投げ込みフィルターロカボーイの替え濾材自作は簡単

この記事は約3分で読めます。

ロカボーイろ材自作

ロカボーイの替えフィルターの自作しています。ロカボーイは我が家で5個ほど稼働中ですが、ほぼ100%自作で賄っています。というのも、自作が超簡単だから。

もちろん、メーカーの替えフィルターの方が高機能です。お金に余裕があるなら買うべきです。純正品がいい理由は、濾過マットの密度が荒めと濃いめが調整されており、中に活性炭が入っている点。

今回はロカボーイコンパクトですが、他のロカボーイでも同じです。

他メーカーの水作エイト等も同じ方法で自作出来ます、形が違うだけです。ちなみに、水作エイトも2種類持っていますが、自作しやすいロカボーイの方が好きです。替えエアストーンも安く買えます。純正変えろ材も安い量販店で売っている場合が多く、ネットより安く買えたりしますし。水作エイトはそもそもお店で売ってなかったりします。

必要なもの

ウールマット、ハサミ。この二点が必要なものです。

ウールマットは上部フィルター用を買えば十分な量があり、安いです。商品により柔らかさや硬さ、密度で違いがあります。硬めのほうが耐久性がありますが、目が荒くなります。

ウールマットをカットする

適当に大きさに合わせてカットします。厳密でなくてもいいです。多少大きくても押し込めます。

次に、中心部にハサミを突き刺し穴をあけます。丸く切る必要などなく、単に穴をあけるだけでいいです。

三枚を本体にセット。中心部をはめ込みます。穴が小さいなら、無理やり広げます。

蓋をして完成。

本体の蓋をかぶせれば完了です。

ロカボーイの大きいやつ。ロカボーイプロ。

ロカボーイプロは通常のろ材の下に活性炭などを追加で入れられるモデルです。これは3枚ですが4枚使ってもいいですよ。

理想は純正品だけどね

理想は純正品です。特に活性炭は地味に効果があります。それは明らかだと経験上思います。ロカボーイ各種のサイズの違いは要注意ですね。

これはロカボーイコンパクト。小さなプラストンも付属する。二つに分かれていて活性炭も入っている。もみ洗いすると破れて活性炭が飛び出すのが欠点。

ロカボーイ公式サイト

ロカボーイ本体(エアリフト式) | ジェックス株式会社
ジェックス株式会社では熱帯魚 観賞魚 金魚等のアクアリウム用品の製造販売を行っています。ロカボーイ本体(エアリフト式)の仕様・寸法・容量・重量などを掲載。
飼育
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
へことりch

ベタ・タナゴ・コリ・エンゼルが好きです。頑張って記事を書いています。ベタは、ギャラクシースマラグディナがいます。
スマラグディナの繁殖に成功して今どんどん大きくなっています。

へことりchをフォローする
九州アクア日和
タイトルとURLをコピーしました