福岡県のタナゴ4種の水路紹介、釣りや罠

日本淡水魚

タナゴが生育する水路

うちの子供が家に転がっていた魚用の罠と虫取り網で毎日タナゴを捕獲しています。
最初はアブラボテやハヤばかりだったのですが、水路のつながりや地形をたどっていくと他にもタナゴが泳いでいる水路が見つかりました。

こんな家の近所で奇麗な色の入った魚が捕れるとは驚きでした。特にカゼトゲタナゴは美しい。気に入ったタナゴを水槽で飼っているのですが、60㎝水槽に入りきれないくらいまで増えていしました。なので今では即リリースしています。季節が4月に入ったことも関係しているかもしれませんが、100匹以上群れで泳いでいる様子も観察できます。水路自体はスルーしてしまいそうな何の変哲もないところなんですが、この田んぼの水路から集落内の区間がタナゴの楽園となっているようです。

場所は福岡県の筑後市から八女市にまたがる矢部川水系エリアです。
タナゴの聖地ともいわれる柳川の上流部にあたる地域です。

いまではタナゴ釣りの面白さにハマり家族で楽しんでいます。

福岡県に生育するタナゴの種類

タナゴハンドブックによると、福岡県に生育するのはアブラボテヤリタナゴカゼトゲタナゴカネヒラニッポンバラタナゴセボシタビラの6種類です。そのうち5種がこの水路に生育していました。
セボシタビラは特定希少種で飼育や捕獲が禁止されています。もっとも珍しいタナゴですが、今のところこの水路では見つかっていません。さらに下流域にはいるそうですので、ここにいても不思議ではないのかなと思います。

福岡県のこの水路で捕れるのは以下の種類

アブラボテ

アブラボテは数が多い
アブラボテは黒っぽく、ヒレが少しオレンジや赤に色づきます。背びれの下に段が付いたように盛り上がっています。

この水路群ではアブラボテの数が多く、この4月だけでも100匹に迫る数がとれました。場所によってはアブラボテばっかりの時が多いです。とても縄張り意識が強い魚で、水槽に入れると小さなアブラボテが自分の何倍も大きいオイカワを追い払ったりします。

カゼトゲタナゴ

オレンジと青が美しいカゼトゲタナゴ

水槽に入れると群れて泳いで奇麗~。サイズ的には少し小さいのですがとにかく美しい魚。この水路には大量にいます。

ヤリタナゴ

ヤリタナゴと雄と雌
ヤリタナゴの婚姻色。おなかが黒いのは短時間で消える。

ヤリタナゴはこの水路群では比較的珍しい種類です。体高が低めなのですぐ見分けがつきます。オスは婚姻色が出ますが、メスは白銀色をしておりシンプルな美しさがあります。筑後川水系だと浮羽方面はヤリタナゴが多いとのことでした。

ニッポンバラタナゴ

近所の水路にはニッポンバラタナゴもいます。全国的には大陸バラタナゴとの混血が心配されていますが、詳しい人に聞いたところこの地域にはタイリクバラタナゴはいないとのことでした。バラタナゴはここではサイズが小さいのが多いようです。大きいのは警戒心が強く獲れません。

雑種タナゴ

雑種とか交雑といわれるタナゴも生育しており、時折捕獲できます。

ヤリタナゴとアブラボテの雑種はヤリボテ、カゼトゲとアブラボテはカゼボテなどと言います。これらの雑種は子孫が残せる場合と残せない場合があるようですが、雑種の子孫はどちらかの種類に近い容姿のタナゴが生まれて、その子たちはどちらかの種類に戻っていくそうです。

カゼトゲとアブラボテの雑種のカゼボテ

水槽の様子

貝はイシガイ。水槽を外に置き、コケ生やして掃除してエサにしている。うまく飼育できるのか?手持ち本には餌をつぶして上に振りかけたらいいとも書かれている。

タナゴの捕獲方法

お魚キラーという罠

お魚キラーとおいう罠も購入してみました。小さい魚を捕るにはぴったりの罠です。お魚キラーという強烈なネーミングですが、穴が大きく開きっぱなしなのですぐ逃げられます。最初は全然捕れませんでしたが、運が良ければ20匹以上入るときがあります。コツとしては石を入れて沈ませることと、入り口出口を意識して置くことです。餌は味噌や魚のエサ、ドックフードなど。一番入ったのはドックフードを使った時でした。

またタナゴは網でも捕れます。ガサガサして一番捕れるのはエビですが、タナゴもよく捕れます。

タナゴ釣りの道具や餌

伸ばしたら120cmになる竿。道糸は2mくらいで。

タナゴ釣りは熱心なファンの人もいて、釣り人どうしで釣り場情報を交換しているようです。名人の人は婚姻色が最も出る時期を狙って釣るそうで、例えばカネヒラだと8月に釣るなどの話を聞きました。
小魚ゆえにの難しさや楽しさがある釣りですが、釣り場さえ見つけてしまえば釣りあげるのは簡単です。仕掛けは小物用で繊細ではありますが、理屈は単純です。6歳児でも釣れました。ただし、狙った種類を釣るのは難しいです。餌やポイントを変える必要があります。

短い竿と小物用の仕掛けセットを数個買えば始められます。合わせて3000円あればネットでそろいます。
ウキや針をさらに繊細なものにすれば、釣りあげる率も上がるようです。餌は黄身練り(卵の黄身と小麦粉)で十分ですし、手軽なのは市販のタナゴエサです。注意すべきは餌の付け方。針先に極わずかつけてください。たくさん餌に群がるのですが、餌が大きすぎるとなかなか食いつきません。

誰でもつれるタナゴ仕掛け

お手軽なのは作成済みのタナゴ仕掛け。短い竿で釣るので根ががりしないのでどんどん消費することはありません。
タナゴ専用の針は専用なだけあり、タナゴの小さい口に適しています。針を変えただけで釣りあげる確率が上がります。お勧めは匠技紅虹隣タナゴ。
100円ショップの竿や仕掛けでも可能です。

  • 竿は川幅に合わせて1.2mから3m
  • 道糸は0.6号(細くて絡みやすいと思う場合はもう少し太くてもok)
  • ウキは小型のハエウキ(丸いのはダメ)
  • ガン玉でもいいが板オモリでウキが水面からわずかに出るくらいに調整するのがベスト
  • ハリスは3cmから5cm 0.4号
  • 超小型ハリス止めがあると便利
  • 超重要な針はタナゴ用がベストで新半月極小


まとめ

こんな身近にタナゴがたくさんいてビックリ。今のところ飼育は順調です。
何か動きあれば追加記述します。

あと、やながわ有明海水族館も良いところですよ。掘割にはたくさんタナゴがいます。タナゴハンドブックという本は小さいですが、一通りのことが書かれていて自分の県にどんなタナゴがいるかが調べられるので良いと思います。飼育方法や釣り方なども記載されているのでタナゴ好きは持っていて損しない本です。

ほかに川で捕れたのはムギツク、オイカワ、コイ、ミナミヌマエビ、スジエビ、ミゾレヌマエビ、ドンコ、メダカ、すっぽん、ザリガニなど。

タイトルとURLをコピーしました