自宅の庭や部屋(室内)でのスラックラインについて紹介

7 分で読めます。投稿から 4年。最終更新から 5か月経過。
この記事の作成に約 102 分かかりました。

自宅でスラックラインをやる方法はいくつかあるので紹介します。求めるレベルにもよりますが、やれないこともないはずです。
自分の場合は、スラックラインを当初、家の庭でやるなんて夢にも思っていませんでいた。

でもハマるうちに8.5m、10.5m、13mを開拓。屋外ロデオは8.5mと10.5m。屋内ではロデオ、スラックラックとスラックラインパーク状態です。8.5mはラインがおいてあるだけなので、1分で張れます。気楽に毎日やれますし、ライトも増設しているので明るいです。マットもあるし。でーも、なかなか練習時間は伸びずに進歩は微々たるものです。あ、庭でロングラインなどの器具のテストが出来るのはいいです。

ということで、あなたの家でやれそう?

スラックラックでやる

これすごくいいです。ライン幅は3cm。


このように折りたたみ。分解可能。


スラックラックとはスラックライン専用の台のことです。これがあればどこにでも設置出来ます。ただし、長さは3m前後なのですごく短いです。この短さはスラックラインでは特殊な分野です。この長さではスラックラインの魅力は味わえませんが、割り切ればそこそこの楽しめるし。トレーニング効果もあると思います。

一番楽。物足りないけど、テレビ見ながら乗れるのは幸せ。
既成品を買うか、気合で自作する。自作は長さを欲張ると厳しい。

画像のやつはお折りたたみできるから押入れに入る。軽くて一人でもらくらく。木材(薄い木材を何枚も重ねた素材)のしなりを上手く利用した作りで、傑作ともいえる。木がしなってサスペンションのようになる。長さ的には2.5mだから物足りない感じは否めない。
大人がジャンプしてもok。木で自作も可能。そのさいは木材のしなりを考慮にい入れるか、2m程度で我慢すべき。

なんだかんだでこれは安く買えた。2万円5千円くらい。本来はプレゼント用だったけど、今は戻ってきて自分のところにある。SlackBoard oder Slack Board – Black Bird

鉄製なら、ギボンやスラックラインフリーク、エレファントなど。長さは色々。

GIBBON(ギボン) フィットネス ラック

  • カテゴリ:スポーツ用品
  • 定価:¥ 81,000
  • 販売価格:¥ 70,083

ギボン GIBBON SLACKRACK 300 131003

  • カテゴリ:その他
  • 販売価格:¥ 69,900

好評につき売切れです

【GIBBON】【SLACKLINES】【ギボン】【スラックライン】【正規代理店】slackrack 4mh スラックラック 4mh 正規品10P03Dec16

【GIBBON】【SLACKLINES】【ギボン】【スラックライン】【正規代理店】slackrack 4mh スラックラック 4mh 正規品10P03Dec16

ラインもラチェットもフルセット! 届いたその日からすぐにスラックラインが楽しめます。 室内・戸外でも平らな場所なら設置可能。 トレーニング、リハビリなど用途に合...

価格: 116,640 円

販売店:k-town楽天市場店


GIBBON ギボン SLACKRACK300

GIBBON ギボン SLACKRACK300

SLACKRACK300 対象 初心者 長さ/幅/重量 3m50mm29kg 最長/最大幅/最大高 300cm40cm30cm 付属品 Yellow(黄色)ライ...

価格: 68,040 円

販売店:masa nagoya

部屋にロデオラインでやる


SlacklineDresden Rodeo.movie on Vimeo



天井の張りを使ったり、壁にフック的な物を埋め込んでやる。それらは強度がないので、張るのではなく。ラインを垂らす。ロデオラインという。

庭にロデオライン

これは出来る人も多いかも。ロデオなら強度はあまり必要ないのでどこかスリングがかけられればできるはず。

ロデオラインでブランコ。二人乗り。


参考リンク:部屋にゆるゆるのロデオラインを張る話と、アンカーかかる重さを解明

庭に鋼鉄の柱があればそれに張る


庭でスラックライン 2011King of Slackline R3 – YouTube
10.5mライン



自宅でスラックライン 2011 King of slackline R4–momizibafu – YouTube
8.5mライン

支点はスリングや自作アンカーテープ

スラックラインステーション1

ラチェット側↑この画像は昔。最近この場所はWLL3トンというモンスタークラスのラウンドスリングとスチールシャックル1つですませている。安心感的には抜群。

自分がやっている方法。強度に注意。アンカーテープを4重に巻いて後ろで結束してデルタクィックリンクやシャックルで接続。H鋼だと角にかなり負担がかかるので、状況を定期的にチェックする。安価テープは古ラインを何重にも回すことでも作れる。もちろん普通にラインを巻いて設置もできる(短いラインは普通に巻いていた)。スリングだとまイヨンを減らせるが、テンションを掛けないとずり落ちるのが面倒なので、支柱に巻くアンカーテープ方式。丈夫で長さがピッタリのスリングとシャックル(角度がないので強い奴を)があれば、クィックリンクが減らせる。

強度が心配なら、地面近くを使い、Aフレームというラインを嵩上げする物を使う。激しいトリックをするなら、相当強度がいる。例えば、電柱とかで地面が湿っていたりすると簡単に傾く(電線の方向も関係している)。既成品のカーポートの柱とかは速攻曲がると思う。

OH 鍛造シャックル 弓型 3.25T BC-32T

  • カテゴリ:Tools & Hardware
  • 販売価格:¥ 964

庭に何かを埋めてやる

地中アンカーとAフレームで自宅スラックライン


試しに土の部分に園芸ハウス用の地中アンカー3本を埋めてAフレームで嵩上げして使った。Aフレームをつかうとスラックライン的には少し長さをロスしてしまう。他にも柱上のものを深く埋めて、後ろからアンカーで引っ張って補強する方法、杭状のものを深く埋めてそれ1つでアンカーにするやり方、なにか大きなものを地中に埋めるやり方などがある。

参考:地中アンカーを埋めてAフレームでスラックラインを設置、あと角度について
参考:コンクリートにアンカー

他にも

あまり強く引くと車が動くだろうが、古タイヤの上に車のタイヤ部分を載せ、古タイヤにラインを回して引っ張る方法もある。Aフレームを使わない場合は、車の丈夫そうなフレームにもし巻けるなら巻いてもいいけど、車のサスペンションが効いて変な揺れになる。とわいえ、普通に歩くだけなら、さほど問題ないので最初は車に張るのもさほど問題ないはず。


車にフック状の器具が付いている場合もあるが、その場所はたんなる車の輸送時の固定用。いわゆる車の牽引フックではないので強度は低い。牽引フックはRV車などにしかついていない。

終わり

いずれの方法にしろ、どの程度の強度を求めるかが違います。ロデオならあまり強度は要りません、歩くだけの場合も派手に何かを壊すことは無いでしょう。ダブルラチェとでバウンス系となるとかなりの強度が必要です。そこら辺は注意しつつ、定期的点検して下さい。

これらの方法が無理でしたら、畳の縁ラインに見立ててエアスラックライン。ジャンプやドロップニー、ガンビットなどなど。
[

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. jackie より:

    こんにちは 初めまして 室内用を探してまして拝見させていただきました。 木製のSlack-Board なのですが2万5千円ぐらいとありますがどこで買えるのですか教えてください

  2. スラックラインの歩き方 より:

    jackieさんコメントありがとうございます。
    スラックラインコーナーというドイツの販売店から買ったのですが、さっきみたらもう取り扱われていませんでした。

    まだ売ってる店を見つけましたが、日本には送ってくれないようです。
    木製で自作している人は結構います。折り畳みできるようにするのは面倒でしょうけど。
    http://www.sport-thieme.de/Funsport_Klettern/Slackline/art=2173809

  3. jackie より:

    調べてもらたんですねありがとうございます。
    知り合いの大工に頼んで作ってもらおうかな

  4. uzo より:

    はじめまして。サイト楽しく拝見しております。いきなりのコメント失礼致します。木製のSlackBoardですが、現在国内で手に入れる方法はありますでしょうか??どうしても手に入れたいと思っているのですが、いくら探しても見つからず、「スラックラインの歩き方」様に聞けば分かるかもしれないと思い、ご連絡させていただきました。新品でも中古でも構いません。販売している所(または使わなくなった人など)をご存知でしたら教えていただけますと幸いです。(金額はGibbonの鉄製のものより安ければ。)

    • スラックラインの歩き方 より:

      コメントありがとうございます。
      SlackBoardは日本ではおそらく自分が持っている一台しかないと思いますので、日本で販売している所もないはずです。

      SlackBoardのサイトはまだ生きているので買えるかもしれません。
      http://shop.blackbirdfun.com/index.php
      受注生産とのことなので、とりあえずメールで問い合わせてみてはいかかでしょうか。

      こちらのスイス?の販売店でも注文できるようです。
      http://www.balance-slacklines.ch/#!shop/c1uww
      面倒でしょうがこのの店ならたぶん購入できるはず。でも、自分が見たところ日本に送ってくれるかは不明でした。なにせ英語じゃないので。