福岡、ももち浜テレビの収録に参加した

2 分で読めます。 投稿から 9年。最終更新から 9年経過。
この記事の作成に約 28 分かかりました。


福岡ローカルフジテレビ系列のNTCももち浜ストアの収録に行っていきました。
前の撮影で時間が押したそうで、予定より遅れての収録となりました。

始まる2時間くらい前から、10人くらい集まっていたのでラインを3本張ってレッツスラックライン。今日はじめての人やまだ歩けない人もいるので子供も交え和やかに練習。メンバーの友達でちょうど旅行できていたスイス人男性も挑戦。かなり、真剣にトライしていました。飛び入りで若者も乗ってくれました。

私は持ってきてもらっていたほぼ新品のジブラインでバットバウンス、スティッキーバット、リマーリープ、折り紙、フィートトゥギャザークロスライン、ガンビットスワップ、ダブルドロップニー、プレーン、レイダウン、インワードドロップニーターン、などなどで体をほぐす。やっぱり、ちょうどいい長さのジブラインは乗ってて楽しい。真中付近はバットで接地するので支点近くでやる。

スティッキーバットは以前やって全然ダメだったけど、今日は普通にメイクできた。リマーリープも2m位は飛べるようになった。小ジャンプなら連続も普通にできた。ガンビットスワップもやってみたら3回目には成功して3回連続メイクできた。久々にドロップニーターンに挑戦したら成功率100%。落ちたら怖いからずっと放置していた技だけど今度から個人練習にも取り入れよう。やっぱり、日中にちょうどいい10mくらいのジブラインは素晴らしい。

てな感じにヘトヘトになった頃テレビ局登場。レポーターは福岡吉本の高田課長だった。あまり撮影って感じはなく、普通に仲間に入ってきて初心者講習を受けて、最後はバットバウンスに挑戦って流れでした。もう夕日が落ちていて、暗くなりつつありちょっとバタバタ感のある撮影でしたけど思ったより楽しかった。撮影のスタッフの人も乗ってたけど、みんな小鹿の震えが出てい苦戦してた。もっとトリック見せたかったけど、練習風景を撮影するってシーンでは緊張したのか失敗に失敗。姿勢もあまりよくなかった気がする。

放映は4月21日9:55からのももち浜ストアです。エリア内の人は是非見てみてください。

メディア ライン乗った・乗るよ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方