スラックラインインダストリーズのアグロラインを張りました

4 分で読めます。投稿から 2年。最終更新から 9か月経過。
この記事の作成に約 48 分かかりました。

新しく手に入れたライン


スラックラインインダストリーズのアグロラインです。
今年日本に入ってきた新しいメーカー。ギボンUSAから派生した人達が立ち上げています。

このアグロラインは幅は2インチで長さは30m、デカラチェ付。2パーツセッティングのシンプルなセットになっています。
ダイナミックなバウンストリックに適していますが、オールラウンドに使えます。メーカーのHPではトランポリンスタイルと称されています。

隠れた美点としてはメインラインが30mでラチェット付きラインが2.4mという所です。つまり、合わせて32.4m。他の商品は大体両方合わせて30mなので2.4mお得ですし、このわずかに長いことで支点間距離30mもちゃんと張ることが可能です。ちょっとした違いかもしれませんが、個人的にはかなり嬉しいです。

エクスエイラーで買えますが、すでに売り切れてしまったようです。ちなみに価格は22500円。SIのラインは一部在庫があるラインもありますが、上級者向けは売り切れが多いみたい。珍しいラインという事で早くに売れてしまったのかもしれません。

アグロライン – Slackline Professionals – エクスエイラー スラックライン プロフェッショナル

高めに少し緩く歩行用ラインとして張ってみました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もっとも価値が発揮できるのはダブルラチェットでのセッティングでしょうが、セット品そのままのセッティングで張ってみました。支点間距離は25mくらいです。
全面プリントなのでグリップがすごい。靴の裏に張り付きます。まぁこれは新品だからですけど。

比較対象としてはギボンのサーファーラインですね。ほぼ同じと思っていいと思いますが、なんとなくアグロラインの方が反発が強いような気がします。縫い目はX13サーファーラインより数が少なくて、ラインそのものがみっちり重い感じがあるので、それが関係してるのかな。

歩くだけでしたが縦揺れを起こしながら歩くと楽しかったです。ふんわりというより、ぼわんぼわんという感じで力強くラインが上下します。
伸びるラインというより反発が強いタイプのラインといえます。ポリエステルラインの特徴をよく表しています。微妙に長いスペックといい、とにかく何でもこなせる万能ライン。2インチラインの最高峰のモデルと捉えて差し支えないでしょう。

セッションに参加するような機会があればダブルで張ってみようと思います。トリック用に強く張れば気持ちよく跳ねることができそうです。

ラチェットはX13サーファーの現行モデルやアンディラインと同じラチェットのようです。
デカラチェの少し丈夫になったタイプ。

今回は両方ともムクノキに張りました


この公園はクスノキとムクノキ、エノキが多いです。この場所は両方ともムクノキでした。

動画や販売サイト


Aggro Line | Advanced | Slackline Industries – YouTube

動画ではライン丸めたままエンドループ通していますが、今日試したらまったく無理でした。ちょっと残念。エンドループが狭くなってしまったようです。エレファントと同じ感じです。

エクスエイラーはエレファントスラックラインズの日本総代理店、スラックラインインダストリーズの日本総代理店です。その他にも スラックライン用品製造・販売・レンタル/スラックライン業務全般、出張イベント、インストラクター・パフォーマー派遣/大会運営・撮影協力・各種コーディネートも行っております。

こちらで買えます。スラックラインインダストリーズの正規代理店です。

Slackline Industries encompasses all things slackline providing the technology, equipment and support for the community and sport as a whole.
スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. tsunajii より:

    後発でもあり、よく出来ているようですね。また ご一緒したときにでも乗せてくださいませ。