スラックラインリサーチでスラックティビティSLACKTIVITY製品が買える、気になる6アイテムを紹介

11 分で読めます。 投稿から 2年。最終更新から 1年経過。
この記事の作成に約 160 分かかりました。

スラックティビティ製品が買えるようになりました。
日本を代表するスラックライナーであるGappaiが4月末より本格的指導させたサイトであるスラックラインリサーチで買えます。

スラックラインリサーチといえばYOUTUBEチャンネルで動画も出されていたので水曜日を楽しみにしていた人も多いはず。

スラックラインのことなら
スラックラインリサーチ公式サイト。スラックラインに対する圧倒的な知識と経験を誇るスラックラインリサーチ(Slackline Research)。スラックラインのことならお任せ下さい。
スポンサーリンク

スラックティビティ(SLACKTIVITY)とは


SLACKTIVITYとは、オランダ人のTobias Rodenkirchとスイス人のサムエルの二人が立ち上げたメーカーです。
特にサムエルの方は今現在世界最高のハイライナーといっても過言でないほどのスラックライナー。

目玉商品はカラビナとラインスライダーが一体化したハングオーバー、そしてハングオーバーリギングに最適化されたラインロッカーであるシーホース。

そのメーカーの製品をGappaiこと大杉徹が代理店として販売しているってことです。

1インチラインが今後日本で徐々に普及してくることは間違いない!

いくつか注目商品をピックアップ

ハングオーバー

・スラックアンカー
※現在在庫切れで9月上旬に在庫が戻ります。 スラックアンカーを使用することで、樹木を使用せずにスラックラインが設置可能になります。 軽量かつ高強度のスラックアンカーで設置の自由度が飛躍的に増します。 自宅のお庭や公園など地面に杭を打ち込める場所であれば設置が可能! 地盤が緩い場所では使用出来ない場合もあります。 また複...

ラインスライダーと呼ばれるライン用のプーリーとカラビナが一体化したアイテム。
その手軽さと扱いやすさから特にハイラインの分野で人気となった逸品である。それまでのプーリータイプよりもボルトがない点でハイラインでは安全性も高い。

主な使用方法は2つある。
ライン上を滑るラインスラーダーとして、プーリーのように折り返に使うライン用プーリーとしての2つ。

滑らかに回る高品質ベアリングははめ殺しで交換不可能なので錆びには注意したい。
海辺で錆びる欠点を克服したステンレスバージョンもある。
川や海で張る人はステンレスがいい。

ベアリングのサイズは19mmとなっておりそれまで一般的だった22mmよりもサイズダウンしている。
ちなみにランクルのハイスライドは22mmでボルトで付け替えもできる。だけど人気は断然ハングオーバーの方にあるようだ。

シーホース

・シーホース DP
「シーホース」は開発に2年を要した高性能ウェブロックです。最も効率的なプリテンションが可能になる様に設計されています。また、数々のテストを繰り返し「ハングオーバーシステム」に最適な形状になっています。航空機にも使用される超々ジュラルミンを使用することで高強度、低重量を実現しました。そして市場で最も軽量な15:1システム...

世界で最も高スペックなウェブロック(ラインロッカー)。
アルミの削り出し。
ダイバータ部分も一体化しており、僅かなスキマにラインが挟まることもない(高テンションや歪んだ場合に挟まることがある)。

ダイバータの穴はアンカーポイントとしても使える。
中空ダイバータの穴はスリングやロープを接続することもできる。
例えばハングオーバープーリーシステムを使用する際にスリング経由でハングオーバーを接続することなどが可能となる。ハイラインの予行練習としてロープをライン下にテープ止めする場合などもこの穴が使える。
ただし、シーホースをアンカーと直接固定するためには使えない(ラムロックのような感じは×)。

アンカーとの接続は最も汎用性がある方式。ソフトリリースも接続可能。

接続は個人的にこの形がもっとも理想的と思っている。ショートスリングで接続するか、そのままダイレクトに接続するかが選べ、しかもボルトがすぐ抜ける方式。もっとも汎用性が高い。
欠点という程ではないが、通常接続はショートスリング経由になる。縫製品ということで強度のボトルネックになるがよほど劣化しない限り強度は問題ない。

ハングオーバーリギングとの相性も抜群で、テンショニング時にはラインの抑え込みが少なく(副作用としてノーテンションラインは風で緩んだりする可能性あり)、カタツムリの角のような部分は緩んだ時もラインがロッカーからはみ出さない役割を持つ。

高価だけどラインロッカーの決定版ともいえる。
憧れの品。

プリミティブ50m

・プリミティブ セット / "THE YOGA"
「プリミティブスラックラインセット "THE YOGA"」は手軽にロングラインを楽しめるスラックラインセットです。非常に完成度が高く、あらゆるニーズに幅広く対応出来ます。軽量かつスピーディーな設置が魅力!ロングラインをはじめたい方にオススメです!女性の方でも十分にテンションをかける事ができます!下記の実験結果をご参照く...

プリミティブというカラビナによる倍力・セルフロッキングを行う張り方。
ラインを使って張るので道具はシンプル。強いテンションは確保できないので緩め高めラインとなる。

このセットはテンショニング用に高効率のハングオーバーを使うことで張れる距離が伸びて40m程度まで張れるというコンセプトなはず。

確かにテンションは緩めのセットにはなるが、アンカーの高さや張りの強さでかなり遊べるこの長さのレンジ帯はかなり奥が深く極めるのは一筋縄ではいかない。死ぬまで遊べる。

セットになっている道具自体は発展性があり、今後様々な使い方ができる。カラビナはスチールでツイストロック。

ラインの伸び率はアンカーの高さと張りの労力にダイレクトに関係するので、組み合わせるラインは最も伸びないマラソンがベストマッチかな。

サイトには40mラインの高さやテンション量などの記載があるので参考にどうぞ。
動画も公開されました。

スラックライン初心者必見、ロングライン設置解説!プリミティブ編!SRTV011
30mセットもあるけど、プリミティブと割り切るなら30mでも楽しめそうです。
30mセットならより伸びるナイロン素材のピンクチューブが選べるので、自分ならピンクチューブのプリミティブセットが一番気になります。

20m~30mでアンカー高2.5mのナイロンラインはスラックラインの難しさが凝縮されていますから。

・プリミティブ セット / "THE SURF"
「プリミティブスラックラインセット ザ サーフ」は倍力システムを学ぶ上でも、ロングライン技術を磨く上においても最適なスラックラインセットになります。ロングライン初心者から上級者まで幅広くご使用していただける、オススメのセットになります。軽量なプリミティブセットは持ち運びにも便利です。 女性の方でも十分にテンションをかけ...

1インチラインのマラソン

・マラソン
「マラソン」は、最高のウォーキング体験を提供する為に設計されました。これからスラックラインを始める方、より長い距離に挑戦する方にオススメです。Slacktivity (スラックティビティ)のプロライダーであるサミュエル・ボレーは「マラソン」によってハイライン、ロングライン、ウォーターラインと多くの世界記録を打ち破りまし...

ラインとしては新世代に位置するマラソン。
エッジが柔らかい3層構造。コアやエッジで伸縮性に違いがあるためか、素の状態のライン本体にシワができるのが珍しい。

伸び率は低めで厚いが、重さはミドルクラス。

世界記録を何本も打ち立てたたのも納得できる。
気持ちよく歩けるでしょう!

100mで2.5万円という価格。
安いです。
レギュラー商品でもこの価格で1インチラインが買える時代がついに日本にも来たって感じ。

こんなに安けりゃ個人輸入する必要ないやん。
今後1インチでスタンダードなラインになりそうな気がします。

ピンクチューブ

・ピンクチューブ
「ピンクチューブ」はハイライントリックの新たな基準を確立しました。2017年スラックティビティのYOUTUBEチャンネルで殆どのハイライントリックで使用されています。ウェビングは、基本的にウェブロックとよばれる「シーホース」「シーホース DP」によって固定されますが、「ピンクチューブ」スウェンループ加工によりスタティッ...

ピンクチューブなのにピンクじゃないと世界中で突っ込まれたであろうラインです。

レッドチューブというナイロンチューブラーの軽量版。
より伸びる。ローテンションでも体重で伸びまくる玄人好みのライン。

売られているのは長さは30m。
このラインを自由自在、上下左右そして前後にスイングできたとしたら世界レベル。そう、このクラスの超伸びるラインは緩く張ると前後にも揺れるのです。

スナッチ

・スナッチ
ロシア「COUZ Slackline」製ライングラブ。軽量、コンパクトかつシンプルな構造で高強度を誇るライングラブ。 ハングオーバーシステムとの相性も抜群。低いテンションが主流のロングラインでは5kN以上のテンションをかけるケースは少なく、これさえあればテンショニングシステムを取り外せる優れもの。ミニマリストには必須ア...

スラックラインリサーチの隠し玉
高価なライングリップではなく、スナッチ。

あまり使っている例はないけど実用レベルと判断されて売られているんでしょう。
ナイスアイデア。

もちろんライングリップ社のライングリップも売られています。

送料・支払いなど

商品重量で送料が変化します。600円から3600円。
商品ページの送料をクリックすれば個別に設定された送料が確認できます。

複数の商品がある場合は最も高い商品の送料が適用され、ウェビングは合計で送料が変化するそうです。

支払いはクレジットカードか銀行振込み。

まとめ

今回紹介した商品以外にも気になる欲しい道具はありました。
可変スリングとか。
ソフトリギングとか。

自分はもう持ってるけどツイストシャックルやソフトリリースが買えるショップという点でもスラックラインリサーチは価値が高い。

ラインはマラソン乗ってみたい。
個人輸入してた身からしたらびっくりするぐらい安いですよ。ラインが。
ラインがお買い得なのは間違いありません。

今後ハングオーバープーリーシステムも本格展開してくるのかな?

んで、買ったの?

まだ買えてません。
スラックライン用品が増えすぎて・・・。

カメラとかドローンも欲しいし。ドローン貯金は全然貯まらず諦めムード。
一番欲しいのは時間なんですけど。

そのうち欲しいのはハングオーバーとピンクチューブ。
どうせ買うならハングオーバー買わないとと思っちゃうけど、、、でもひとつじゃなぁと、、、5個欲しい!

ハングオーバープーリーシステムについては後日記事を公開したいと思います。

お買い物は↓

スラックラインのことなら
スラックラインリサーチ公式サイト。スラックラインに対する圧倒的な知識と経験を誇るスラックラインリサーチ(Slackline Research)。スラックラインのことならお任せ下さい。
スラックラインリサーチ
スラックライン動画を中心にUPしてます、登録よろしくです☆ Instagram / Gibbon_Gappai Twitter / Gibbon_Gappai Twitter / HEYWILD_slack

Facebookページもぜひいいねしてフォロー

コメント