鯉ベタの色変わり実例

この記事は約2分で読めます。

マーブルカラーのベタは色変わりする

このような赤メインの鯉ベタハーフムーンプラカットですが、飼育するうちにどんどん色が変わりました。

そもそも、ベタはよく色変わりします。例えば、ワイルドベタは婚姻色で急激に変化しますし、ショーベタも大きくなる途中でどんどん変化します。水槽の環境の影響も大きく、特にブラックウォーター化すると色変わりしやすくなります。

店で買ったような成熟個体も、家で飼ううちにどんどん色が変わります。

このように変化した

9か月後

およそ9カ月たった変化です。

尾びれの白やクリアカラーは完全になくなり赤一色に。

体の赤も明るい赤から黒っぽい赤に変化。

光沢のあるヒレはイリデと言われますが、イリデも時間がたつと消えていく場合がほとんどです。透明なクリアカラーもいずれ消えてしまいます。

このような変化はベタの楽しみではありますが、ほとんどの場合色がくすんでくると思われます。3色以上入っていたマーブルカラーのベタも色味が少なくなっていいずれ単色に近いベタに。

老化といえばそれまでですが、色が落ちても可愛いペットフィッシュの良さは残ります。餌をねだるし、一生懸命フレアリングします。寿命は3年ほどですが、年をとっても大事に飼育したいです。

ベタの色変わりについて
  • 多色なベタは色変わりしやすい
  • 泡巣を作るような婚姻期は色が派手になる
  • ブラックウォーターにすると色変わりする
  • イリデ、クリアカラーはいずれ無くなりやすい
  • 色変わりでさらにきれいになる場合もある

その他

2020年5月
2020年11月

この個体も赤は全部消えてしまった。今では黒になりつつある。急激に色が変化する。鯉ベタは特にこの傾向が強い。

参考サイト

第50回「ベタの体色変化」 | 魚づくりは水作り|水作株式会社
「魚づくりは水作り」水作株式会社では生活空間に自然環境を想像し、安らぎを提供する観賞魚飼育を提案します。
熱帯魚 飼育
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
へことり中学生

ベタ・タナゴが好きな現役中学生です。頑張って記事を書いています。ベタは、ギャラクシースマラグディナがいます。
スマラグディナの繁殖に成功して今どんどん大きくなっています。

へことり中学生をフォローする
九州アクア日和
タイトルとURLをコピーしました