クラッシュパッド—ベアール トリプルエアライト

3 分で読めます。 投稿から 8年。最終更新から 3年経過。
この記事の作成に約 39 分かかりました。

スラックラインのマットとしては定番のマウンテンダックスゴレイロトリプルというモデルがありますが、リニューアルしても相変わらず品薄のようです。いわゆるボルダリングマットとかクラッシュパッドとか称されるこの類の商品の宿命として、絶対的に在庫の量が少ないというのがあります。どのメーカーのどのモデルでも実店舗の在庫としては1・2個くらいしか置かれていません。価格が高くて数もはけず、場所をを占有するこの手の商品はメーカーの在庫も不安定です。特に海外メーカーの輸入品は一度入ってきてそれっきりそのモデルが入ってこないといったこともありあます。マウンテンダックスは日本のメーカーなので需要があればその分追加で入れてくるとは思うので、そのうち数も増えてくるとは思いますが、2011-04-16現在には、ダブルさえも楽天から消え失せてしまいました。

そのゴレイロトリプルの利点は最大クラスの広さと安さです。

ほかに三つ折りで2万円台のクラッシュパッドが無いかというとそういうわけでもなく、あります。

スポンサーリンク

ベアールのトリプルエアライトです。

定価は税込 27,300 円とマウンテンダックスの29400円よりも実は安い。さすがロストアロー。今も昔も最高の代理店だと思います。
サイズは100*150*9なので、ゴレイロトリプルより縦が10cm長くて横が30cm狭くなっています。また、厚さも9cmなので1cm劣ります。厚みの点ではスラックラインには9cm(中のスポンジ素材の実寸はもうすこし薄い可能性あり?)でも全く問題ないと思います。それより畳んだ時に計3cm薄いことにより、車に積み込む際などに便利かもしれません。

モデル名価格広さ厚さ価格/1m2重さ
ゴレイロトリプル29400円90×180cm
面積1.62m2
10
cm
18148
円/m2
5.35
kg
トリプルエアライト27300円100×150cm
面積1.5m2
9
cm
18266
円/m2
5.4
kg

面積は0.12m2、つまり12cm四方程度だけゴレイロトリプルの方が広さに勝ります。重さもほぼ同じ、広さあたりの値段もほぼ同じ。
決定的に違うのはエアライトが1cm薄いってこと。んで、クラッシュ時に空気を抜くエア抜き穴が付いている。
このマットもスラックラインには最適かもしれない。
広さもあるし、値段も安い。折りたためば横幅がスリムで厚みも3cmほど薄くなる。
在庫があるかは別にして、色も豊富にあって自分の好きな色が選べるのもうれしいポイント。

もちろん広さと値段を抑えた二つ折りのエアライトコンパクトもアリます。しかも今日2011-04-16現在楽天のyoshikip2ではポイント14%というお得なセール中。残り少ないようなのでお早めに。


少し凝った設置マットトピック
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
Amazonプライムビデオで「スラックラインのはじめかた」の無料視聴ができます。GAORA Bros.は14日間なら自由視聴できますので、プライムの30日お試し期間と組み合わせることでスラックライン番組4本 無料で見れます。
スラックラインの歩き方

コメント