福岡県(九州)のタナゴ5種の水路紹介、釣りや罠

この記事は約9分で読めます。

タナゴが生育する水路

うちの子供が家に転がっていた魚用の罠と虫取り網で毎日タナゴを捕獲しています。
最初はアブラボテやハヤばかりだったのですが、水路のつながりや地形をたどっていくと他にもタナゴが泳いでいる水路が見つかりました。

こんな家の近所で奇麗な色の入った魚が捕れるとは驚きでした。特にカゼトゲタナゴは美しい。気に入ったタナゴを水槽で飼っているのですが、60㎝水槽に入りきれないくらいまで増えていしました。なので今では即リリースしています。季節が4月に入ったことも関係しているかもしれませんが、100匹以上群れで泳いでいる様子も観察できます。水路自体はスルーしてしまいそうな何の変哲もないところなんですが、この田んぼの水路から集落内の区間がタナゴの楽園となっているようです。楽園とはいっても、非常に狭いエリアであり、少し離れるとアブラボテしかいません。

場所は福岡県の柳川市、筑後市、みやま市、八女市にまたがる矢部川水系エリアです。
タナゴの聖地ともいわれる柳川の周辺部になります。

いまではタナゴ釣りの面白さにハマり家族で楽しんでいます。

福岡県に生育するタナゴの種類

久留米のクルメウスという施設で見つけた説明

タナゴハンドブックによると、福岡県に生育するのはアブラボテヤリタナゴカゼトゲタナゴカネヒラニッポンバラタナゴセボシタビラの6種類です。そのうち5種がこの水路に生育していました。福岡県は全国的にもタナゴの種類が多い地域にはなりますが、どこにでもいるわけではなりません。主に、遠賀川、筑後川、矢部川水系が種類が多い地域になります。

特にカゼトゲ・ニッポンバラ・セボシタビラは全国的にも貴重なタナゴです。ニッポンバラは学名でクルメウスと名付けられているほど福岡とゆかりのある種類です。

セボシタビラは特定希少種で飼育や捕獲が禁止されています。もっとも珍しいタナゴですが、今のところこの水路では見つかっていません。さらに下流域にはいるそうですので、ここにいても不思議ではないのかなと思います。

福岡県のこの水路で捕れるのは以下の種類

アブラボテ

アブラボテは数が多い
アブラボテは黒っぽく、ヒレが少しオレンジや赤に色づきます。背びれの下に段が付いたように盛り上がっています。

この水路群ではアブラボテの数が多く、釣ったらまずアブラボテが釣れます。場所によってはアブラボテばっかりの時が多いです。とても縄張り意識が強い魚で、水槽に入れると小さなアブラボテが自分の何倍も大きいオイカワを追い払ったりします。

カゼトゲタナゴ

オレンジと青が美しいカゼトゲタナゴ

水槽に入れると群れて泳いで奇麗~。サイズ的には少し小さいのですがとにかく美しい魚。九州の至宝といわれる美しいタナゴです。アブラボテに交じって泳いでいます。6月ごろが最も婚姻色がきれいな時期です。水槽ではとても温厚です。よくいじめられます。

ヤリタナゴ

ヤリタナゴと雄と雌
ヤリタナゴの婚姻色。おなかが黒いのは短時間で消える。

ヤリタナゴはこの水路群では比較的珍しい種類です。体高が低めなのですぐ見分けがつきます。オスは婚姻色が出ますが、メスは白銀色をしておりシンプルな美しさがあります。婚姻色の美しさは必見です。ボテと一緒のところで釣れることもあります。
少ないとは言っても、結構いろんところで釣れるので、珍しくはありません。場所によってはよく釣れる時があります。特に水流があるところで婚姻色のシーズン。

ニッポンバラタナゴ

婚姻色が美しいバラタナゴ5月から7月くらいまで

この水路にはニッポンバラタナゴもいます。全国的には大陸バラタナゴとの混血が心配されていますが、詳しい人に聞いたところこの地域にはタイリクバラタナゴはいないとのことでした。しかし、福岡県内では純粋なニッポンバラとても少ないとのことです。この水路はスイートスポットのようにタナゴの楽園化しているので今も純血がの残っているようです。

カゼトゲタナゴと雰囲気が似ていますが、婚姻色や肩の光具合で判別可能です。釣れることは稀ですが、場所により沢山います。流れのない澱んだ水路がお好みです。目や口が目に色で綺麗ですが、婚姻色がない時期やメスは結構地味です。ナワバリを主張する魚で、婚姻色の雄は追っ払うのにひたすら忙しい。産卵管が長く、大きめの二枚貝に産卵します。

九州には外来種のタイリクバラタナゴもいますが、タイリクバラタナゴは腹びれを見ると白い線があります。

カネヒラ

カネヒラのペア
大きさと美しさはトップクラス

カネヒラは、水流を好む種類ですがニッポンバラと泳いでることもあります。
お気に入りの場所があり、餌を流すと釣れますが、ボテが邪魔をしてきます。春までは水草の影などおとなしいですが、8月になると急に活動が活発になり釣れるようになります。オスはその大きさと婚姻色から川でも判別可能です。

産卵期は夏から秋で卵は冬を越して翌年の春ぐらいに浮上します。
草食性で水草を食べてしまうので、食べられてもいいなら水草を入れてもいいですが、食べられたくないなら、入れない方がいいです。アナカリスを入れておくと一日で丸裸にするくらい食べます。
気性は荒く、小さい水槽では飼わない方がいいです。飼うならカネヒラばかりで飼うのがいいのかもしれません。

我が家では飼うというより狙って釣って楽しむ魚。

雑種タナゴ

雑種とか交雑といわれるタナゴも生育しており、時折ゲットできます。

ヤリタナゴとアブラボテの雑種はヤリボテ、カゼトゲとアブラボテはカゼボテなどと言います。これらの雑種は子孫が残せる場合と残せない場合があるようですが、雑種の子孫はどちらかの種類に近い容姿のタナゴが生まれて、その子たちはどちらかの種類に戻っていくそうです。交雑はオスしか生まれません。

カゼトゲとアブラボテの雑種のカゼボテ

福岡でのタナゴが釣れるポイントってどこ?

福岡県内ではタナゴが釣れるのは遠賀川水系、筑後川水系、矢部川水系が主な地域になります。釣れるポイントを自力で探すのは大変です。生育はするものの、釣るにはある程度数がいないと釣れませんし、水深や水流、アプローチの問題もあります。いそうな地域を見つけて、グーグルマップで目星をつけておいて実際に探すことになります。ヒントとなるのは二枚貝の存在です。そこが泥でなく、砂礫で少し流れがあるところにイシガイなどの二枚貝が生育しています。そのような場所近くやつながった水路でタナゴは釣れるはずです。住宅地付近や住宅街の真ん中のケースもあります。

県内でタナゴを釣ってみたい場合に、まずお勧めできる地域は柳川市周辺です。水路が多いですし、確実にタナゴはいます。ヤリタナゴかアブラボテなら釣れる可能性はとても高いです。

水槽の様子

貝はイシガイ。この水槽は屋外に置いているんので餌の珪藻がわくので飼育は問題なくできる。室内の場合は長生きは難しいので水槽に入れない方が良い。3カ月くらいで死ぬ。もし入れる場合はやはり屋外で飼うか、室内では繁殖用のに別水槽を用意して専用のエサをあげながら飼う必要がある。

タナゴの捕獲方法

お魚キラーという罠

お魚キラーとおいう罠も購入してみました。小さい魚を捕るにはぴったりの罠です。お魚キラーという強烈なネーミングですが、穴が大きく開きっぱなしなのですぐ逃げられます。最初は全然捕れませんでしたが、運が良ければ20匹以上入るときがあります。コツとしては石を入れて沈ませることと、入り口出口を意識して置くことです。餌は味噌や魚のエサ、ドックフードなど。一番入ったのはドックフードを使った時でした。

またタナゴは網でも捕れます。ガサガサして一番捕れるのはエビですが、小さいサイズならタナゴもよく捕れます。

タナゴ釣りの道具や餌

伸ばしたら120cmになる竿。道糸は竿の長さで。竿の長さは90㎝が最も使いやすい。

タナゴ釣りは熱心なファンの人もいて、釣り人どうしで釣り場情報を交換しているようです。
小魚ゆえにの難しさや楽しさがある釣りですが、釣り場さえ見つけてしまえば釣りあげるのは簡単です。仕掛けは小物用で繊細ではありますが、理屈は単純です。6歳児でも釣れました。ただし、狙った種類を釣るのは難しいです。餌やポイントを変える必要があります。

短い竿と小物用の仕掛けセットを数個買えば始められます。合わせて3000円あればネットでそろいます。
ウキや針をさらに繊細なものにすれば、釣りあげる率も上がります。ぜひ、タナゴ用の針を準備しましょう。餌は黄身練り(卵の黄身と小麦粉)で十分ですし、ミミズでもよく釣れます。手軽なのは市販のタナゴエサです。注意すべきは餌の付け方。針先に極わずかつけてください。たくさん餌に群がるのですが、餌が大きすぎるとなかなか食いつきません。

誰でもつれるタナゴ仕掛け

お手軽なのは作成済みのタナゴ仕掛け。短い竿で釣るので根ががりしないのでどんどん消費することはありません。
タナゴ専用の針は専用なだけあり、タナゴの小さい口に適しています。針を変えただけで釣りあげる確率が上がります。お勧めは匠技紅虹隣タナゴ。
100円ショップの竿や仕掛けでも可能です。100円の仕掛けと使うばあいは、針だけタナゴ用にすれば釣れます。

  • 竿は川幅に合わせて1.2mから3m
  • 道糸は0.6号(細くて絡みやすいと思う場合はもう少し太くてもok)
  • ウキは小型のハエウキ(丸いのはダメ)
  • ガン玉でもいいが板オモリでウキが水面からわずかに出るくらいに調整するのがベスト
  • ハリスは3cmから5cm 0.4号
  • 超小型ハリス止めがあると便利
  • 超重要な針はタナゴ用がベストで新半月極小


まとめ

こんな身近にタナゴがたくさんいてビックリ。今のところ飼育は順調です。二枚貝は野外水槽なら簡単に飼えますが、室内の水槽では死んでしまいます。飼わない方がいいです。

タナゴ釣りはとっても面白いのですが、問題は釣り場です。釣り場を見つけやすいのは3月から5月のあいだ。

7月に入ると梅雨や田んぼの管理で水路の流れが変わったりして、春に沢山見つけたタナゴが全くいなくなったりします。

タナゴハンドブックという本は小さいですが、一通りのことが書かれていて自分の県にどんなタナゴがいるかが調べられるので良いと思います。飼育方法や釣り方なども記載されているのでタナゴ好きは持っていて損しない本です。

ほかに川で捕れたのはムギツク、オイカワ、コイ、ミナミヌマエビ、スジエビ、ミゾレヌマエビ、ドンコ、メダカ、すっぽん、ザリガニなど。

タナゴ 日本淡水魚 自然観察ネタ
スポンサーリンク
プロフィール
へことり中学生オトコ
Kazetoge

ベタ・タナゴが好きです・ベタは、ギャラクシースマラグディナがいます。
スマラグディナの繁殖に成功して今どんどん大きくなっています。
タナゴは数種を育てていますが、カネヒラの天然ゴールドを釣ったので飼育していて繁殖させたいです。

Kazetogeをフォローする
九州アクア日和
タイトルとURLをコピーしました