GIBBON(ギボン)

トピック

KING OF SLACKLINE2010に向けて去年2009の課題を復習

オンラインスラックライントリックコンテストキングオブスラックライン2009の課題を改めて分析。キングオブスラックラインは1ラウンドごとにトリックの課題が出されて、6日間以内(後半は...
設置の基礎

安全で怖くないリリース方法(旧)

ラインを撤収するとき、ラチェットのテンションを開放しなくてはなりませんが、バッチンと音がするし意外と力が要るので怖い人もいると思います。特に女性。この方法だと、ハンドルには触らなく...
設置の基礎

スラックラインの設置方法—張り方と外し方

スラックラインキットを購入したら箱や説明書などに簡単な設置方法が記載されているはずです。 それだけはちょっと心もとないので、あらかじめ動画で一度見ておくとスムーズ...
ニュース

室内でスラックラインできるスラックラック

室内でもスラックラインをしたいって方も多いと思います。それならこれを使えば解決!。長さは短くて4mだけど。でも、日本じゃ売ってないね。 追記:今では日本でも売っています...
基礎知識

スラックライン用語集 Slackline Glossary

スラックラインのスタイル スラックラインSlackline-----木と木の間などに、ベルト状のラインを張って歩いたりして遊ぶ事やその器具のこと。厳密にはスラックライン(スポーツ...
基礎知識

スラックラインの歴史

1960年代 ヨセミテ国立公園にてクライマーたちがバランス感覚を養うために公園内に張られた鉄製チェーンの上を歩いたいた遊びがスラックラインの起源といわれる。 ※閉鎖されたs...
ギボン-GIBBON

スラックラインを価格帯別に紹介、ノーブランドから有名メーカーまで

スラックラインは三種類の価格帯がある 幅5㎝で15mのスラックラインキットはもっとも普及数が多いスラックラインです。この種のラインの価格は三種に分類できます。 ...
ギボン-GIBBON

ギボン・サーファーラインSURFER LINEの紹介

ギボンの公式サイトには新しいラインが3本あります。発売は7月となっていたのですが、サーファーラインというのが日本でも発売されるようです。 要は30mのロングラインです。ラ...
設置の基礎

GIBONギボンツリーウェアが便利すぎ

スラックラインを木に巻いて設置する場合、スポンジやらタオルやらで養生することになります。最低限のマナーです。木でなくて何か人工物にまわす場合も使いましょう。歩くたびにラインは微妙に...
ギボン-GIBBON

ギボン・ファンライン GIBBON FANLINE

■ファンライン15m 定価:15540円 幅5cm 長さ15m 重量3.2kg クラシックラインの見た目にこだわったバージョン。基本的に同じだが、ゴム印字があるので少し歩き...
ギボン-GIBBON

ギボン トラベルライン GIBBON TRAVEL LINE

ギボンのトラベルラインは落ち運びに有利な軽量スラックラインキットです。およそ1.9Kgと持ち運びには便利です。スラックラインは 意外と重いので、ザックに入れて運んだりするなら検討す...
ギボン-GIBBON

ギボン/ジャンプライン・ジブライン GIBBON JIBLINE

■ギボン ジャンプライン 15m 定価:17640円 2.8kg ギボンの上級者用モデル、ジャンプラインです(JIBLINE)。日本では発売当初はジャンプラインと呼ばれて...
ギボン-GIBBON

スラックライン:ギボン GIBBON クラシック

メーカーごとに商品を紹介します。 まず、ドイツのギボンから二種類紹介します。スラックラインを一躍有名にしたメーカーで、なんとラインだけで全部で4種類もあり。それぞれに特徴があ...
設置の基礎

スラックライン(Slackline)とは?

スラックライン(slackline)とは二点間に張り渡した専用ラインの上で楽しむスポーツの名称、もしくはその器具のことです。わかりやすく言えば、綱渡りを低く短くして、誰でも楽しめるように進化させたスポーツ。

スポンサーリンク