つ。
  • サーフィン—–足を両方ついてラインを激しく揺らしてラインの波を乗りこなす。
  • バックフリップ—-ライン上でバック宙をする。もちろん着地はラインの上。出来る人は日本に10人もいないファンタジックなトリック。

スラックラインはまだ新しいスポーツなので、トリックの種類は爆発的に増えています。日本人が最初に開発した技も沢山あり、世界的に受けいれられて大ヒットしているトリックもあります。例えば、岡山のGappai選手が考案したフリーフォール、大阪の93さんが最初にやったバットフリップ、などです。これらのトリックはワールドクラスのコンペでも大人気です。このような現象はyoutubeがあってこそかもしれません。クールだと思われたトリックは動画でどんどん広まりコンペなどで披露されます。日本発のトリックを世界中のスラックライナーがレパートリーに加えるべく練習しているわけです。

詳しくは初級ライントリックなど。

スラックラインはアウトドアで楽しめるスポーツ

室内やジムでも楽しめますが、やっぱり一番は野外です。公園をはじめとして様々なロケーションでもスラックラインは楽しめます。許可や道具の問題もありますが、徐々に仲間とステップアップを目指してみましょう!

スラックライン史上最も凄いハイラインの動画


Moonwalk on Vimeo


2013年ディーン・ポッターによるヨセミテ大聖堂ピーク3325mでのハイライン。
なんと命綱もなし。とにかく綺麗な映像です。見たことない人は絶対見ないと損します。

ハイラインは通常、ラインとバックアップロープに命綱をつけて行います。一部の人はそれをつけずに、フリーソロといわれる危険な行為に挑戦もしています。
日本では極わずかの人しかやっていませんが、世界的には多くの人が大規模な計画をたてて様々な場所にハイラインを張って渡っています。

ロングラインはこんな感じ

111mのロングライン、スラックライン HX-A100
長いスラックライン。風が強かった。 111m,slackline,Longline. HX-A100。 http://slackline.jp/

111mのロングライン、スラックライン HX-A100

111mのロングライン、スラックライン HX-A100 – YouTube

この動画は自分がウェアブルカメラを付けて111mを歩いた時。
集中力と適応力が試されるラインがロングライン。徐々に距離を延ばせば100mオーバーも夢ではありません。多くの道具と、長いラインが必要です。

仲間が増やして皆で挑戦するもよし、遠くまで行って乗せてもらうのもアリです。SNSでも盛んに画像がアップされており、日本でもブームになりつつあります。


ウォーターラインなんてのもあります

ウォーターライン
恐怖感を乗り越えていくのがスラックラインの大きな魅力でもあります。水上にラインを張ればお手軽にスリルが倍増してファンが多い。設置場所が見つかれば夏にでもぜひ楽しんでほしいです。他にも砂浜にアンカーを埋めて張るビーチラインも開放的でスラックラインのまた違った魅力が味わえます。

ロデオライン

ロデオラインは垂らすライン

ロデオラインは垂らすライン


だらーんと高い所から垂らしたラインです。通常ラインよりも難しいですが、感覚的には全く別のラインといえます。揺らしたり、座ったり。ブランコのように子供も使えます。

テンションが少ないので部屋にも張ろうと思えば張れます。

町興しに一役買っているスラックラインパークもあります

初心者用から上級者用までさまざまなラインが楽しめるのが、長野県小布施の浄光寺です。誰でも無料で楽しめるスペースになっており、お寺を中心として地元企業などがサポートし世界的に見てももっともスラックラインが盛んなエリアといえるでしょう。僅か数年で世界で活躍するトリックライナーを輩出しており、イベントなども積極的に行われています。スラックラインは町おこしにもなるんです。
初めての人から高レベルスラックライナーまで満足できる環境から、聖地とも言う人がいるくらい素晴らしい場所です。

小布施町浄光寺のスラックラインパーク。無料で利用できる国内最大級のスラックライン施設です。

どうです?スラックラインをやりたくなったでしょ?

スラックラインキットさえ買ってしまえば、身近な場所でスラックラインができます。スラックラインの美点の一つです。場所を確保してしまえば、無限大の楽しみが広がるがるんです。子供でもできますよ!というか、大人気です。いろいろ工夫すれば、歩き以外の楽しみ方も沢山あります。

運動神経がない人でも大丈夫!楽しいからやる気さえあればだれでも上達して歩けるようになります。本当です。歩けないと思えば、短く張って徐々に伸ばせばいいだけのことでです。数千円でスラックラインキットを購入すれば誰だってスラックラインの世界に飛び込めます。

ぜひ、スラックラインに挑戦してみてください。
実際挑戦したい人はスラックライン開始ガイドをどうぞ!

あなたもスイスイ歩けるようになるスラックライン開始ガイド
スラックラインって難しそうでしょ?自分も数年前に雑誌で初めて見た時にそう思いました。でも、近所には丁度良さそうな公園があるし、キャン...
Let’s Slacklining!!
スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. マジカル」ベンハー より:

    最近スラックラインを購入しました。

    とても楽しいですね。

  2. スラックラインの歩き方 より:

    コメントありがとうございます。
    ほんと楽しですよね。シンプルな遊びだから逆にハマっちゃう気がします。

  3. surf.tak より:

    もみじばふうさん、はじめまして。

    surf.takと申します。

    ブログ大変参考になりました。

    それに影響されて、我が家もスラックラインを購入、初挑戦しました。なかなか思っていたより難しいですが、もみじばふうさんのサイトを参考に練習してみます。

    リンクフリーとのことでしたので、始めたばかりのブログで参照させて頂きました!

    今後もスラックラインの記事楽しみにしています。

  4. スラックラインの歩き方 より:

    コメントありがとうございます。

    購入されたのなら、ぜひ練習して歩けるようになってください。自分には難しくて2ヶ月もかかったので、あせらずじっくりやってみてください。