2011年1月23日、九重、瀬の本~牧ノ戸~長者原、雪の道路情報

2 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 6年経過。
この記事の作成に約 23 分かかりました。

ドライブアンド登山で九重のほうに登ってきました。うわさどおり、山中はかなり積雪があります。深いところでは1mを超えるでしょう。去年のこの時期、法華院に泊まって登山したのですけどほとんど雪がありませんでした。というか、毎年雪は少しあればいいほう。今年は寒波が続いて積雪が多く、そのあとも冷え込んだ日が続いたために年末年始の雪がそのまま残っている感じです。雪好きな人によってはかなりラッキーな状況とも言えます。

気になるのは道路情報だと思うのでいくつか写真を上げます。


これらは瀬の本~牧ノ戸~長者原間の画像になります。路上に雪はほとんどありません。通常タイヤで通行できます。


牧ノ戸峠の駐車場内は踏まれてシャーベット状の雪です。なので車は疎らに止まっていました。半分は閉鎖されています。場内の雪を嫌って、近くの道路の路肩に路駐している車が多くて、路肩が込んでいました。駐車場の雪だけが問題でチェーンを巻くほどでもない場合、除雪スコップがあればすぐ解決できます。


すがもり越えに一番近い駐車場大曲です。私的にお気に入りの登山口ですが、50cmほどの雪でしたが2台とまってました。

大曲が止められない人は、少し長者原よりの路肩に停めていました。旧やまなみハイウェイの料金所あとです。ただ、この場所は除雪作業車両が使う現場でもあるので、駐車はほどほどに。


やまなみファイウェイ路上に雪は無し。

23日現在、やまなみハイウェイの九重付近はノーマルタイヤで通行可能です。ただ、時期的にまだ雪が降る季節ですので、もし使わないにしてもタイヤチェーンは必須かと思います。
九重は例年無い大雪の中登山ができますから、天候を見計らってぜひ登ってください。

スポンサーリンク
レクタングル大