ラインが切れたけけど、バックアップのおかげで尻もちだけですんだ動画

2 分で読めます。 投稿から 7年。最終更新から 3年経過。
この記事の作成に約 16 分かかりました。
スポンサーリンク

バックアップが大事って動画

Slack Fail – Importancia do BACKUP

ジブラインのダブルラチェットでバットバウンスの際に尻もち。
ラチェットの巻取りが外れた?って一瞬思ったけど、どーやらアンカー側のエンドループとの接点でラインが切れた模様。

これでバックアップがなかったら、切れた方のアンカーからもう一方のアンカーへラチェットが飛んで大怪我の可能性があります。
やっぱりテンション強めでバウンストリックする際はこういう事態に備えて最低限でもいいのでバックアップ作っておくべきです。
この動画みたいにバックアップ短めで、本ラインと同じ箇所に巻いていたらラチェットの暴れるのも最小限だし良いのかも。もちろん、ある程度強いロープが必要。

※反対側のラチェットは切れたショックでラチェットが暴れてロックが外れてますね。

考えられる切れた理由

ラインが劣化してた。
ラインが傷んでいた。
同じ場所で設置し続けたので、同じガースヒッチの接点だけが傷んでいた。

参考エントリー:ラインなどのアイテムの破断に備えてバックアップを取る必要性と方法

設置の基礎 設置関係動画 安全・強度 スラックラインの小ネタ 少し凝った設置
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
Amazonプライムビデオで「スラックラインのはじめかた」の無料視聴ができます。GAORA Bros.は14日間なら自由視聴できますので、プライムの30日お試し期間と組み合わせることでスラックライン番組4本 無料で見れます。
スラックラインの歩き方

コメント