ここ一年間に公開した記事のアクセス数を調べたら意外な記事が1位

8 分で読めます。投稿から 3週間。最終更新から 2週間経過。
この記事の作成に約 118 分かかりました。

このブログはスラックラインのブログですがいくら記事を書いてもアクセスが増えません。

なのでここ一年に公開した記事で調べてみました。
すると、意外な記事が一位。

複雑すぎる。

1週間の合計アクセス数をランキング形式で紹介。

第11位、週23PV

どうでもいい無駄知識かもしれませんが、バールベックの巨石さえ動かせるはずの技術です。プーリーを使ってラインを張るときにはこれらのレイアウトが必要不可欠。物量を駆使すればさらに楽?かどうかは自分で道具をそろえて張ってみない...

スラックライナー以外にも有用な記事だと思うけど需要無し。

週間PVが23ということは一日当たり3くらい。

とわいえ、一年に公開した記事はちょうど50なので、残りの39個の記事はこれ以下。
半数は0PV。つまりもう誰も見ていない。

第10位、週27PV

プーリーシステムの起点地道にロングラインに使う情報を追加していきます。プーリーシステムのロープの起点はプーリーに直接結ぶか、シャックル、クリックリンクにループを作って結びつけます。結び方はエイトノットが使われることがほと...

たぶん、結び方の名前から検索で飛んでくる人がいるんだと思う。
詳しくは不明だけど、スラックライナー以外の人。

第9位、週29PV

プーリーとは?プーリーとは滑車のことです。 これを使えば人間の力を何倍にもすることができます。通常なら人間は超がんばっても自分の体重くらいの物体しか持ち上げられません。 しかしプーリーをうまく使えば、車でさえ浮かせら...

プーリー買うのに悩んでる人いたらと思って書いたけども、見てくれる人少なし。
ジャンルが特殊すぎるからでしょう。

第8位、週38PV

2018のスラックライン大会、イベント2017は1on1形式のギボンカップなどの大会、ISIのポイントで順位が決まるワールドカップ、新しく始まったユキミカップや全日本選手権などなどがありました。2017は世界レベルの大会と、気軽...

どのページにもリンク張ってるので見る人が多い。
多いといっても、一日に5人ほどだけど。

第7位、週45PV

スラックラインを歩く「奥の手」というか「技術」「テクニック」ともいえる手法を12個紹介します。歩き方とっておきの奥の手ぜひためしてみてください。 もう少しで歩けるのに!というときにぜひ。上級者も初心者にも通用します。 ...

歩き方のコツ気になりますよね。

でもこのエントリーで紹介しているのは、基本とは外れているのであまり参考にならないような・・。
特に初心者の方。

本当は教えたくないとか書いてたらそりゃ気になるという心理を利用したブログ常套手段に乗っかった記事。

第6位、週51PV

スラックライン選びのポイント まずは、スラックライン選びのポイントからを説明していきます。どう使うか?とりあえず体験したいのか? 乗って笑えればokなのか? 派手なトリックなどに挑戦したいのか? リア充アピールの...

お勧めスラックラインを紹介した記事。

果たしてこのブログ経由でアマゾンに飛んだ人はどのメーカーのラインを買っているのか?
この30日間で売れた数を調べてみました。

マカコ6本、ギボン各種5本、ドッペルギャンガー1本、その他ノーブランド1本
マカコ(キツネザル)が人気ですね。ギボンも健闘。
全国的に見てもここ一年の販売シェアはマカコ高そうです。インスタとかでもよく見るし。マカコは特に推してないのですが、手頃な値段でレビューも多いからかな。

30日間で合計13本。

紹介料は微々たるものですが、リンクを介して買ってくれた方本当にありがとうございました。

第5位、週62PV

急遽思い立って日向神渓谷キャンプ場へ 15時ごろにキャンプに行こうということになり、息子二人連れた計三人で出発。 去年の今頃行ったグリーンパル日向神キャンプ場へレッツゴー。自宅からは夢たちばなキャンプ場が最も近くいですが、あそこ...

スラックラインとは関係性が低いキャンプ場記事がランクイン。

我が家から二番目に近く、県内一のロケーションのお気に入りキャンプ場。

グリーンパル日向神キャンプ場です。
この辺りはクライミングもできます。ダムの上ね。

第4位、週70PV

まず、初めに書きます。 東京の公園で本格的にスラックラインでするのは厳しいかもしれません。短めラインをに家族規模で張るくらいなら可能なようですが、例えば少し人数集めて集まったり、マットを引いて本格的にトリック練習するという...

ちっぽけなブロガー魂で無理して書いた記事。紹介件数が少ない見られるのも恥ずかしい残念な記事。

このブログのアクセスの38%は関東からのアクセスです。
38%ってほぼ4割が関東、東京都は24%もアクセスあるのにスラックラインスポットが少ないのはもったいない。

東京に常時無料で初心者から上級者まで楽しめるスポットとかあれば大繁盛間違い無し。

24%という数字が示していると思います。

東京24%
神奈川10%
埼玉2%
千葉2%

第3位、週82PV

2017年8月28日にオープンした愛知県名古屋のスラックラインパーク「ガンバデ」の情報がそろってきました。 国内最長常設20mのトリックラインと広々マット、ボルダリングやトランポリンもできる屋内複合スポーツ施設となっています。さっ...

行ったことないけど話題性があったので去年書いた記事。
名古屋のガンバデ。

こういう、記事がアクセスは稼ぎやすいのは事実。
誰でも書けます。

ガンバデさん有難う。
もちろん、各地のスラックラインスポットめぐって記事にしたいという願望はあります。

が、すっかり引きこもりスラックライナーかも。

スラックトリップしたいなぁと思いつつ、近所で済ましてしまう。

第2位、週101PV

公園の樹木を見分けてみよう いつもスラックラインの歩き方を読んでいただきありがとうございます。突然ですが私、日本自然保護協会の自然観察指導員でもあります。10代のころから会員で、その後指導員にも登録しました。指導員は講...

週101PVはお勧めの植物図鑑の記事でした。

Facebookでシェアしても20人くらいしか見に来てくれないというスラックライナーには不人気だった記事。

スラックライナーは樹木にはあまり興味ないみたいですね。
樹木の種類が判別できればスラックラインの楽しみも増えるとおもうんだけどなぁ。

普通の人が検索で見つけてくれて嬉しい。

第1位、週111PV

混雑知らずの広大なキャンプ場、その名は菊池高原ファミリーキャンプ場今年のゴールデンウィークは何しようかね。どこか行きたいけど子供二人の計四人になれば旅館やホテルは高い。 かと言って日帰りドライブは特に行きたい所も思い浮...

アクセス1位はなんとキャンプ場紹介記事でした。
1位とはいえ、一日のアクセス数は約16しかない。

ここ一年間に公開した記事で一番人気記事の一日のPVは16しかないという悲しい現実。

この一年、このブログはなにやってたんだ。

というか、スラックラインの記事じゃないじゃん
ここはキャンプ場としてはマイナーなのにこんだけアクセス稼げるとか。

どんだけキャンプ記事は優秀なんだ。

いろんな意味で恐ろしい。

アクセス少ないのはどんな記事?

この上で紹介していない記事はどれも週のアクセスは10以下。
そして半分は一日に0PV。

どんな記事があるのかトップページからさかのぼってみてください。のこりの39個が見れます。

最も不人気で週間PVが0だったのはこれらの記事。
今自分で読み返しても面白いんだけど、需要は無いよねぇ。

ブレーキは前でも使えるプーリーシステムのブレーキは前においても大きな問題があるわけじゃありません。絡まって伸ばしにくいスラックジャッは本来はブレーキ後ろで使うのですが、自分は逆にして前ばかりで使ってます。 こいつは...
夏からハマっている窪地の公園に久々に行きました。 この公園では前回までは33mのサグ4mを張ってあれやこれや歩いたのですが、63mクラスに挑戦。今回張ったのは長さは2倍になりますが、サグ(ラインの最大沈みこみ)は0.5mほど少...

アクセス多いのは?

今回アクセス数を紹介しているのはあくまでここ一年間に公開した記事について。
なので、一年以上前に公開した記事は無視しています。

スラックラインとはベルト状のラインの上を歩いたり飛んだりする綱渡りスポーツのことです。 公園やテレビなどで見たことある人も多いかもしれません。このスポーツは単純ですので、今ではスラックラインキットを購入すればすぐに始められ...

ブログ全体ではこの記事が一番アクセスが多いです。

月:3,041 週:515 日:53

まとめ

数年前から新規にスラックライン記事書いてもアクセス増えないのは理解してました。
新規に記事書いて、FBでシェアすれば多ければ100人くらい多ければ見に来てくれますが、その後は毎日0か1。

スラックラインに関するコアな記事って一般需要は無いんです。
検索キーワードも狙いが付けづらい。

初心者用か、話題性のあるスポットや人物の記事がアクセスが多い。

このブログには900に迫る個別記事がありますが、90%以上の記事が毎日アクセス0。

アクセス増やすには初心者記事を増やすことはもちろんですが、他の分野の記事もどんどん書いていくしかない。例えばキャンプ場記事。

しかし。
スラックラインの有用なコンテンツを新規に、そしてリピートしてくれる人が増えるようにという観点で、計算フォームも頑張って作ったけどこれがまたまた需要無し。

世界中からアクセスを集めること目的に英語で書いた結果、ここ一週間のアクセスはゼロ。公開から10か月ほどで130回しか表示されていません。
これは泣きたい。ニーズを把握しきれていなかったと言えるでしょう。

Slackline Tension Calculator You can input quickly with a smartphone. Of course it is also possible on PC.Calcul...

↑全体:131 月:32 週:0 日:0

超高性能で世界中探しても同様のページは無いプーリー効率計算ページもお察し。

You can calculate the mechanical advantage of the pulley system by considering friction.

↑全体:845 月:37 週:5 日:1

この計算って面白いんですよ。例えば、プーリー使わずにカラビナで折り返したらどうなるだろうかとか・・・。画像付きで一目で倍数判別もできるし。

しかしまぁ、無意味といえば無意味。

まとめのまとめ

1年間に公開した記事で一番人気は熊本県内のキャンプ場を紹介した記事でした。
2番は樹木の本を紹介した記事。
3番はガンバデ。

1と2はスラックラインと関係ないし、3番は情報をまとめただけの記事。

ブログの質が低いとか、ニーズを満たしていないというのも思い当たるので、めげずにスラックラインに興味がある人が繰り返し訪れてくれるようなブログ目指してみようと思います。

他の分野も書いていきたい。

もちろんスラックラインにも乗っていきますよ。

今日も乗りました。

スポンサーリンク
レクタングル大