熊本県、緑川水系(江津湖・浮島神社・周辺水路)にタナゴ釣りに行って釣れたのは?

この記事は約4分で読めます。

熊本県内に生育するタナゴの種類は?

まず、熊本県内のタナゴについて記載します。

タナゴ好きのバイブル「日本のタナゴ」によると以下のタナゴが生育しています。
県内では菊池川水系、緑川水系、球磨川水系、川内川水系と県内の主な水域に何かしらのタナゴが生育しておりー、最も生育範囲が広いのがヤリタナゴです。次にアブラボテ、カネヒラ、カゼトゲ、ニッポンバラ、セボシタビラの順となります。国内移入種のイチモンジタナゴは緑川水系に多く、セボシタビラは絶滅危惧種で飼育も販売も禁止されているとても珍しい種類となります。注意すべきはタイリクバラタナゴで県内に広く分布しており、熊本県でもニッポンバラタナゴとの混血が心配されています。

  • アブラボテ
  • ヤリタナゴ
  • カネヒラ
  • カゼトゲタナゴ
  • セボシタビラ
  • ニッポンバラタナゴ(タイリクバラタナゴと混血が進んでいる)
  • イチモンジタナゴ(琵琶湖より移入の国内外来種)
  • タイリクバラタナゴ(外来種)

まずは、江津湖へ

江津湖は凄いところです。熊本市内は湧き水が豊富な街でとてもきれいで冷たい川が流れており、江津湖はそのような川や水が集まるところです。

沢山の魚や生物が生育しており、水遊びのもできます。

遊歩道を歩きながら見かけた魚は、ウグイ、フナ、カワムツ、オイカワ、ムギツクでした。
近所の人が言うには、先日の大雨被害で流されたのか、タナゴは今の江津湖にはあまりいないとのことでした。あと、江津湖のタナゴは少し深いところにいるそうです。つあまり、岸からは見えないということですね。

※もし江津湖でタナゴを釣るならボート乗り場の桟橋が良いとの情報もあります。

キレイなエビモ

次男はここで水遊び。網でミナミヌマエビをたくさん捕まえていました。草を探ったらいくらでも獲れるとのことでした。

タナゴはいるのは間違いありませんが、初見では江津湖では釣るのは難しそうなので釣りポイントを探し移動します。

次に、浮島神社へ

オオカナダモ、ウォーターレタス

情報収集のために釣り人が多い浮島神社に行ってみました。とてもきれいな池で、ティラピアが悠々と泳いでいました。

フナ釣り?のお爺さんたちがたくさんいたので、タナゴのことを聞いてみましたが、ここにはほとんどいないとのことでした。まともな情報なしで、やはりタナゴは釣りのジャンルとしては相当マイナーなんでしょうね。

池ではなく、水路の方が釣れるだろうと教えてもらいましたが、タナゴはいずれにしてもあんまりいないから釣るのは難しいんじゃないか?みたいな感じでした。

オヤニラミは結構いるみたいで岸近くでみることができましたし、おじさんたちもオヤニラミなら釣れるよと教えてくれました。

ドローンでも撮影

トイドローンを飛ばして撮影してみました。
とても透明度の高い池ですが、季節によってはもっと透き通っているはずです。

水路を捜索

手前は特定外来種のオオフサモ、ウォーターレタスも多い。

イチモンジタナゴがいそうな水路を探して車を走らせますが、行き当たりばったりではやはり厳しいものがあります。数か所見た後に、小魚がいるところを見つけたので釣ってみました。

餌を付けて釣り糸を垂らすと、タナゴのアブラボテ、イトモロコ、カワムツ、タカハヤが釣れました。タカハヤは熊本市周辺の湧水池には高確率で生育しています。

ひとまずはタナゴが釣れてよかった

アブラボテは今年生まれた新子でしょう。アブラボテは食欲大せいでよく釣れますし、どんどん大きくなります。

我が家で稚魚時代から育てているアブラボテも同じくらいの大きさになってきました。

まとめ

熊本市周辺でイチモンジタナゴをつりたかったけど釣れませんでした。やはり旅行先で釣りのポイント探しは難しいです。
次に行くときはグーグルマップなどである程度目星をつけていくことにします。釣り付きの人に聞けば何とかなるかなと思っていましたが、タナゴは超マイナージャンル。

中々情報はありません。やっぱり自分で探せってことですね。

このエサお勧め。ちょっと作りたいときはやはり便利。

タナゴ 釣り
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
へことり中学生

ベタ・タナゴが好きな現役中学生です。頑張って記事を書いています。ベタは、ギャラクシースマラグディナがいます。
スマラグディナの繁殖に成功して今どんどん大きくなっています。

へことり中学生をフォローする
九州アクア日和
タイトルとURLをコピーしました