ギボン新製品:1インチのダブルラチェットキットDouble Ratchet Kitが二種類発表されました

5 分で読めます。投稿から 6年。最終更新から 3年経過。
この記事の作成に約 61 分かかりました。

新製品は手軽に1インチでライニングしよう!ってことみたい。

アメリカで3月15日発売のギボンの新ライン「ダブルラチェットキットDouble Ratchet Kit(Tubeline Double Ratchet Kit・Flowline Double Ratchet Kit)」の情報です。
ロングライン用のプロラインとフローラインがフリースタイル用にダブルラチェット仕様で発売されます。
どちらも幅2.5cmの1インチラインで、長さは60フィート。つまり、長さは18m少々という絶妙な長さ。

GIBBON-Tubeline Double Ratchet Kit
GIBBON-Tubeline Double Ratchet Kit
  -Width: 1 in
-Max strength: 6,720 lbs
-10% Stretch
-Tubular webbing
-Rubber coated print for extra grip
-2Ratchets with safety lock
-Reinforced loop slings

BUY NOW! SHIPPING STARTS MARCH 15TH
$119.99

情報ソース:Tubeline Double Ratchet Kit

Flowline Double Ratchet Kit
Flowline Double Ratchet Kit
-Width: 1 in
-Max strength: 6,720 lbs
-10% Stretch
-Flat webbing
-Rubber coated print for extra grip
-2Ratchets with safety lock
-Reinforced loop slings

情報ソース:Flowline Double Ratchet Kit

長さは18m

ダブルラチェットで18mという長さは、トリック用としては絶妙な落とし所のような気がします。ダイナミックにバウンストリックをやるとなると、ジブライン15mでダブルだとギリギリいっぱいの長さじゃないと、そのテンション量が生かせませんから微妙に長さ不足。なので、ダブルだとサーファーラインを使っている人が多い気がします。でも、30mトリック用には30mは長すぎ。せいぜい、20mくらいでしょう。そう考えたら、18mというのはなんともベストな長さのような気がします。

ラインはチューブラーと一枚もののフロー

ラインは筒状になった、チューブラータイプとオープンタイプの二種類。青色のは、ギボンプロラインと同じと思ます。フローラインはまんまフローラインですね。伸び率はどちらも10%の表記です。ちなみに、このプリントはチューブラーのほうがゴム印字、フローはインクです。ラチェット側は通常ラインと同じく、ループになっているみたいです。

サイトにはlow stretchとかれていますが、10%という数字はラインとしては伸びるラインだと思います。low stretch一般的なロープ類と比べての話。スラックラインは伸びると感じがちですが、通常のナイロンスリングなどのナイロン製品と比べるとむしろ「伸びない」に属してます。スラックラインのテンション量が異常なんです。もちろん、ダイナミックロープよりは伸びますし、スタティックよりは伸びないんですけど。

また、細いラインだと重量が軽いと思いがちですが、筒状のラインを切って開けば5cmラインと同じですし、そこまで重量は変わらないと思います。その点フローラインは生地そのものは厚く(クラシックライン相当?)なっていても、若干軽いはずです。

トリック主体ならたぶんプロラインのほうがいいんじゃないかな?

ラチェットは通常ラチェットのスペーサー付

ラチェットは通常ラチェットに、1インチ用のスペーサー付きです。実はこれが最大の利点じゃないかと思います。というのは、スペーサーがあるとリ巻き取り時やテンションのリリース時にラインが傷みにくいんです。スペーサーはたぶんプラスチックやゴムに近い素材だから、ラインを痛めません。サーファーラインが生地も薄く、デカラチェなので痛めやすいことを考えると、これはすごい利点だと思います。

なぜ、デカラチェダブルじゃないの?

長さは18mですし、通常ラチェットのダブルで十分だと思います。これで、テンション量不足ならデカラチェに個人で差し替えですね。

日本での発売は?

アメリカギボンはマットやザックなど独自ラインナップがあるので、最初はアメリカのみの発売じゃないかと(GIBBON USA独自のアクセサリー)。
ドイツ語サイトにも出てないですし。

※画像はギボンサイトから拝借しました。

スポンサーリンク
レクタングル大