福岡のタナゴ水路の動画

この記事は約2分で読めます。

近所の水路を撮影

タナゴが群れになって泳ぐ水路-福岡県/水中映像
https://www.youtube.com/watch?v=49JXBC1BZJI

オズモアクションで撮影した水中動画になります。
泳いでいる魚のほとんどはタナゴの一種のアブラボテ。

他にもオイカワやカゼトゲタナゴらしき魚も見えます。水草はアナカリス、カボンバ、エビモが見えています。

動画の川は水深が低くて釣りにくいでですが、下流に行けば深くなるのでタナゴ釣りが楽しめます。

アブラボテの他にカゼトゲタナゴと、ニッポンバラタナゴがいます。
タナゴがこの川にいることは知っていましたが、ここまで多くのタナゴがいるとは知りませんでした。

大事に守っていきたい川です。

タナゴのいる川の特徴

タナゴがいる川には一定の特徴があります。それはあまり大きくないこと、かといって小さすぎないこと、年間の水量があまり変化しないこと、弱めの水流。

種類によって好みは違いますが、多少水がよどみつつも、それなりに奇麗。砂や泥があり、水草もちらほら。

ネットでタナゴがいる川を公表することはご法度らしいので、自分で見つけるしかありませんが、実際には現地に行かないとわからなと思います。いそうでも全然いなかったり、こんなコンクリートの川にはいないだろーというところにいたりします。

撮影カメラ

タイトルとURLをコピーしました